リスティング広告の種類について徹底解説

リスティング
リスティング広告の種類

「リスティング広告には、どのような種類があるのか知りたい。」

「リスティング広告以外のWeb広告について知りたい。」

この記事ではリスティング広告の種類について詳しく解説します。

この記事を読めば、リスティング広告の種類に関する知識が身に付きます。

基本的なWeb広告の種類を紹介

リスティング広告のクリック率まとめ画像リスティング広告の種類について紹介する前にWeb広告とはどのような広告で、リスティング広告以外にはどのような広告があるのか解説します。

Web広告とは?

Web広告とはWebサイト上に広告を表示する方法で、デジタル広告やインターネット広告と呼ばれることもあります。

テレビCMや新聞広告などの従来の形とは異なり、少額から広告出稿できる利便性とすぐに広告掲載が可能な即効性が多きな魅力。

2019年にWeb広告に費やされた金額は1兆6千億円を超え、年々市場が大きくなっています。

※参考:2019年日本の広告費:https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0311-010027.html

Web広告の種類を紹介

Web広告には様々な種類があり、代表的なものは以下の通りです。

  • リスティング広告
  • 純広告
  • アドネットワーク
  • DSP
  • アフィリエイト広告
  • ネイティブ広告
  • 動画広告
  • SNS広告
  • メール広告

上記のの中で特に人気が増しているのがSNS広告となっており、特にFacebookとInstagramは細かなターゲティングも可能と評判です。

それぞれの広告のメリットとデメリットを理解した上で目的に合ったWeb広告出稿を行いましょう。

リスティング広告の種類を解説

リスティング広告の仕組みの解説画像リスティング広告は検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の2種類があります。

それぞれについて解説していきます。

検索連動型広告

検索連動型広告は、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に検索結果の画面に表示される広告のことです。リスティング広告の検索結果の画像

メリットとしては、ユーザーの検索意図に合う広告を出稿すれば高い効果を期待できるという点です。

上記の画像であれば、「検索連動型広告」というキーワードに対して多くのリスティング広告運用代行業者が広告を出稿しています。

これは「検索連動型広告」と検索するユーザーはリスティング広告の運用について関心のあるという推測の元広告が出稿されており、Webページからの問い合わせを意図したものです。

ユーザーの意図が分かりやすいという点は検索連動型広告のメリットと言えます。

コンテンツ連動型広告

検索連動型広告に対して、コンテンツ連動型広告はユーザーが見ているページの内容に合わせて広告を表示します。

例として、食べログに広告表示している媒体主の意図を考えてみましょう。

食べログの利用者は少しでも評判の良いお店で食事を楽しみたいという意欲を持っており、利用者は20代と30代が中心です。

そのため、上記のターゲットを狙っている媒体主は働き盛りの若い世代向けの商品を販売したいという意図を持っていることが分かります。

コンテンツ連動型広告は検索連動型広告と比較するとユーザーの意図は読み取りにくいですが、狙ったターゲットに対してリーチを広げる有効な手段となっています。

リスティング広告が表示される仕組みを知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告が表示される仕組みを詳しく解説!

リスティング広告を掲載できる媒体の種類を紹介

リスティング広告を運用代行に任せる際の注意点画像検索連動型広告とコンテンツ連動型広告を利用できる媒体はGoogle広告とYahoo!プロモーション広告の2種類です。

それぞれのメリットに関して紹介します。

Google広告

 

日本の検索エンジンで最もシェアが高く、全インターネットユーザーの70%が利用していると言われているGoogle

そのGoogleで広告出稿できるサービスがGoogle広告となっており、誰でも簡単にリスティング広告を出稿することができます。

Google広告のメリットは分析ツールである「Googleアナリティクス」やプログラマーでなくても簡単にタグ操作を行える「Googleタグマネージャー」などのサービスとの連携が容易な点が挙げられます。

リスティング広告を出稿したいと考えている方はまずGoogle広告の導入を検討してみることをおすすめします。

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告はYahoo!で広告出稿可能なサービスであり、広告の反応率が高いと評判です。

Yahoo!の利用者には主婦の方も多く、オンラインショッピングの利用も盛んなため、物販を行っている広告主は見逃せないサービスと言えるでしょう。

Yahoo!プロモーション広告を利用する際の注意点としてはGoogleと比較して規制が厳しく、審査にも時間がかかるという点。

また、アフィリエイト広告目的の方は個人であればYahoo!プロモーション広告の利用は難しいため、その点も理解が必要です。

Yahoo!リスティング広告について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Yahoo!リスティング広告について詳しく解説!

リスティング広告の種類に関するまとめ

リスティング広告の運用代行前に確認することアイキャッチ画像この記事ではリスティング広告の種類について説明しました。

リスティング広告には検索連動型広告とコンテンツ連動型広告があるため、目的に応じて広告出稿を行うようにしましょう。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービスはこちらを参照

リスティング広告の効果について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告で効果を出す際のポイントを詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP