SEO(上位表示対策)

ロングテールキーワードとは?SEOに効果的な使用方法を紹介

ロングテールキーワードのSEO対策とは?

「ロングテールキーワードって聞いたことあるけど、どんなキーワード?」「SEOに効果的なロングテールキーワードの使い方って?」

今回は、そういった方に向けて、ロングテールキーワードとは何かということと、ロングテールキーワードのSEOに効果的な使い方をご紹介します。

こちらの記事を参考にすることで、ロングテールキーワードを利用した効果的なSEO対策を行うことができます

ロングテールキーワードとは?特徴を紹介

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、そもそも何なのかというと、検索ボリュームが少ないキーワードのことを指します。

キーワード選定を前提として考える場合、基本的には、2ワード以上の複合キーワードを意味していることが多いです。

ロングテールキーワードの具体的な例は、以下の通りです。

例)

  • 「ブログ」:約 2,010,000,000 件
  • 「ブログ 書き方」:約 55,000,000 件 (←ロングテールキーワード)
  • 「ブログ 書き方 コツ」:約 19,700,000 件 (←ロングテールキーワード)

基本的には、上記のように、ワード数を増やすごとに、検索意図が具体的になるので、検索ボリュームが少なくなっていきます。

このような特徴のあるロングテールキーワードを利用することで、検索結果で上位表示を効率よく狙うことができるので、覚えておきましょう。

ロングテールキーワードを活用するメリット

ロングテールキーワードのデータ

ロングテールキーワードを活用することで、上位表示を効率よく狙うことができます

ビッグキーワードを狙ってページを作成したとしても、上位表示するのは難しいので、ロングテールキーワードを利用してページを作成するのが賢明です。

ロングテールキーワードを活用することのSEO的なメリットをご紹介します。

ビッグキーワードで上位表示を狙うデメリット

ロングテールキーワードを活用し、上位表示を狙うのは、ビッグキーワードで上位表示を狙うのが難しいからです。

上でも説明したように、ビッグキーワードとは検索ボリュームの多いキーワードです。

サイトやブログを運営していれば、普通アクセスを多く集めたいので、ビッグキーワードは競合性が高くなります。

また、競合が多いということは、強い競合サイトが多くなる傾向があるので、さらに上位表示を狙うのは難しくなるでしょう。

最終的にビッグキーワードで上位表示を狙いたいという場合も、まずはロングテールキーワードで上位表示を獲得していき、サイトの評価を高めていくことが大切です。

検索結果で上位表示しやすい

ワード数の多いロングテールキーワードを狙って、ページを作成すると、検索結果で上位表示しやすくなります

なぜなら、検索ボリュームが小さくなると、同じキーワード内での競合が減るからです。

具体的な検索ボリュームの遷移は、以下の通りです。

例)

  • 「SEO対策」:SEO難易度 57
  • 「SEO対策 方法」:SEO難易度 44
  • 「SEO対策 Google」:SEO難易度 27

(参考:Ubersuggest

上記のように、検索ボリュームの多い単一のビッグキーワードよりも、ロングテールキーワードの方が、SEO難易度は下がる傾向にあります

効率的に検索結果で上位表示を狙うためには、ロングテールキーワードの選定が欠かせないといえるでしょう。

コンバージョン率が高くなる

ロングテールキーワードを狙って、コンテンツを作成すると、コンバージョン率が高まる傾向があります

なぜなら、ワード数を増やすごとに、キーワードの具体性が上がり、ユーザーの検索意図が絞られるからです。

例えば、ビッグキーワードとロングテールキーワードで、ユーザーの検索意図には以下のような違いがあります。

例)

  • 「化粧水」:お肌に悩みを抱えていていて、良い化粧水を見つけたい。
  • 「化粧水 人気 40代」:40代でお肌のトラブルが増えてきたため、人気の化粧水を知りたい。

上記のように、ビッグキーワードでは検索意図の範囲が広いですが、ロングテールキーワードでは絞られています。

検索意図が絞られると、それだけ具体的なコンテンツを提供しやすくなるので、コンバージョン率が高くなるのです。

コンバージョンの計測方法について詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:Googleアナリティクスでコンバージョンを計測する方法とは?

ロングテールキーワードを利用したSEO対策

ロングテールキーワードを使ったSEO対策

「ロングテールキーワードを利用するのが上位表示を狙うのに効率が良いのは分かったけど、具体的にどうすればいいの?」という疑問を持たれた方も多いと思います。

ここからは、ロングテールキーワードを利用したSEO対策の具体的な手順をご紹介いたします

すぐに取り入れて実践できるように分かりやすく説明していますので、参考にしてあなたのサイトやブログに役立ててください。

ロングテールキーワードを選定する

ページの作成に取り掛かる前に、まずはロングテールキーワードを選定します。

ロングテールキーワードを選定する場合、ワード数が多ければ良いというわけではなく、競合性を考慮する必要があるのです。

上で説明したように、ubersuggestで競合性を調べられるほか、Googleのキーワードプランナーでも同様に競合性を調べることができます。

キーワードプランナーでロングテールキーワード選定

[キーワードプランナー]を開き、[新しいキーワードを見つける]をクリックします。

[キーワードから開始]で、検索窓にあなたのビジネスに関連するキーワードを打ち込めば、上記のように競合性を調べることができます。

また、競合性の低いキーワードを選ぶとともに、なるべく検索ボリュームの多いロングテールキーワードを選び、効率的にアクセスを集めましょう。

ロングテールキーワードをページに含む

ロングテールキーワードを選定したら、コンテンツ内にそのキーワードを含みましょう

なぜなら、検索エンジンはコンテンツに含まれたテキストを分析することで、検索キーワードとの関連性を図っているからです。

具体的には、ページの以下の位置にキーワードを含むと効果的といえます。

  • タイトル
  • 見出し
  • 本文
  • 内部リンクのアンカーテキスト

タイトルや見出しは、検索エンジンのクローラーがページの情報を判断する際に最も重要な箇所です。

また、本文中の文章と、その本文の一部として扱われる内部リンクのアンカーテキストにもキーワードを含むようにします。

検索キーワードとページコンテンツの整合性を高め、検索エンジンにページを適切に評価してもらいましょう

キーワードの記事への含み方に関してはこちら。

関連記事:SEOの効果を高めるキーワードの入れ方は?こだわるべき理由を解説

まとめ

今回は、ロングテールキーワードとは何かということと、ロングテールキーワードのSEOに効果的な使い方をご紹介しました。

本記事のまとめは以下の通りです。

  • ロングテールキーワードとは2語以上の検索ボリュームが少ないキーワード
  • ロングテールキーワードを利用すると効果的なSEO対策を行うことができる
  • 競合性と検索ボリュームを考慮したロングテールキーワードの選定が大切

ロングテールキーワードは、SEO対策をする上で重要な考え方です。

こちらの記事を参考にし、ロングテールキーワードを活用した効果的なSEO対策を行ってくださいね。

SEO対策について知りたい方は、こちらもどうぞ。

関連記事:たったの3つだけ?WebライティングでSEOを効率化する法則

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST