SEOは1ページ1キーワードが必須?キーワードの選定方法、3つの注意点

育成プログラム

SEO対策のコンテンツを作成していると、1ページ1キーワードが良いと聞いたことがあるが、本当は1ページにキーワードはいくつ入れたら良いのだろうかと気になったことはありませんか。

この記事を最後まで読んでいただければ、1ページに最適なキーワード数や競合サイトへ勝つためのキーワード数が分かるようになります。

なぜならこの記事では、実際にWebマーケッターである私が実践している方法を説明するからです。

この記事を読み終わると、SEOに最適なキーワード数は1ページ1キーワードなのかが分かります。

SEO対策1ページ、1キーワードが最適?

結論からお伝えすると、SEO対策には1ページ、1キーワードです。
しかし、1キーワードとは1単語のことではなく、複合キーワードのことです。

キーワードで検索するユーザーの検索ニーズが満たされるコンテンツ作成が上位表示には重要です。
複合キーワードで絞り込んだユーザーの検索意図を盛り込んだコンテンツ作成を行いましょう。

単一ワード、複合キーワードとは

SEO対策を考えて、キーワード選定をしていると一度は耳にしたことがある単一キーワードと複合キーワード

今回のテーマでもある1ページ1キーワードに大きく関係しているため改めて、単一キーワードと複合キーワードを説明します。
単一キーワードとは、不動産、カフェなどの1語のみの単語です。

複合キーワードとは、メインとなるキーワードにサブキーワードを含めた2つ以上のキーワードを指します。ユーザーが何かを検索する場合は目的に応じて、キーワード2語以上で検索をかける際に使用します。
例:「不動産 賃貸 名古屋」「カフェ おすすめ 銀座」

ここでよく間違われてしまうことが、「単一キーワード = 1キーワード」と考えられることです。

あくまで、単一ワードは1語のことで、複合キーワードは「メインキーワード + サブキーワード」二つのキーワードを足したキーワードも1キーワードとカウントします。

1ページの最適キーワード数は?

1ページに最適なキーワード数は1キーワードです。

しかし、1キーワードとは単一キーワードだけのことではなく、複合キーワードも指します。

1ページ1キーワードにする理由は、作成するコンテンツにキーワードで検索するユーザーのニーズに適切な内容を網羅するためです。

1ページ1キーワードにして作成したコンテンツの最終目標は上位表示させることです。
しかし、検索ニーズに対応したコンテンツではない場合、検索ユーザーの離脱率が高くなり適切なコンテンツではないとGoogleが判断をして、上位表示されなくなります。

下記のような具体例では、検索ユーザーの検索するニーズと異なることが判断できます。
「不動産 賃貸」
「不動産 投資」

具体例のように「不動産 賃貸」で検索している検索ニーズと「不動産 投資」で検索している検索ニーズのどちらも満足させるコンテンツは別々に作成する必要があります。

キーワードに関係していると思って独断でコンテンツを網羅してしまうと、検索ユーザーに対して適切なコンテンツではない内容になってしまう可能性があります。

キーワードに関するよくある質問

キーワードが異なっても同一コンテンツと見なされることがありますか?
「税理士 独立」&「税理士 開業」や「白くまと熊 違い」&「白くまと熊 異なる点」といったキーワードは異なりますが、コンテンツ内容が同じだった場合Googleは同一コンテント見なして、検索圏外に飛ばすことがあります。

キーワードを変えた場合でも、コンテンツ内容を同じ文章を使用するのではなく、異なった言い回しをして、作成しましょう。

SEO対策1キーワード選定3ステップ

SEO対策のためのキーワード選定の手順を3つに分けて紹介します。

コンテンツを作成する上で最も重要と言っても過言ではないことの一つにキーワード選定があります。
良質なコンテンツを作成できても、キーワードを間違えてしまうと、全くアクセスのないゴミコンテンツになってしまいます。

適切なキーワード選定を行い、競合他社よりも上位検索されるコンテンツ作成を行いましょう。

SEO対策を行うキーワードをリストアップ

まずは、ターゲットとなるキーワードをGoogleで検索をします。
具体例として「カフェ 表参道 おすすめ」をターゲットキーワードとします。

検索後、検索欄にカーソルを合わせると表示されるオートコンプリート機能のキーワードと検索順の下部に表示されている関連する検索キーワードをリストアップします。

また、ツールを使って対策キーワードをリストアップすることも可能です。
ツールについてはのちほどご紹介します。

キーワードの候補をツールを使用して抽出

リストアップしたキーワードの検索ボリュームを「キーワード プランナー」で調べます。

検索ボリュームとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索される回数のことです。
キーワードプランナーのボリューム検索に関連するキーワードを入れます。

下記画像のように検索ボリュームが表示されたら、データをCSVで出力します。

検索ボリューム・競合他社をチェックする

抽出したキーワードを検索ボリュームごとに並び替えます

検索ボリュームごとにキーワードを検索をして、競合他社のコンテンツを調べてください。

競合他社の文字数や、挿入している画像のクオリティー(オリジナルの画像なのか等)、引用や参考元があるかなど、様々な要素よりチェックします。

チェックした競合他社のコンテンツを上回れる記事を作成できる検索ボリュームの多いキーワードをリストアップします。

SEO対策1キーワード選びの3つの注意点

SEO対策のための適切なキーワード選定を行う手順を把握したら、キーワード選定の注意点も抑えましょう。

SEOは日々変化しています。キーワード選定をした際に調べた検索ボリュームや、コンテンツ作成後の検索順位は定期的にチェックを行い最新の状態を把握することが大切です。

また、キーワードから想像できる検索ユーザーの検索意図を考えながらコンテンツの作成をしましょう。

検索順位は定期的にチェックする

キーワードを選定して、コンテンツを作成して、完了ではありません。
検索順位は日々連動を動いており、キーワードによって上位に表示されるまでに時間がかかることもあります。

検索ボリュームが小さいキーワードの場合は、すぐに順位に変動がありますが、検索ボリュームが大きいキーワードは1ヶ月単位でチェックしていきましょう。

日々順位をチェックすることで、改善するコンテンツが把握でき、着実に競合他社よりも上位にいくサイトが運営できます。

カテゴリ分けしたキーワードの検索ボリュームは定期的にチェックする

検索順位同様に検索ボリュームも日々変化しています。

関連キーワードでカテゴリ分けを行ったキーワードの検索ボリュームの定期的にチェックを行うことで、以前はSEO対策から除外していたキーワードもSEO対策の必要なキーワードに変わっていることがあります。

また、SEO対策が必須だと考えていたキーワードが不要になるケースもございます。

検索ボリュームを定期的にチェックをして、時代にあったコンテンツを作成を行いましょう。

ユーザーの検索意図にあったSEOキーワードを選択する

SEOキーワードをコンテンツに入れたため、SEO対策は問題ないと考えている方がおりますが、検索上位に表示されるためにはユーザー検索意図を把握することが必須です。

ユーザーが検索する目的は検索クエリという4つに分けることができます。
詳しくは下記記事を参考に検索ユーザーの意図を考えてみましょう。

SEO対策キーワード選定にオススメのツール

SEO対策のキーワードでオススメのツールを紹介します。

実際にキーワード選定を行う際に筆者も使用しているツールです。
SEOのツールは調べれば多くのツールが出てきますが、全て使いこなすのは至難の技です。

まずは、今回紹介するツールを活用してキーワード選定を行い使いこなした際に徐々に増やしていくことが大切です。

関連したキーワードを探すために使用するツール

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供しているツールで、アカウントの取得だけで、利用できます。

Googleキーワードプランナーでは、関連キーワード、キーワードの「月間検索数(検索ボリューム)」や「競合の数」を調べることが可能です。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、日本のサジェストキーワード取得ツールです。
「Google」・「Yahoo!知恵袋」・「教えて!goo」の質問もまとめて取得してくれます。

キーワードの検索数を確認するツール

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、関連キーワードの取得以外にも活躍します。
無料版でもキーワードの検索数(検索ボリューム)が「10〜100」「100〜1,000」のような範囲で表示することが可能です。

競合他社のサイトを調べるツール

ahrefs(エイチレフス)

ahrefs(エイチレフス)はSEO・SEMに特化したツールです。競合他社の被リンク状況や流入キーワード、検索連動型広告の出稿状況など、検索エンジンに関係する情報を調べられます。

有料のツールですが、現在7ドルで1週間利用できるトライアルコースが用意されており、ツールに予算を出せる場合はお試しで使用して見てください。

まとめ

SEOに最適なキーワード数は1ページ1キーワードです。
しかし、1キーワードだからと1単語を選択するのではなく、複数のキーワードを組み合わせた複合キーワードで1ページのキーワードを構成しましょう。

キーワード選びは関連するキーワードを抽出した後に、競合他社のコンテンツを見て、競合他社よりも詳しくコンテンツが作成できるかが重要です。

・Googleキーワードプランナー
・ラッコキーワード
・ahrefs(エイチレフス)

ツールを活用して、キーワード選びと競合他社を調査しましょう。

この記事を書いた人
Yuma Ichino
Yuma Ichino
福祉、IT会社を経て、同時並行していたEC物販より独立。IT会社では常駐先にてシステム導入から、情報システム部の人材として、幅広く他部署とのやりとりを担当。EC物販では、IT会社で培ったITの知識と営業より、新規顧客の獲得に従事。WEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第1期生。
このライターの記事を見る
TOP