ビジネスマインド

マーケティングにおけるプロモーションとは?実例でわかりやすく解説

パソコンに表示されるECサイト

マーケティングにおいて、売上に直結するのがプロモーションという考え方です。プロモーションを正しく理解しているかどうかで、マーケティングの結果が変わるとも言われています。

では、なんとなく近いイメージのある販売促進や広告宣伝には、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は販売促進や広告宣伝といった言葉の違いや、マーケティングにおけるプロモーションの意味を解説していきます。マーケティングにおけるプロモーションの意味を正しく理解することで、マーケティングの全体像をつかむことができるでしょう。

そもそもマーケティングにおけるプロモーションの意味とは?

プロジェクトマネジメントを図解したイラスト
販売促進や広告宣伝といった言葉に置き換えられることの多いプロモーションという言葉ですが、製品やサービスの認知拡大と購買の動機づけとして利用されることがほとんどです。

もちろん、意味が変化することもありますが、マーケティング初心者であれば、どのように知名度を上げ、どのように価値を理解してもらうかがテーマになると理解できていれば問題ありません。

ちなみにプロモーションは、マーケティングの第一人者として知られるフィリップ・コトラーが提唱した、4つのPの中に登場する非常に重要な言葉です。

Product(製品)、Price(価格)、Promotion(認知拡大と購買の動機づけ)、Place(チャネル)という4つのPがあり、独立したものではなく、それぞれに深く関係していることを理解しておきましょう。

マーケティングおける3つのプロモーション

机の上に広げられた本とノート
プロモーションには広義のプロモーション狭義のプロモーションの2つがあります。そして、これまで解説してきた4つのPの1つの要素として捉えられているのが、広義のプロモーションです。

また、狭義のプロモーションは、ユーザーへのアプローチの仕方によって3つに分類されます。ここからはAdvertising(広告)、Sales Promotion(販売促進)、Public Relations(パブリックリレーションズ)という3つのプロモーションについて、実例を交えて解説していきます。

1、Advertising(広告)

まずマーケティングにさほど詳しくなくても、ほとんどの方が知っているプロモーションが広告の意味をもつAdvertisingです。広告と和訳されることからも分かるように、Advertisingはとにかく認知度を上げることを目的としています。

最近ではTVCMの効果が薄くなってきたともされてますが、一昔前は最も認知度を上げられる有効な手段であったため、多くの大手企業が年間数億円の予算を掛けた施策として実施していました。

セルフビジネスを展開している方にとっては、YouTubeなどがTVCMに代わるAdvertisingの場とも言われています。

2、Sales Promotion(販売促進)

2つ目のプロモーションとされているのが、販売促進の意味を持つSales Promotion(販売促進です。

Sales Promotionはマーケティングにおいて、最も売上に繋がる取り組みとされており、Advertisingで知名度を上げたあとにお得なキャンペーンなどを利用して、Sales Promotionの取り組みが実施されています。

また、具体的な手段には、サンプリングや実演販売、景品提供などがあり、ユーザーが製品やサービスに触れ、その価値を実感できる場を作り出すことがSales Promotionの目的となります。

3、Public Relations(パブリックリレーションズ)

マーケティング初心者の方々に、プロモーションと混同されがちなのがPublic Relations(パブリックリレーションズ)です。

Public Relationsの頭文字を取り、PRという言葉に置き換えられることが多く、プロモーションとの違いを正確に理解している方はそう多くありません。しかし、Public Relationsには、市場と良好な関係を築くという明確な目的があります。

企業のホームページなどを見てみると、PRの一環として慈善事業の情報を記載していることも少なくありません。一見すると数字を上げるために必要と考えられがちなプロモーションという言葉ですが、市場との関係性にも目が向けられています。

具体的なWeb集客法を知りたい方はこちらをチェック
WEB集客の方法とは!?初心者でも使える集客法3選

まとめ

パソコンに送られてくるメールのイラスト
マーケティングにおけるプロモーションには、広義のプロモーションと狭義のプロモーションの2つに分類されます。

フィリップ・コトラーが提唱している4つのPに当てはめ、Product(製品)、Price(価格)、Promotion(認知拡大と購買の動機づけ)、Place(チャネル)の要素の1つとして捉えられるのが広義のプロモーションです。

そして、プロモーションを手法によって分類しているのが広義のプロモーションです。広義のプロモーションには、Advertising(広告)、Sales Promotion(販促)、Public Relations(パブリックリレーションズ)の3つがあり、手がける製品やサービスの属性によって使い分けられています。

ビジネスの宣伝をしたい方はこちらをチェック
Googleマイビジネスって何?無料で使えるビジネス宣伝ツール

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST