リスティング広告のNGキーワードに関する解説

リスティング
リスティング広告NGキーワードのアイキャッチ画像

「アフィリエイトをする際にリスティング広告NGキーワードという表記があるが意味を知りたい」「リスティング広告で出稿してはいけないキーワードがあるのか知りたい。」

この記事ではアフィリエイトをする際のリスティング広告のNGキーワードとはどのようなものなのかについて解説していきます。

この記事を読めば、アフィリエイトにおけるリスティング広告のNGキーワードに関する知識が身につきます。

リスティング広告のNGキーワードとは?

リスティング広告のngキーワードのイメージ画像リスティング広告のNGキーワードという言葉は主にアフィリエイトをする際に聞く言葉になります。リスティング広告のNGキーワードについて深堀していきます。

リスティングNG広告とは

リスティング広告のNGキーワードは広告主が指定するキーワードで広告出稿を禁止されているものです。

リスティング広告ngキーワード説明画像

こちらはユーザーが検索した際に広告主の公式サイトなどと重複してページが表示されないようにするという意図があります。

NGキーワードで出稿した場合に関しては成果が発生しません。

アフィリエイトサイトをリスティング広告で出稿する場合は、必ず広告主の条件を確認し、出稿するキーワードには十分に注意するようにしましょう。

リスティング広告を出稿できないケースを解説

リスティング広告の運用代行前に確認することのイメージ画像リスティング広告のNGキーワードとは出稿が禁止されているキーワードを指しますが、その他にリスティング広告が全面禁止とされていたり、一部許可されているものがあります。ここではそれぞれのパターンについて解説していきます。

リスティング広告が全面禁止の場合

リスティング広告の出稿についてはNGキーワードが指定されている他にも、リスティング広告が全面禁止とされている場合もあります。この場合はアフィリエイトサイトに下記の文言が記載されています。

・リスティングNG

・リスティング禁止

リスティング広告が出稿されていることが判明した場合、成果の取り消しはもちろん、提携解除になることもあります。

禁止キーワード・一部OK・条件ありの場合

アフィリエイトの提携条件を確認すると最も表記として多いのが、禁止キーワード・一部OK・条件ありと表記されているサービスです。

こちらは一般的にNGキーワードが指定されているものが多く、以下のキーワードについては広告出稿が不可となっているものが多いです。

・会社名

・商標名

・ブランド名

・サービス名(商品名)

・サイト名

・代表者名

広告主としては無駄な広告費用は極力少なくして、サービス名で検索をしてくるユーザーは自社サイトで購入を促したいのです。

広告主の提携条件の確認は怠らないようにしましょう。

公式サイトと勘違いさせる広告文やURL

リスティング広告をする際にしてはならない行為として、公式サイトと勘違いさせる広告文やURLで広告出稿するという行為があります。

例として「公式サイトはこちら」といった文言が挙げられ、最悪の場合はASPの提携禁止・リスティング解除となる可能性があります。

リスティングOKという表記であっても公式サイトと勘違いさせる広告文やURLでの出稿は控えましょう。

リスティング広告を実施する際の注意事項

リスティング広告のngキーワード注意事項画像リスティング広告のNGキーワードには様々な種類があることを確認してきましたが、ここではリスティングを実際に行う場合の注意事項について確認していきます。

プロモーションしたいサービスと全く関係のない広告文を出稿しない

リスティング広告はユーザーに対して最適なコンテンツを提供するという点を意識する必要があります。

そのため、ユーザーが広告をクリックした後に全く関係のないページに遷移させるなど、広告文と誘導先のページ内容に乖離がないように注意する必要があります。

GoogleとYahoo!いずれかで広告出稿する際には事前に審査があります。内容によっては審査に通らず、広告出稿できない場合もあります。

また、GoogleもYahoo!も広告の品質スコアが表示されるようになっており、品質スコアが高い広告はCPCも安くなり、広告表示もされやすくなります。

ユーザーの検索意図に合ったページを作成することを心掛けましょう。

ユーザーに間違った情報を流す

広告文やページ内に間違った情報がないかを確認することも重要です。間違った情報の中には以下のような誇張表現も含まれます。

・実績No.1

・今一番人気

近年はGoogleもYahoo!も誤った情報や誇張表現に対する規制を強めています。

間違った情報を流した場合には広告の出稿が停止させられることもあるため、正しい情報を提供することを意識しましょう。

リスティング広告の文字に関する記事はこちらを参照

リスティング広告の文字数を解説!効果的な訴求方法も紹介

まとめ

リスティング広告のngキーワードのまとめ画像リスティング広告のNGキーワードについて解説してきました。リスティング広告のNGキーワードとしては代表的に以下のキーワードが挙げられます。

・会社名

・商標名

・ブランド名

・サービス名(商品名)

・サイト名

・代表者名

広告主の利益を損なわないようにリスティング広告を行う際は細心の注意を払って広告出稿を行うようにしましょう。

WEBMARKSではWEB広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKSのサービスはこちらを参照

リスティング広告のメリットに関する記事はこちらを参照

【必見】リスティング広告のメリットやデメリットを詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP