3秒で心を掴む!ランディングページ・ファーストビュー構成のコツ4つ

LPO
ランディングページ・ファーストビュー構成

一般的にランディングページ(LP)を訪れたユーザーは、3秒で立ち去るか、そのままページを読み進めるかを判断します。

つまり、どんなに魅力的な広告文やバナーで、見込み客をLPへ誘導しても、ファーストビューで見込み客の心を掴めなければ、LP全体を見て貰えずCVにも繋がらないということです。

今回は、たった3秒で見込み客の心を掴み、ユーザーの直帰率を下げ、CVへと繋げるためのファーストビューでの構成のポイントを解説します。

ランディングページにおけるファーストビューとは

ランディングページにおけるファーストビューとは

ファーストビューとは、ユーザーがLPを訪れた際に、スクロールせずに最初に見ることのできる範囲のことです。

上記の画像はAppleのiPhoneのサイトをMacBook(縦幅1300px横幅600px程度)で見た時のファーストビューです。

ファーストビューで、LPを離れてしまうユーザーの割合は70%以上だと言われています。

どんなに素晴らしいLPを作成しても、ファーストビューでユーザーの心をつかまなければLPの効果は見込めなくなるのです。

LPのファーストビューの離脱率を下げる4つの構成ポイント

LPのファーストビューの離脱率を下げる4つの構成ポイント

上記は、化粧品でお馴染みの「RICE FORCE」のLPにおけるファーストビューの構成です。

今回は、RICE FORCEのLPを参考にファーストビューでユーザーの心を掴む構成ポイントを解説していきます。

直帰率・離脱率について知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスの直帰率とは?目安や離脱率との違いを解説!

1.ベネフィットの提示

ファーストビューでは、商品のメリットや特徴を出来るだけ多く詰め込んだ方がいいと考えるデザイナーも少なくありません。

しかし、ユーザーはたった3秒で、そのLPに自分が求めている情報があるかどうかを判断します。
つまり、情報を詰め込みすぎると、最も訴求したい内容がユーザーに伝わらないのです。

そのため、ファーストビューのキャッチコピーは、ユーザーにとってのベネフィットが直感的に伝わるメッセージにすることが大切です。

例えば、RICE FORCEの商品の特徴は、ライスパワーNO.11エキス配合していることです。

しかし、ライスパワーNO.11エキス配合と訴求しても、ユーザーはその商品を使用して将来得られるベネフィットを直感的に判断できません。

そのため、RICE FORCELPでは、ユーザーにとってのベネフィットをお肌の潤いを連想させる水しぶきの画像と、「上向きハリ肌」「乾燥にもう悩まない」などのキャッチコピーで表現しています。

乾燥に悩む女性が、LPを訪れた時に「この商品を使えば、お肌が潤いそう」「乾燥肌に良さそう」と直感的に感じることができます。

このように、ファーストビューのキャッチコピーは、その商品を使ってユーザーの悩みが解決するなどのベネフィットが一目で分かる文言で作成することが重要です。

2.バンドワゴン効果(社会的証明の原理)

バンドワゴン効果(社会的証明の原理)とは、マーケティング業界ではよく使われる行動心理学の一つです。

「みんながやっている」「みんなが買っている」からなど多くの人の支持が得られている商品に対して安心感を得て、みんなと同じように購入しようとする効果のことです。

特に日本人は、人と同じことをすることで安心感を得る性質が強いです。

そのため、ファーストビューでも、バンドワゴン効果を活用することで、ユーザーの心をつかむことができます。

RICE FORCEのLPで言えば、「累計販売本数2,100万本突破」という文言です。
2,100万本も購入されている商品であれば、間違いないだろうと無意識のうちにユーザーは判断するのです。

3.権威性

LPO

権威性とは、自分より地位や権力が高い人、その分野の専門知識を持つプロの発言などに無意識に従ってしまう人間の性質のことです。

例えば以下の文言をご覧ください。

1.この商品は素晴らしい商品です。私が自信を持っておすすめします!

2.この商品は、テレビでも活躍中の医師・〇〇先生が一押しする商品です!

同じ商品で、上記2パターンの文言が使われているLPがそれぞれあれば、多くの人が2の文言が使われたLPから商品を購入することでしょう。
これが、権威性です。

上記のRICE FORCEのLPでも、しっかりと権威性がアピールされています。

【RICE FORCEでアピールされている権威性】
・芸能界愛用者1,696名
・美容のプロが支持780名

4.簡易性

LPO

「1日10分聞き流すだけで英語が話せるようになる」「1日たった3分使うだけでくびれたウエストが手に入る」など、人間は簡単にできて「自分にもできそうだ」と思う商品を購入する傾向が強いです。

上記の[el]:schoolのLPを例に挙げると、以下は簡易性をアピールした文言です。

・「まね」するだけ!誰でも簡単に1日で作れます!
・2分動画で講座を見る!

これらのキャッチコピーを見ると、簡単にできそう・学べそうだと直感的に分かるかと思います。

LP作成に重要なセールスライティングについて深く知りたい方は、こちらをご覧ください。

関連記事:セールスライティングを学べる本3選!フレームワークを身につけよう

まとめ:LPのファーストビューは訪問後3秒が勝負!

LPを訪れたユーザーは、たった3秒で立ち去るか読み進めるかを直感的に判断します。
そのため、ファーストビューでいかにユーザーの心を掴むかが勝負となります。

今回は、ファーストビューでユーザーの心を掴む以下の構成ポイント4つをご紹介しました。

1.ベネフィットの提示
2.バンドワゴン効果(社会的証明の原理)
3.権威性
4.簡易性

今回の記事を参考に、LPのファーストビューの構成を考えてみてください。

WEB集客で困っている・成果が出ないなどのお悩みがある方は、一度、WEBMARKSにご相談ください。
WEBMARKSのサービス内容についてはこちら→

この記事を書いた人
山本妹奈
山本妹奈
フリーランスのWebライター。楽天ショップを運営するECサイトのデザイン部門、リスティング広告代理店のWeb制作部門にて、主にECサイトの運営支援・LP・バナー作成などを担当。その後、フリーランスのWebデザイナーとして独立。現在は、フリーのWebライター、スポーツジムのインストラクターとして活動中。英語翻訳・LPO・IT系記事のほか、恋愛・アウトドア系記事など幅広いジャンルの記事を執筆。
このライターの記事を見る
TOP