【必見】リスティング広告のメリットやデメリットを詳しく解説!

リスティング
リスティング広告メリットのアイキャッチ画像

「リスティング広告をしたいけれど、そもそもリスティング広告のメリットって何?」「リスティング広告にはどんなデメリットがあるの?」

今回はそういった方向けにリスティング広告のメリットとデメリットを分かりやすく説明していきます。

この記事を読めば、リスティング広告を始める前に理解しておきたいリスティング広告のメリット・デメリットが分かります。

リスティング広告はどのような特徴がある?

リスティング広告のメリットに関連する画像リスティング広告のメリットやデメリットを把握する前に、リスティング広告の特徴を理解する必要があります。

ここではリスティング広告の基本を解説していきます。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは検索結果に連動して表示される広告のことです。

リスティング広告とメリットに関する説明上記の画像はGoogleの検索エンジンで「リスティング広告」というキーワードで検索した際の画像です。このキーワードは人気が高く、たくさんの会社が広告を出稿しています。

リスティング広告の運用を行う際には、日本国内では主に下記の2つのサービスが利用できます。

<Google広告>

Googleの検索エンジンに広告出稿をすることが可能。

Google広告の登録はこちらから

 

<Yahoo!プロモーション広告>

Yahoo!の検索エンジンに加え、Bingやexciteの検索プラットフォームにも広告出稿をすることが可能。

Yahoo!プロモーション広告の登録はこちらから

GoogleとYahoo!のリスティング広告では広告表示される検索エンジンに違いがあるため、あなたのターゲットに応じてどちらの検索エンジンでリスティング広告を利用するのか検討してから広告出稿しましょう。

リスティング広告の特徴を解説

リスティング広告の特徴はSEO対策とは異なり、あなた自身でコントロールできる要素が多いということです。

【SEOの場合】

・サイトを上位表示させるかはGoogleが判断するため、あなたがサイトコンテンツが優れていると思っても、中々上位表示されないことがある。

Googleのアルゴリズムアップデートであなたのサイト順位が急激に落ちる可能性がある。

上記のようにSEOはGoogleの検索エンジンに大きく左右されます。

それに対してリスティング広告は、あなた自身が広告の出稿金額を決定し、広告文を作成します。広告を出稿するのも、止めるのもあなたの判断です。

自身に依存するポイントが多いのはリスティング広告の大きな特徴です。

リスティング広告と併せて知りたいFacebook広告の関連記事は下記参照

Facebook広告の料金について解説!課金方式や広告予算の種類も紹介

リスティング広告のメリットを解説

リスティング広告のメリット説明画像ここからはリスティング広告の具体的なメリットについて解説していきます。

メリットを把握しておくことで、どの状況であればリスティング広告の強みが最大化されるか分かりますので、必ず理解するようにしましょう。

モチベーションの高い顧客にミドルワードやスモールワードで出稿可能

リスティング広告の最大の魅力はなんといっても、購買意欲の高い顧客にリーチ可能という点です。

しかも、リスティング広告はキーワード自体をあなた自身が選定できるため、より成約につながりやすいキーワードを選択することも可能です。

下記で具体例を紹介します。

キーワード例①:英会話教室

キーワード例②:英会話教室 大阪

どちらのキーワードが成約につながりやすいか想像してみて下さい。

答えはキーワード例②:「英会話教室 大阪」ですよね。

英会話教室というキーワードだけでは検索者がどんな意図で検索をしているのか分かりません。英会話教室でどんなことが学べるのか知りたいだけかもしれませんし、英会話教室に通いたいと思っているだけかもしれません。

しかし、「英会話教室 大阪」というキーワードで検索する方は少なくとも大阪の英会話教室を探しているということが分かります。

大阪で英会話教室を運営している方であれば、こちらのキーワードでリスティング広告を出稿すれば、見込み客を集客することができるでしょう。

このように、2つや3つのキーワードを組み合わせたものを、ミドルワードやスモールワードと呼びます。

すぐに広告出稿でき、配信停止も簡単

リスティング広告のメリットの2つ目はすぐに広告出稿・配信停止が可能な点です。

これはSEOにはない大きな強みです。

<上位表示に必要な日数>

・SEO:最低3か月~

・リスティング広告:出稿を決めてすぐに上位表示

上記を比較するとその差は明らかです。

また、SEOであなたが狙ったキーワードで上位表示をさせたいと考えると、時間だけではなく、記事を作成する手間も掛かります。

狙いたいキーワードの関連記事を作成したり、現在の文章をリライトする必要もあります。

上位表示を狙いたいキーワードで即座に表示できるリスティング広告は非常に優秀と言えます。

データを元に十分な分析ができる

リスティング広告はデータを十分に取得でき、その後の運用に活かすことが可能です。

ここではGoogle広告の画面を例に解説していきます。

リスティング広告の分析画像このように、リスティング広告はどれだけの人が、あなたの広告をクリックしたのか一目で分かるようになっています。

表示されたデータを元に

・広告文を改善し、クリック率を高める

・クリック率が高い場合は自社のページに問題のある可能性が高いので改善を行う

などの対策を行うことができる点はリスティング広告の大きなメリットです。

リスティング広告を実施する際の入札戦略に関する記事は下記リンク参照

リスティング広告の入札の仕組みを解説!入札単価と戦略の決め方も

リスティング広告のデメリットについて解説

リスティング広告のデメリット画像ここまでリスティング広告のメリットについて解説してきましたが、リスティング広告にはデメリットもあります。

デメリットを把握することで、広告運用をより効果的に行うことができます。

リーチできるターゲットが限られる

リスティング広告は出稿したキーワードでのみ広告表示されます。そのため、ユーザーが指定したキーワードを検索しない限り広告が配信されることはありません。

自社の商品をたくさんの人に知ってもらいたいという場合はリスティング広告は不向きな方法となります。

広い認知の為に検索ボリュームが多いキーワードを狙えばいいと考える方もいるかもしれません。しかし、その場合はクリック単価が高くなってしまい、費用対効果が合わなくなります。

例えば、「青汁」は月間5万件近くの検索のあるキーワードですが、Googleでリスティングを行い、上位表示させようと思えば、1クリック1,000円以上の費用が必要です。

リスティング広告の運用は細かい調整が必要

リスティング広告は運用に手間がかかります。

あなたが考えているキーワードで広告出稿をしたいと考えている人はたくさんおり、競合との差別化のために入札単価などを変更する必要があります。

また、データ分析を行い、良い結果が得られるキーワードを調整し、費用対効果を最大化させることも重要となります。

運用に手間がかかるという点はリスティング広告のデメリットです。

まとめ

リスティング広告のメリットまとめ画像この記事ではリスティング広告のメリットやデメリットについて解説してきました。

リスティング広告のメリットは下記の通りです。

・モチベーションの高い顧客に対してリーチすることが可能

・すぐに広告配信を行うことができる

・広告の分析を容易に行うことが可能

対して、リスティング広告のデメリットは下記の通りです。

・リーチできるターゲットが限られる

・リスティング広告の運用は細かい調整が必要となる

これからリスティング広告の運用を行おうと考えている方は、上記内容を理解した上で、広告運用を行うことが重要です。

リスティング広告を効果的に利用し、費用対効果の高い成果を上げられるよう工夫しましょう。

リスティング広告の費用に関する記事は下記リンクを参照

リスティング広告に必要な費用は?予算の決め方や代理店の選び方も解説

この記事を書いた人
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
このライターの記事を見る
TOP