SEO(上位表示対策)

SEOの落とし穴!カニバリゼーションの原因と対処法

SEOの落とし穴!カニバリゼーションの原因と対処法

カニバリゼーションとは、一つのサイト内にある複数のページが、同じ言葉をキーワードとして設定した際に、どのページを検索上位表示させるべきかGoogleの検索エンジンが判断できなくなってしまい、どのページも検索上位表示されなくなってしまう現象のことです。

共食いを意味する(=カニバリゼーション)という言葉に由来しており、大量のページ数を持つ大規模サイトやECサイトで多く発生しています。カニバリゼーションを起こしてしまうと本来であれば検索上位表示されるべきページが、上位表示されません。

カニバリゼーションの原因を知り、対処法を実践して、上検索表示を獲得しましょう。

SEOカニバリゼーション3つの原因

カニバリゼーションの原因

同一サイト内に特定の同じキーワードでページが複数あることで、SEOにおけるそのキーワードの優位性を打ち消しあってしまうカニバリゼーション

具体的には、3つの原因があります。

ページタイトルが類似している

同じキーワードやテーマで記事ページ等を作成する際の、titleタグ内に入力している言葉が同じようなものを使用しているケース。

キーワードはもちろんですが、その趣旨が同じような意味合いを指し示しているとGoogleの検索エンジンに、その違いがイマイチ伝わらず、カニバリゼーションを起こしてしまいます。

アンカーテキストとaltタグに同じキーワード

ページ内リンクのテキストに入力している文章や、画像に利用するaltタグと呼ばれる画像の説明を入力するタグ内に、同一のキーワードを利用していると、Googleの検索エンジンに同じようなコンテンツであると判断される可能性があります。

一つや二つであれば滅多に起こることはありませんが、大量のリンクや画像のaltタグに同一キーワードを利用するとキーワードの共食いが起きてしまうことがあります。

言い換えただけの同じコンテンツ

記事コンテンツの内容がほぼ同じで、言い方をアレンジしただけのような類似したコンテンツが同じサイト内にあるとカニバリゼーションを起こします。

例えば、健康系ブログサイトで「肩こり改善ストレッチ」のやり方を記事にして公開し、それとは別に「ストレッチで肩こりが改善する」といった内容の記事を書いて公開したとしても、その内容はどうしても酷似してしまいます。

この酷似したコンテンツの違いがGoogleの検索エンジンには分からないため、SEOにおけるキーワードのカニバリゼーションを起こしてしまいます。

カニバリゼーションのSEOにおける問題点

カニバリゼーションの問題点

SEOにおけるカニバリゼーションの問題として挙げられる最も大きな点は、リンクビルディングの分散です。リンクビルディングとは、他のサイトから被リンクを獲得することです。

他サイトからの被リンクの獲得はSEO対策において、検索上位表示を獲得する大きなポイントですが、カニバリゼーションを起こしてしまうと、この被リンクの獲得が分散してしまいます。一つのページで獲得できる被リンクを2ページ、3ページと分けて獲得することになるので、リンクビルディングにおける優位性が弱まってしまいます。

被リンクにおけるSEO対策について詳しくは、こちらにまとめてあります。

初心者がわかるように外部SEO対策について解説!被リンクとは?
被リンクって何?初心者がわかるように外部SEO対策について解説!「外部SEOって何だろう?」「被リンクが良いって聞くけど良く分からない…」そんな疑問を抱えたあなたへ、初心者でもわかるように外部SEOについての仕組みや対策を紹介します。...

つまり、各ページのページランクを下げてしまうので、検索上位表示されにくくなってしまい、SEO対策として致命的なマイナスポイントとなってしまいます。

カニバリゼーションが起きてしまった時の対処法

カニバリゼーションの対処法

カニバリゼーションを起こしてしまった時の対処法は、全部で3つ。そのすべてを行う必要はないので、該当するものから順番に実践して対処していきましょう。

タイトルを変える

例えば、「神奈川 SEO」というキーワードでカニバリゼーションを起こしているのであれば、上位表示させたいページのタイトルは変えずに、その他の類似したページのタイトルを他のキーワードを含んだものに変えましょう。

キーワードはできるだけ左詰めが良いとされていますから、上位表示させたいページのタイトルのキーワードの位置を調整してみることで、さらに上位表示される可能性は高くなります。

タイトルの付け方について詳しくは、こちらにまとめてあります。

絶対に読まれる記事タイトルの付け方!5つのポイントを解説します
絶対に読まれる記事タイトルの付け方!5つのポイントを解説します長年ブログを運営していても記事タイトルをしっかりと付けれていない人が多くいます。そこで今回は、絶対に読まれる記事タイトルの付け方と5つのポイントについて解説します。...

内部リンクの数と中身を調整する

類似したコンテンツ内に、上位表示させたいページへのリンクを張り付けることで、ページの内部リンクが増えるので、Googleからの評価が上がります。

Googleの検索エンジンに対して、評価してほしいコンテンツを示すことになるので、カニバリゼーションの対策に有効です。

記事を一つにまとめる

同じキーワードで複数の記事を書いてしまっていることでカニバリゼーションは起きますから、複数に分けて書いてしまった情報を一つの記事にまとめて統合すれば、キーワードがカニバリゼーションすることはなくなります。

まとめて一つの記事にした後に、今まで書いた記事を消してしまうのはもったいないので、301リダイレクトの処理を行うのを忘れないようにしましょう。

まとめ

同じキーワードで複数の記事コンテンツ等を作ってしまうことで起きるカニバリゼーションは、SEO対策の大きな落とし穴です。

せっかく書いた記事が喧嘩してしまい、それぞれのSEO評価を落としてしまいます。サイトを見なおし、同じキーワードや類似したコンテンツがある場合は、早めに対処しておきましょう。

【SEO最新情報】同じサイトから2つまで!検索結果の仕様変更
【SEO最新情報】同じサイトから2つまで!検索結果の仕様変更同じサイトの検索上位表示結果を2つまでに限定するGoogleの検索アルゴリズムのアップデートが実施されました。中小規模サイトにはチャンス到来のアップデートを利用してビックキーワードでの上位表示獲得を目指そう。...
ABOUT ME
シン(webmarks編集長・Webディレクター)
シン(webmarks編集長・Webディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST