SEO最新情報

【SEO最新情報】最低100記事必要は嘘!59記事を目指せ

【SEO最新情報】最低100記事必要は嘘!59記事を目指せ

サイトを立ち上げる際、ウェブ制作やSEO担当者は、100記事を目標にして書くように必ずと言っていいほど指示を出してきます。実は、もはや時代遅れの昔の知識で、何の根拠もありません。

実際に必要な記事数はジャンルによって異なり、ブログ系だと最低166本の記事、how toなどの情報を提供するタイプのものだと、最低59記事必要です。

昔から何となく言われてきた最低100記事のリリースにこだわっていても、SEOで結果を出すことはできません。

最低100記事必要はただの根性論

SEOと最低100記事の関係

世の中に多くのブロガーや企業が運営するオウンドメディアが誕生し、テキストや画像、最近ではYouTubeと連動して動画を使って記事をウェブ上で公開する機会がたくさん増えました。

それに伴って、いつの頃からSEO業界でいわれ始めた「まずは100記事書きましょう、話はそれからです。」という風潮。エンジニアやwebデザイナーでもない、一般素人がウェブの世界で何かを始めようとしても何の知識もありませんから、とりあえず言われたとおりに、記事の更新をしていくしかありません。

ブロガーやSEO業者といった、素人から見ればウェブに精通している人が「まずは100記事」というからには、何か理由があって、専門知識が乏しいウェブ担当者は何となく従うしかありません

結果として、100記事更新してみて検索順位が上がりアクセス数が伸びることもあれば、全然、アクセスが増えないケースもあります。

結論から言えば、100記事更新すればSEOに優位に働くという根拠はどこにもありません。ただ、数字のキリがいいから言っているだけです。

もう少し具体的に言うと、キーワード選定できるようになる、アナリティクスを使って解析するデータが取れる、画像の最適化の必要性に気が付く、ライティング力がつく、タイトルや見出しの作り方が上手になる、などの細かいテクニックが100記事も書けば少しは分かってくるということです。

確かに、SEO対策を理解しながら施策を施し、記事コンテンツを作成し続けることは、かなりの労力と時間と勉強が必要です。

しかし、本来であれば、記事を書く段階から一つ一つSEOに精通した人間が、手取り足取り記事の作り方を教えながら作業すればいいだけのこと。

「まずは、100記事書きましょう。」は、SEOの知識を伝えることを怠った結果、生まれた言葉です。きちんと知識を持って記事を作成していく方が、やみくもに根性で100記事書く何倍もアクセス数やCVを達成することができます。

記事数よりも品質が大切なことについて、詳しくはこちらにまとめています。

【Google公表】記事を分割するより、大きい記事を作ることが大切!記事を作成する際に、小さい記事を多く入れるのが良いのか、大きい記事を入れた方が良いのか迷ったことはありませんか?結論から述べると、グーグルで推奨されているのは記事を分けるより大きい記事を入れることです。...

ジャンルによって変わる最低記事数

ジャンルと最低記事数の関係

実際に必要となる最低記事数は、膨大な検証データから既に判明しています。

記事を公開していくタイプのサイトを大きく2つに分けると、ブログなど、筆者のストーリーや考え方、意見などをコンテンツとして展開するタイプと、何らかの知識や正しいノウハウ、業界特有の情報を提供する、知識提供型のタイプがあります。

ストーリー型は166記事必要

ストーリー型のサイトの場合、最低記事数166本が必要です。166記事を越えると、各記事の検索順位が安定してきて、良質で競合の少ないキーワードの記事に関しては検索上位表示を獲得できる可能性が出てきます。

とりあえず100記事よりも、66記事も多いという厳しい現実のデータです。

個人の旅行体験記のブログや、特にジャンルを特定していない雑記ブログ等がストーリー型の典型的なサイト例です。

知識提供型は59記事必要

知識提供型のサイトの場合、最低記事数59本が必要です。ストーリー型に比べて半分以下の記事数である理由はハッキリとはしていません。

おそらく、Googleが評価対象とする専門性が強く反映される点、内容が濃くなるので文字数が増え、滞在時間が長くなる傾向にある点などが優位に働いている可能性があります。

こちらもストーリー型と同様、最低記事数をリリースすることで、検索順位が安定し上位表示を獲得できる可能性が高くなります。

YouTube動画編集のやり方、イラストレーターの使い方、アフィリエイトサイトの作り方など、具体的なやり方や方法、how toを教えているようなサイトが、知識提供型のサイトです。

大切なのはコンテンツの質

コンテンツの品質

どちらのタイプのサイトであっても最低記事数をリリースすれば、SEO対策として十分ということではありません。あくまでも、全体の平均値であって、すべてのサイトが該当するわけではありません。

166記事書いても全然、検索順位が上がらないサイトもあれば、たったの10記事でも、どんどん検索順位を上げてくるサイトだってあります。

SEOにおける鉄則は、ユーザーにとって良質なコンテンツを継続して提供することです。その上で、最低記事数をあくまでも目安にして下さい。

SEO対策について、詳しくはこちらにまとめています。

SEO対策って一体何なの?初心者でもわかるように解説します!
SEO対策って一体何なの?初心者でもわかるように解説します!SEO対策というと難しく聞こえますが、考え方はシンプルです。読者にとって役に立つ記事を作り、グーグルなどの検索エンジンで上位表示を目指す対策のことです。今回はSEO対策について初心者でもわかるように解説していきます。...

まとめ

まずは100記事書かないとサイト運営はスタートしないという根拠のない目標は必要ありません。魅力あるコンテンツをユーザーファーストの視点で制作し続けていけば、おのずとSEO効果は現れ始めます。

最低記事数はあくまでも、全体の平均値です。担当しているサイトが必ずしも最低記事数に到達していなくても焦る必要はありません。

数よりも中身のある記事を作り、ターゲットとなるユーザーに満足してもらえるようなサイト運営をしていきましょう。

seo対策に効果的な文章の書き方とは?具体的な対応策もご紹介
SEO対策に効果的な文章の書き方とは?6つのポイントをご紹介SEO対策を意識し、効果的な文章を書いていくためにはどうすればいいのか?そのコツを6つの視点から詳しくお伝えします。具体的な問題点とその対応策についてもご説明しています。...
ABOUT ME
シン(webmarks編集長・Webディレクター)
シン(webmarks編集長・Webディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST