【コピペOK】Webマーケティング未経験志望動機の書き方

webマーケター

Webの活用シーンが増えた昨今、WebマーケティングなどのITを活用しようと考えている企業が多い印象です。

そのため、未経験からWebマーケティング職に就職・転職を考えている人も少なくないと思います。

しかし、未経験からWebマーケティングへ就職・転職のハードルが高いと感じて諦めていませんか?

そういった人のために就職・転職のためにしておいた方が良いことと共に、志望動機の書き方を紹介します。

Webマーケティング職は未経験でも可能!

Webマーケティング職に就くことは、未経験からでも可能です。求人票の内容をみてると未経験でも募集している企業はたくさんあります。

しかし、未経験でも応募可能なだけであって未経験の人を採用してくれるかはわかりません。

例えば、面接にWebマーケティング経験が全くない人とWebマーケティング経験が少しあり知識もあると言う人ががきた場合、後者の方が有利になります。

そのため個人でできるWebマーケティングに挑戦して経験を積むことをお勧めします。

自己PRになる

就職活動ではこれまでの経歴や志望動機、自己PRを伝える必要があります。

未経験であれば伝える経験が乏しいです。

応募先企業は、履歴書や、面接の内容から応募者を評価します。
未経験であれば他の応募者と比べて劣ります。

そこで、個人で活動した経験があれば十分に自己PRとして活用できます。

無料で始めることができる

Webマーケティングの活動は無料で始めることができます。

ブログを開設して記事を執筆してサイトのアクセス数を増やしてそこから収益を発生させてみたり、SNSを開設してフォロワー数を増やしてみたりするなどです。

その活動を行っているとき、どのような課題があってどのように改善したなどのエピソードを話せると良いです。

優位性が生まれる

自主的にWebマーケティング活動を行っていた姿勢が評価されます。

「全くWebマーケティング知らないけど憧れてこの職種に応募してみました」という人より、現在進行形で活動している人の方が評価が高いです。

面接でも自分が活動したことや成果がプラスになります。

Webマーケティング職の仕事内容

Webマーケティング職の仕事内容はウェブサイトやスマホアプリ、SNS、メールなどを活用したマーケティングに携わる職業です。売上拡大や、ブランドの認知などのために企画立案や、施策実行を行います。

オンラインマーケティング手法は年々増加しており、業界によっても業務内容が異なってきます。Webマーケティングに関する業務はコンテンツ制作、広告出稿、SEO、アクセス解析など多岐にわたります。

データを解析してWebサイトや広告の状態を把握します。集客がうまくいっていないのであれば、うまくいっていない原因をデータを解析し、改善案を立てていきます。

改善がうまくいかなければ再度データを解析して、改善案を立て施策していくサイクルを繰り返していき問題を解決していきます。

Webマーケティング職は現状に満足せず、常に改善が求められる職種です。

Webマーケターに求められる適性

Webマーケターに求められる適性を紹介していきます。

Webマーケターにはさまざまな能力が必要となります。

主にこの4つの能力が必要です。

  • データ分析能力
  • 情報収集能力
  • 仮説検証能力
  • コミュニケーション能力

自分にこの能力が欠けているからといって諦める必要はありません。

これから欠けている能力を補うために行動していけば、Webマーケターになることは十分に可能です。

データ分析能力

WebマーケターはWebサイトやSNSのアクセス解析をすることが欠かせません。

Googleアナリティクスのようなアクセス解析ツールを使用して、アクセスの解析、分析を行って問題点や新たな施策を提案する能力が必要です。

情報収集能力

Webマーケターは情報に敏感である必要があります。

インターネットのトレンドは日々変わっていくため、今までの常識が時代遅れだったということが頻繁に起こり得ます。常に最新のトレンドを押さえておくことが重要です。

提案した施策が時代遅れのもので成果が出ないでは意味がないので、常に新しい情報を入れることが必要です。

仮説検証能力

データから導き出された結果から、次にとる施策を考えるのもWebマーケターの仕事です。

施策を実行したらどのような結果になるか仮説検証する能力が必要です。

例えば「ページへの流入数は多いが、直帰率が高く、ページ滞在率が低いのは、ユーザーが求めている情報じゃないからかもしれない」とデータを見て仮説を立て検証していきます。

論理立てた仮説を立てる力はWebマーケターには必須となります。

コミュニケーション能力

Webマーケティング職と聞くと、黙々と一人でPCとにらめっこするだけの仕事のように感じられますが、実際にそうではありません。

伝わりやすい資料作りも必要なので、相手の気持ちを慮ることが必要です

クライアントへ報告、提案をするので社内外の多くのコミュニケーションスキルが求められます。

 Webマーケティング職の志望動機の考え方

Webマーケティング職の志望動機の考え方について紹介していきます。

何人もの志望動機に目を通す面接担当者の目を惹くためには、論理的に考える必要があります。

面接官が興味を惹くであろうことを考えて自分なりに考えて魅力を伝えましょう。

志望動機を書く際は下記の3つのポイントを内容に入れて作成しましょう

  • Webマーケティングへの興味関心を伝える
  • 過去の経験を織り交ぜる
  • 自分のスキルを伝える

Webマーケティングへの興味関心を伝える

なぜ興味を持ったのかは聞かれることが多い質問です。

「業界が伸びているという記事を読んだので興味を持ちました」では、別の業界が伸びたらそっちへいくのではないかと面接官に思われてしまい、理由としては弱いです。

「業界に興味を持ったのでセミナーに通い出しました」や、「ブログを開設してみました」などの行動とセットで自分の興味関心を伝えるようにしましょう。

過去の経験を織り交ぜる

Webマーケターとして働く上でどのように過去の経験を活かせる関連性をもたせるのは重要なポイントです。

データを分析して仮説立て行動をして結果このような結果になったなどの経験があれば有利に働きます。

自分の過去にマーケティング職に繋がるものがある場合は、過去のエピソードを交えて書くようにしましょう。

自分のスキルを伝える

仕事での成果や、個人で取り組んだ実績等を記載しましょう。

ブログを開設した人であれば、「ユーザー数を増やすことができました」や、「Googleアナリティクスで分析を行ってサイトを改善していきました」などが挙げられます。

実際に自分が書いた記事から収益が発生したり、記事を上位表示させたりした経験は企業側からも評価されます。

Webマーケティング未経験者のための志望動機例文

Webマーケティング職へ応募する際に使える志望動機の例文を紹介します。

Webマーケティング職を志望する動機や志望する理由、自分の提供できる価値を織り交ぜて志望動機を作成していきましょう。

自分の個性や魅力を伝えるために自分の経験などに内容を書き換えて、自分オリジナルの志望動機の方が面接官の心を動かせるはずです。

Webマーケティングを志望する動機

Webマーケティング職に興味があり自分でマーケティングの勉強を始めたり、マーケティングの資格の勉強を始めている。

Webマーケティングを志望する理由

自分でメディアを立ち上げており、日々サイトの改善のためGoogleアナリティクスなどを勉強してサイトの改善をしています。

自分が会社に提供できる価値を伝える

日々自分のサイト改善するために常に知識をインプットしており、学んだ知識を活かしサイトを改善しています。

上記の文書をまとめた例文が以下です。

業界に入るきっかけとして自分のサイトを開設しました。どうすればアクセス数が増えるのか試行錯誤する中でGoogleアナリティクスでアクセス解析をして自分サイトの改善点を洗い出して修正して行ったり、SEOの勉強を始めサイトの改善をしていきました。
その結果、サイトは月間一万PVに到達することができました。
この経験から地道にコツコツと継続することを学びました。これから更に知識を増やしたいと考えております。そのため、貴社の業務を通じて、さまざまな案件から学び、事業に貢献したいと考えております。

まとめ:実績を作りつつ志望動機を考えよう

Webマーケティング業界に応募する際は自分のスキルや過去の経験、興味関心を交えて志望動機を考えましょう。未経験ながら自分で行動していることは評価の対象の対象になります。

Webマーケティングの志望動機を考える際には下記のことを考えましょう

  • Webマーケティングへの興味関心
  • 過去の経験を織り交ぜる
  • 自分のスキルを伝える

まだ行動ができていない人はブログを開設してみたり、SNSを開設して行動することおすすめします。

今回紹介したポイントを押さえて、自分なりの志望動機を作成して内定を勝ち取りましょう。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!
https://webmarks.jp/web-marketing-school/

この記事を書いた人
Yoshihiko Fuji
Yoshihiko Fuji
学生時代にディベート大会、海外留学、起業体験、プログラミング、ブログなどに挑戦。 物が売れる仕組みや、人の行動心理学に興味をもち、現在はWEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第1期生としてWebマーケターを目指し活動中。
このライターの記事を見る
TOP