【2021年最新】Webマーケターなら持っておきたい資格

webマーケター

「Webマーケティングの勉強をしたいけど、どこから勉強したら良いのかわからない」、そういった人は資格の勉強をするのも一つの手段です。

Webマーケティングの資格を得ることで人材としての価値があがりキャリアアップ、転職に有利になります。

この記事ではWebマーケターとして活躍する上で持っておいた方が良い資格を紹介していきます。

資格の受験時期や受験方法は変更となることがあるので、Webサイトで最新情報を確認しましょう。

Webマーケターは資格は必要?

実際Webマーケターとして仕事をする際に資格がないとできないわけではありません。しかし、第一線で活躍したいと思うのであれば、資格を取得することは重要です。

Webマーケティングの資格を取得することでWebマーケティングに関する基礎知識を効率良く学習でき、スキルアップにつながります。

Webマーケティングの基礎知識が身に付く

Webマーケティングの知識は仕事でも身につけることが可能ですが、あまり使わない単語は忘れてしまいがちです。

クライアントから質問を受けた時に答えられないようでは信用を得ることはできません。

信用されるWebマーケターになるためにも知識を身につけておくことは重要ですが、手当たり次第に勉強していては幅が広すぎて勉強し切れず効率も悪いです。

そこで資格の勉強をすることで基礎から幅広い勉強することが可能です。

アピール材料になる

Webマーケティングの現場では「Webマーケターには資格は不要」という声も耳にします。

資格を持っているだけで実際に実務に役に立つ知識や経験がないと即戦力になるとは言えませんが、反対を言えば知識と経験があれば資格は不要です。

しかし、資格の種類によってはアピール材料になります。

プログラマーがWebマーケティングの資格を持っていれば、マーケティングの知識があることをアピールできます。

資格がないよりあった方が良いのは間違いないです。

Webマーケティングの知識の幅が広がる

資格の勉強をすることにより以前学習した知識の復習になるだけでなく、新しい知識を得ることができます。

Webマーケティングは幅広い分野や業務を請け負うのでWebマーケティングに関する知識以外にも知っていないといけません。

幅広い知識を持っていることはWebマーケターとして強みになります。
特定の分野だけに特化している企業では知識が偏る可能性があります。

そのため資格から別の分野の勉強をすることでキャリアアップに繋げてくれます。

Webマーケターに関連した資格

Webマーケターとして実務を行う上で必要となる基礎の部分であるSEOやデータ解析、マーケティングに関する知識を身につけることが可能です。

紹介する資格は短期間で取得できるものからしっかりと学んでいかなければならないものまであります。

自分に必要な知識、キャリアプランから自身にあった資格を受験することをおすすめします。

Webアナリスト

アクセス解析の基礎知識を身につけるのであれば「Webアナリスト検定」はおすすめできます。

専用のテキストを元に5時間の講座受講とオンラインテストがセットとなっていて、データ解析の知識が全くない方や知識を復習したい方に合った資格です。

データ解析に関して講座形式で学ぶことが可能なのでわからないこともその場で質問可能です。

Webアナリスト検定の合格率は約80%と高い数値になっているので難易度はそれほど高くなくテキストや講義をしっかり勉強していれば十分に合格可能な資格です。

  • Webアナリスト検定
  • 受験料26,400円
  • 受験資格なし
  • 試験時間80分
  • 出題数80分
  • 合格基準各分野40%以上かつトータル75%以上の正答率

Webアナリスト公式サイト

InternetMarketingAnalyst(IMA)検定

即実践できるネットマーケティングスキルを学びたいなら「IMA」が良いでしょう。

IMA検定は自らインターネット集客を行い、その結果をアクセス解析し、改善策レポートを作成し実行する実務スキルを学ぶ講義内容になっているので、実践に近い学習をすることが可能です。

また、IMA検定は資格ホルダーの就職、転職支援を行っています

クラウドマネージメント協会に所属する企業を中心にWebマーケティングやWeb解析業務等の担当者を探している企業とマッチング支援を受けられます。

今後就職や転職を考えている方におすすめの資格です。

  • IMA検定
  • 受験料 standardコース18,000円(税別) professionalコース 25,000円(税別)
  • 受験資格 standard合格者のみprofessionalコース受験可能
  • 試験時間 standardコース/2時間30分 professionalコース/非公開
  • 出題数 非公開
  • 合格基準 非公開

Internet Marketing Analyst(IMA)公式サイト

 

ウェブ解析士

Webマーケティングの知識、スキルを取得するための基礎となるウェブ解析について体系的に学べる環境、スキルの評価基準を設け、必要な能力や知識を身につけられる資格です。

毎年テキストが刷新されており常に最新の情報を学習することができます。また資格取得後もフォローアップテストに合格しないと資格が失効してしまうので、常に学習することが求められます。

ウェブ解析士にはウェブ解析士、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの3つのグレードがありWebマーケターとしての専門的知識を高めていくことが可能です。

ウェブ解析士の合格率は6〜7割程でWebマーケティング初心者の方も多く試験を受けています。

  • ウェブ解析士認定
  • 受験料 ウェブ解析士初回受験料17,280円(税込) 上級ウェブ解析士 認定講座(2日間) 受験費用88,000円(税込)
  • 受験資格 上級以降からは一つ前のグレードの資格認定を受けている必要
  • 試験時間 ウェブ解析士 60分
  • 出題数 ウェブ解析士 60問
  • 合格基準 非公開

ウェブ解析士公式サイト

SEO検定

SEO検定とは、検索エンジン最適化の技術学べる一般社団法人全日本SEO協会が主催している検定試験です。

SEO対策の知識と技術を体系的に学習したいや自社サイトの集客や売れ上げに貢献したいと考えている方におすすめの資格です。

4級から1級までの4つの級があり各級ごとにテーマがあり全ての級に合格することでSEO全般の知識を身につけることができます。

出題範囲は公式テキストと問題集から出題されます

  • SEO検定
  • 受験料 1級8,000円/2級6,000円/3級5,000円/4級5,000円
  • 受験資格 誰でも受験可能、どの階級からでも受験できる
  • 試験時間 60分
  • 出題数 80問
  • 合格基準 80%64問以上正解で合格

SEO検定公式サイト

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングビジネス実務検定はマーケティング実務知識を総合的に判定するための検定試験です。

マーケティング理論だけではなく、仕事ですぐに役に立つトータルなマーケティング実務知識や時事情報、実務時例が取得できます。

検定試験は実務の業務で発生する場面を細かく想定し、それをA級B級C級の3つのレベルに分類されています。

流通業だけのマーケティングや、サービス業だけのマーケティングという限られた範囲の知識だけではなく、特定の業種、業界にとらわれない幅広いマーケティングの知識の取得が可能です。

  • マーケティングビジネス実務検定
  • 受験料 A級(戦略レベル)12,760円/(税込)B級(応用レベル)7,480円(税込)/C級(基礎レベル)6,270円(税込)
  • 受験資格 なし
  • 試験時間 A級/3時間10分B級/2時間/45分C級/2時間15分
  • 出題数 A70問+ケーススタディ/B70問/C72問
  • 合格基準  A/非公開B/300点満点中210点が基準C/200点満点中160点が基準

マーケティングビジネス実務検定公式サイト

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、Webを中心としたネットワークを活用して、売上の拡大、各種のブランディング、顧客満足度の向上、業務の効率化に役に立つ検定とされています。

学習目安時間は15時間と短く合格率も70%と高く難易度が低いので合格率実務経験のない方や未経験からマーケティングの資格を取得してみたいという方は挑戦してみるのもおすすめです。

  • ネットマーケティング検定
  • 受験料 6000円
  • 受験資格 なし
  • 試験時間 80分
  • 出題数 40問
  • 合格基準 70%以上の得点率

ネットマーケティング検定公式サイト

Googleアナリティクス個人認定資格

Googleアナリティクス個人認定資格とはGoogleアナリティクスの習熟度を公式に認定する資格としてGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)を提供しています。

資格の有効期限は合格後18ヶ月間で期間終了後に再取得するには再び受験して合格する必要があります。

GAIQの資格対策としてGoogleアナリティクスアカデミーが無料で提供しているオンランコースを利用することをおすすめします。

「Googleアナリティクス初心者向けコース」と「Googleアナリティクス上級者向けコース」があります。

各コースごとに動画が用意されており理解度をチェックするテストがついてきます。

  • Googleアナリティクスの知識を深めてデータ解析をしたい人におすすめの資格です。
  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • 受験料 無料
  • 受験資格 Googleアカウントを所有していること
  • 試験時間 90分
  • 出題数 70問
  • 合格基準 正解率80%以上

Googleアナリティクス個人認定資格公式サイト

Google広告の認定資格

Google広告の認定資格はGoogleが公式に公開している広告に関する知識や理解度を確かめることができる資格です。

科目は検索、ディスプレイ、ショッピング、動画、アプリ、測定の6種類あり、それぞれ合格することでその分野での知識保持を証明できます。

認定資格は1年間有効で、認定資格を更新するためには、認定資格の理解度テストを再度合格する必要があります。理解度テストに合格しなかった場合1日後から再受験可能です。

理解度テストに合格できなくても1日後に再受験可能なので比較的易しい資格です。スキルショップを何度か読めば合格できるでしょう。

  • Google広告の認定資格
  • 受験料 無料
  • 受験資格 Googleアカウントを所有
  • 試験時間 75分
  • 出題数 検索広告/50 ディスプレイ 広告/49 ショッピング広告/46 動画広告/50 アプリ/49 測定/50
  • 合格基準 正解率80%以上 

Google広告の認定資格公式サイト

まとめ:Webマーケターの資格を取得してスキルアップしよう

Webマーケティングに関するさまざまな資格を紹介しました。Webマーケターとして必要な能力を身につける上で資格の勉強は有効な手段です。

今回紹介した下記の8つの資格を紹介しました。

  • Webアナリスト検定
  • Internet Marketing Analyst(IMA)検定
  • ウェブ解析士認定
  • SEO検定
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • ネットマーケティング検定
  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • Google 広告の認定資格

自分の学習したい資格を探して受験してみることをおすすめします。
就職、転職でのアピールポイントになるだけでなく自信のスキルアップにも繋がります。

自分の成長したいスキルの資格に挑戦して自信のスキルアップをしましょう。

ライターになりたいけど資格が必要か気になる方はこちらを参照
Webライティングに資格は必要?武器になる資格を3つ厳選して紹介

 

この記事を書いた人
Yoshihiko Fuji
Yoshihiko Fuji
学生時代にディベート大会、海外留学、起業体験、プログラミング、ブログなどに挑戦。 物が売れる仕組みや、人の行動心理学に興味をもち、現在はWEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第1期生としてWebマーケターを目指し活動中。
このライターの記事を見る
TOP