ビジネスマインド

マーケティングの基礎を徹底解説!初心者が理解しておくべき重要性

マーケティングをイラスト化したノート

初心者にとって専門用語が多く、掴みどころがない難しさを感じてしまいがちなのがマーケティングという言葉です。

もちろん、どのように理解していくかは人それぞれですが、まずはその重要性を基礎として理解することから始めることをおすすめします。

この記事では基礎となるマーケティングの重要性と、3つのプロセスを初心者でも理解できるように解説していきます。

マーケティングの基礎と重要性とは

スマホやパソコン、ドキュメントなどのイラスト
なんとも掴みどころのないイメージがあるマーケティングですが、その目的は最も利益の上がる仕組みを作り出すことです。

仮にあなたがAという飲み物を販売しようと考えれば、いくらで売るのか?どうやって売るのか?なにを価値にするのか?といった決めるべき項目がいくつか現れてきます。

そして、いくらで売るのか?どうやって売るのか?なにを価値にするのか?といったテーマを1つずつ解決していき、最も利益の上がる仕組みを作り出すことがマーケティングの基礎です。

ただし、Aという飲み物の販売価格を100円にしよう、と簡単に決められないのがマーケティングの難しさです。

市場では100円くらいが相場、でもAの良さを訴求できるプロモーションを工夫すれば120円くらいでも良いかもしれないといったように、少しずつ最も利益の上がる仕組みを作り上げていくことが、第一に理解しておくべきマーケティングの基礎です。

Web集客の基本はこちらをチェック
WEB集客の方法とは!?初心者でも使える集客法3選

マーケティングの基礎となる3つのプロセス

プロセスを図解した箱と矢印
ここからはマーケティングの大枠を理解するために、基礎となる3つのプロセスを解説していきます。

さきほど触れたように、いくらで売るのか?どうやって売るのか?なにを価値にするのか?といったテーマを1つずつ解決していくことが、マーケティングで実施すべき1つ1つの作業です。

そして、市場調査(マーケティングリサーチ)、プロモーション、効果検証を繰り返し行なうことで、少しずつ自動的に売上をつくれる仕組みを構成していくことがマーケティングの本来の目的です。

1、市場調査(マーケティングリサーチ)

マーケティングのプロセスで、1つ目に行なうべきと考えられているのが市場調査(マーケティングリサーチ)です。市場調査にはユーザーが求めていることを理解する、競合他社にはない自社の強みを把握する、という2つの目的があります。

清涼飲料水を販売しようと考えた場合は、市場調査をすることで、ユーザーが購入しても良いと考えられる価格を決める根拠を見出すことができます。

どんなに清涼飲料水に価値があったとしても、ユーザーがイメージする価格より高すぎてしまえば、販売実績になりにくいという算段が成り立つわけです。

また、競合他社にはない強みを把握することは、継続的な成果をあげるための重要な要素です。マーケティングの目的は一時的な成果をあげることではなく、少しずつ自動的に売上をつくれる仕組みを構成していくことです。その継続性を担保するのが、競合他社にはない強みなのです。

2、広告宣伝活動

手がける製品の特性やかけられる予算に応じて変化するのが広告宣伝活動です。

最近では少しずつ効果が薄くなっていると言われていますが、最も有効な手段と考えられているのが、マス・マーケティングの代表例であるTVCMです。

TVCMには安価な価格で販売できる製品が向いている、TVCMに必要な数億円といった予算をかけられるといった特性があり、手がける製品の特性やかけられる予算に応じて採用するしないかの意思決定が行なわれます。

そして、製品の特性や予算に関わらず、多くの企業が採用し始めているのがWebマーケティングです。

Webマーケティングは、多くのユーザーがスマホやパソコンから、好きな時間にアクセスできるため不特定多数にアプローチできるというTVCMと同じ効果を見込めます。さらに、TVCMほどの予算が必要ないため、利用者が年々増加しています。

3、効果検証

マーケティングの基礎であるプロセスにおいて、最後に位置するのが効果検証です。効果検証とは市場調査をし、広告宣伝活動をしたあとに本当に効果的な施策だったかを見極めるための答え合わせのようなものです。

効果検証をすることで広告宣伝にコストを使いすぎた、などの無駄を見つけることができます。

そして、マーケティングの形は日々変わり、効果のあった取り組みを変えずに、そのまま使い続けることはできません。その時々に応じたマーケティングを考えるためにも、効果検証が非常に重要な取り組みとされています。

まとめ

スマホや電話からパソコンに一元化されるデータが
マーケティングを理解するうえでは専門用語などを知ることも重要ですが、まずは基礎となるマーケティングの目的を理解することから始めていきましょう。

マーケティングには継続的な実績を作るシステムを仕組化するという大きな目的があり、1つの努力で獲得した実績を一過性のものにしないことが大きなテーマです。

そして、市場調査(マーケティングリサーチ)、プロモーション、効果検証の3つのプロセスをこなしていくことで、少しずつ継続的な実績を作るシステムが仕組化されていきます。日々変わり続ける市場と向き合い続けることが、マーケティングの基礎となります。

ビジネス宣伝の基本を知りたい方はこちらをチェック
Googleマイビジネスって何?無料で使えるビジネス宣伝ツール

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST