自分でリスティング広告を出稿する際に必要なこと

リスティング
自分でリスティング広告を出稿するアイキャッチ画像

「自分でリスティング広告を出稿したいけど何をしたらいいのか分からない。」

「リスティング広告運用するにあたって必要な基本を知りたい。」

この記事では、自分でリスティング広告を出稿する際のポイントを紹介します。

この記事を読んで、自分でリスティング広告を出稿する際のポイントを理解しましょう。

リスティング広告を自分で始める前に知っておくべきこと

自分でリスティング広告を出稿する前に確認すること自分でリスティング広告を始めるにあたって、リスティング広告のメリットや掲載媒体を理解することは重要なポイントです。それぞれについて解説します。

リスティング広告のメリットを紹介

リスティング広告のメリットには以下の要素が挙げられます。

  • 少額予算から広告出稿が可能
  • 検索キーワードを指定できるため、広告に関心のあるユーザーにリーチできる
  • 広告がクリックされるまでは費用が発生しない

中でも検索キーワードによってユーザーが解決したい問題に対する仮説が立てられるという点はリスティング広告最大の魅力です。

キーワードに合わせた解決策をユーザーに提示することで、広告の成約率も高まりますので、キーワードに回答するという意識は常に持つようにしましょう。

リスティング広告の掲載はGoogleかYahoo!

リスティング広告を掲載する主な媒体はGoogleとYahoo!の2つです。

それぞれにメリットがあり、Googleの場合は利用者が多く、Yahoo!と比較するとリーチできる人数が多い点が特徴。また、審査の基準が高くないため、個人の方でも簡単に広告出稿が可能です。

対するYahoo!広告は審査が厳しく、アカウント作成するにも企業情報の申請などが必要となり、個人の方が広告出稿するハードルは高くなっています。

その分Yahoo!広告は広告出稿ができればライバルが少なく、検索してきたユーザーにリーチしやすいという点が特徴です。

リスティング広告が表示される仕組みについて、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告が表示される仕組みについて詳しく解説!

リスティング広告のアカウント開設に関して

リスティング広告を掲載できるのはGoogleとYahoo!リスティング広告を始める際にはGoogleやYahoo!で広告アカウントを作成する必要があります。それぞれのアカウント作成方法を確認していきましょう。

Google広告のアカウント作成

Google広告のアカウントを作成するためにはGoogleアカウント(Gmailなどを使用していれば作成済み)を保有する必要があります。

Googleアカウントのある方は検索画面を開き、右上のボタンからGoogle広告を選択すればリスティング広告出稿画面に移動します。

Google広告アカウント作成方法

その後クレジットカードを登録すれば、広告出稿の準備は完了です。

詳しくはGoogleのGoogle広告アカウントを作成するをご覧下さい。

Yahoo!広告のアカウント作成

Yahoo!広告に関しては、Yahoo!広告のお申込みのページからアカウント作成依頼を送ることができます。

必要情報を入力後審査を通過すれば、クレジットカードを登録することで、広告出稿の準備は完了です。

Yahoo!の広告審査は最大で3営業日ほどかかりますので、広告出稿したい方は早めに申請するようにしましょう。

リスティング広告を自分で出稿する際のポイント

リスティング広告を自分で出稿する際のポイント画像GoogleやYahoo!のアカウントを作成したら、次に重要なポイントは予算と広告のクリエイティブの作成です。それぞれのポイントを解説します。

リスティング広告出稿の予算の目安

リスティング広告は少額で出稿できるため、個人の方でも気軽に始めやすいのがポイントです。

広告予算を決める流れは以下の通りになります。

  1. 目標の売上金額を決める
  2. 商品価格から、必要な販売数と1件あたりの利益目標を把握
  3. 広告予算を決定

予算を決める際に重要なポイントは目標利益から逆算すること。

目標利益が決まれば、その後はいきなり大金を広告費用として投入するのではなく、広告文やランディングページ(リスティング広告がクリックされた際に表示されるWebページ)のテストを少額で実施しましょう。

効果が最も高い広告とランディングページが見つかれば、本格的に予算を入れて、リスティング運用を開始することをおすすめします。

成果が出るまではテストを繰り返す

リスティング広告を自分で行う際のポイント2つ目は成果の出る広告文とランディングページが分かるまでテストを繰り返すということです。

テストの方法は以下の通り。

  1. 広告文を3~5通り用意しテスト開始。
  2. クリック率の高いもの、成約率の高いもが見つかれば広告文を固定
  3. ランディングページを用意し、反応率を確認
  4. 読まれていない箇所やユーザーの離脱が多い箇所を随時修正

予算の規模にもよりますが、最低でも100クリックは広告文・ランディングページともにテストすることを推奨します。

リスティング広告のメリットやデメリットについて、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告のメリットとデメリットについて詳しく解説!

リスティング広告を自分で出稿する際のポイントまとめ

リスティング広告を自分で出稿する際のポイントまとめ画像

この記事では自分でリスティング広告を出稿する際のポイントについて説明しました。

リスティング広告はGoogleとYahoo!の2媒体で出稿が可能。予算のコントロールや広告のテストが重要となりますので、今回の記事の内容を元にぜひ自分でリスティング広告を運用してみましょう。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービスはこちらを参照

Googleでのリスティング広告出稿について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Googleでリスティング広告を出稿する際のポイントについて詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP