【2020年版】ドメインパワーの上げ方を3つシンプルに解説【上げるには時間がかかる】

SEO対策

企業でWeb担当をしている人や、ブログ・アフィリエイトに興味がある方であれば「ドメインパワー」という言葉を聞いたことがあると思います。

SEOでは昔から今でも、ドメインパワーは非常に重要な要素となっており、軽視できるものではありません。

ドメインパワーを上げることにより、「売上」と「集客力」が飛躍的に伸びることも珍しくないのです。

そこで今回は

  • 「これから自社サイトをもっと上手く活用して売上に繋げたい」
  • 「1からサイトを立ち上げる予定だが、その後なにをすればいいか分からない」

という企業のWeb担当者様向けに、「ドメインパワーの上げ方」について解説していきます。

SEO対策で重要なドメインパワーとは

SEO対策で重要なドメインパワーとは

そもそもドメインパワーとは、サイトが持っているドメインがGoogleの検索エンジンからどの程度の評価を得ているかを指す言葉です。

もっと簡潔に表すと、「ポケモンのレベル」と同じ「サイトのレベル」です。

ドメインパワーは、Web上にあるすべてのWebサイトと相対的に比較して、Webサイトの信頼性を数値化したものになります。

ドメインパワーの数値が上がると、それと同時にメリットも大きくなります。

例えば、そのサイトで新規に作成したページの検索順位にも良い影響を与えます。

ドメインパワーがSEOにおいて強力な武器になるのは確かですが、

「誰でも簡単にドメインパワーの数値を上げられる!」

というわけではありません。

数年前まで使われていた裏技的な手法も通用しなくなり、正しく効果的なSEO対策ができなければ、ドメインパワーを上げることは難しくなりました。

ただ、ドメインパワーを上げる方法はシンプルで、誰でも実行可能です。

ドメインパワーを上げるメリット3選

ドメインパワーを上げるメリットドメインパワーが高いサイトは、Web上で圧倒的に有利になります。

中古ドメインを買わない限り、始めのうちはドメインパワーが極端に低い状態が続きます。

しかし、諦めずにSEO対策を続けることで、確実にドメインパワーを上げることが可能です。

ここからドメインパワーを上げるには、いくつか条件をクリアする必要があり、難易度も高いのが事実です。

ドメインパワーが高ければ、同じ程度のレベルで作られる他社のページよりも上位表示される可能性が高くなる

このようにメリットが大きいです。

では具体的にどんなメリットがあるのか、それぞれ解説していきます。

ドメインパワーを上げるメリット①Google検索で上位表示されやすくなる

サイトがどれくらいGoogleから「信頼」「評価」されているかを数値化したものがドメインパワーなので、数値が高ければ高いほど、上位に表示される確率は上がります。

逆にドメインパワーが低い場合、どれだけ価値のあり良質なコンテンツ(ページ)を作成したとしても、上位表示されない可能性が出てきます。

例をあげると、

  • 楽天
  • Amazon
  • Yahoo

こういった大きなサイトに対して、ドメインパワーの低い弱小サイトが同じキーワードで勝負をしても、検索順位で勝つことは難しいです。

ドメインパワーの数値が高いサイトは、検索エンジンに「信頼」されていることで、優先的に検索エンジン上でアクセスされやすい状況になります。

このため、Google検索で上位表示を狙いたいサイトを持っている場合、ドメインパワーを上げることは絶対に不可欠です。

上位表示することができれば、サイト全体のPV増加にも直結します。

ドメインパワーを上げるメリット②狙ったキーワード以外でも上位表示される可能性が高まる

サイトのドメインパワーが高い場合、狙ったキーワードで上位表示される可能性が高まることに加え、意図的には狙わなかったキーワードでも上位表示されることが起きます。

例えば、

『SEO対策 難しい』

というキーワードで狙ったページが

『SEO対策 難易度』『SEO対策 独学』などの関連キーワードでも、上位表示されるということです。

狙ったキーワード以外でも上位表示されることにより、「売上」「集客」の伸びに直接繋がります。

ドメインパワーの高いサイトはGoogleから高評価されているため、

「このキーワードで検索したユーザーには、信頼しているA社のサイトも表示しよう」

とGoogleが判断してくれるようになるのです。

ドメインパワーはこれほど大きな影響力を持っているため、Webマーケティングに力を入れたい場合、ドメインパワーを無視することはできません。

ドメインパワーを上げるメリット③検索エンジンにインデックスされるまでの時間が短縮される

ドメインパワーが高く、Googleから「信頼」を獲得したサイトであれば、検索エンジンにインデックスされるまでの時間が短くなります。

このため、検索上位に表示されるまでのスピードが早くなります。

立ち上げたばかりでドメインパワーの低いサイトは、Googleからの「信頼」がないため、検索エンジンがサイトをインデックスするのを後回しにする傾向にあります。

Webマーケティングにおいて、PDCAをなるべく早く回すことが結果に繋がるため、ドメインパワーの存在がとても大きいです。

  1. サイト・ページを作成
  2. 分析をする
  3. 改善する

この2→3のフェーズを素早くできれば、より良い結果を出すことができる確率が高まります。

できる限りドメインパワーの数値を上げ、PDCAを高速に回していくのがベストです。

正しいドメインパワーの上げ方4選

正しいドメインパワーの上げ方

結論としては、それぞれのSEO対策を確実に行うことが、ドメインパワーを上げる1番の近道です。

Googleからの「信頼」を獲得し、ドメインパワーを上げる方法はいくつかあります。

すぐに実践できる方法もあるので、できることから地道にやっていきましょう。

ドメインパワーの上げ方①:コンテンツ記事を増やす

一つ目は、サイトの記事数(コンテンツ)を増やすことです。

コンテンツが豊富なほどGoogleからの評価も上がり、ドメインパワーを上げるためには不可欠です。

ただし、闇雲に低品質なコンテンツを増やしたとしても、

「このサイトはユーザーにとって有益ではない」

とGoogleから判断され、逆効果になってしまいます。

実際にコンテンツを追加するたびに、「Googleが掲げる10の事実」を思い出しましょう。

  1. Focus on the user and all else will follow.(ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。)
  2. It’s best to do one thing really, really well.( 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. Fast is better than slow.(遅いより速いほうがいい。)
  4. Democracy on the web works.(ウェブ上の民主主義は機能する。)
  5. You don’t need to be at your desk to need an answer.(情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。)
  6. You can make money without doing evil.(悪事を働かなくてもお金は稼げる。)
  7. There’s always more information out there.(世の中にはまだまだ情報があふれている。)
  8. The need for information crosses all borders.(情報のニーズはすべての国境を越える。)
  9. You can be serious without a suit.(スーツがなくても真剣に仕事はできる。)
  10.  Great just isn’t good enough.(「すばらしい」では足りない。)引用元:Ten things we know to be true|Google

特に、1つ目の

「Focus on the user and all else will follow.(ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。)」

の部分は最も重要視するべき点です。

どんなことがあっても、まずはユーザーを第一に考えたコンテンツを作る必要があります。

なぜなら、Googleの検索エンジンを使うユーザーはGoogleという一企業のお客様だからです。

良質でユーザーにとって価値のあるコンテンツ(記事)を追加していくことで、ドメインパワーも上がっていきます。

ドメインパワーの上げ方②:アクセス数を増やす

ドメインパワーを上げる方法の一つとして「アクセス数を増やす」ということも挙げられます。

アクセス数が多いサイトということは、Googleから「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」と評価されるためです。

Googleが掲げる10の事実」の1つ目にある、

Focus on the user and all else will follow.(ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。)

言い換えると、「ユーザーに焦点を絞ったコンテンツであれば、自然にアクセス数は増える」ということです。

アクセス数を増やす手段として、

  • 「興味を引くタイトルをつける」
  • 「SNSで拡散する」
  • 「サイトの表示スピードを改善する」

など様々です。

ドメインパワーの上げ方③:被リンクを獲得する

被リンクの数が多いサイトは「信頼」があり「価値」のあるサイトと評価され、ドメインパワーも上がる傾向にあります。

被リンクの数が多いサイトというのは、それだけユーザーからの指示を集めている良質なコンテンツが多いサイトと言えるのです。

ただし、質の低い悪質なサイトからの被リンクでは逆効果になります。

外部施策においての被リンク獲得は、良質なサイトからの被リンクが前提です。

過去によく使われたいた手法で、サテライトサイトを多数制作して自作の「被リンク対策」を実施するというものがありましたが、今ではペナルティを受ける可能性があります。

もちろん被リンクは外部からのリンクであるため、自分から意図して集めることはできません。

これも、「Googleが掲げる10の事実」の「Focus on the user and all else will follow.」に繋がってきます。

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作れば、被リンクはあとから自然についてくるのです。

良質な記事を作成し、ユーザーから適切に評価されるのを待つのが正しい手法です。

  1. 良質でユーザーにとって有益なコンテンツ(サイト)を作る
  2. アクセスを集める
  3. 被リンクを獲得する

ドメインパワーを上げるまでの順序はこのようになります。

ドメインパワーの上げ方④:長期間サイトを運営し更新し続ける

長期間サイトを運営することもドメインパワーを上げる方法の一つです。

サイト自体の運営歴が長いほど、Googleから良い評価を受ける傾向があるためです。

運営歴の長さは検索順位に影響しないと言われていますが、ドメインパワーへの影響はあるとされています。

運営歴の長い中古ドメインを使い、すぐに上位表示を狙うという手法もあります。

長期間サイトを運営しながら、サイトのコンテンツ(ブログ)も更新し続けることが重要になります。

たとえ質の高いコンテンツを保持していても、更新頻度が極端に少ないと、Googleから評価されれにくくなります。


Google検索を利用するユーザーが求めているのは、古い情報よりも常に新しい情報です。

可能であるならば、「毎日更新」する意識でサイトを運用すれば、ドメインパワーへの影響も良いでしょう。

毎日更新は難しいとしても、月に1〜4回はサイトを更新すしコンテンツを追加するとGoogleからの評価も良い傾向にあります。

ドメインパワーを上げるのに必須なツール3選

ドメインパワー測定ツール3選

ドメインパワーを上げるためには、定期的に数値を測定する必要があります。

ドメインパワーを上げる対策をする前に、まずは自サイトのドメインパワーの数値を確認しましょう。

ドメインパワーは1から始まり、100が最大値です。

  1. MOZ
  2. Ahrefs
  3. パワーランクチェックツール

今回は、上記の3つを紹介します。

MOZ【無料】

MOZはアメリカの企業が開発したドメインパワー測定ツールです。

ドメインパワーだけでなく、

  • 被リンクの調査
  • キーワード分析

などもできるため、SEO対策には必須のツール。

月に10URLまでという制限がありますが、自社のドメインパワーに加えてライバルのサイトのドメインをいくつか調べたいのであれば、無料アカウントでも問題ありません。

1.まずはMOZにアクセスし、アカウントを作成します。

※クレジットカードや請求先住所の入力をしてアカウント登録を行うと、有料版の機能がすべて使える30日間の無料体験が可能になります。クレジットカードや請求先住所を未入力でアカウント登録をおこなった場合、一部有料版の機能が使用できない制限が設けられます。

 

2.アカウント登録が完了したら、Link Explorerの中央にあるURL欄にWebサイトのURLを入力して「search」をクリックします。

3.検索結果の「AUTHORITY」の項目にある「DOMAIN AUTHORITY」に表示された数字が、サイトのドメインパワーを示す数値です

Ahrefs【有料】

Ahrefsはシンガポール発の企業が開発し、世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。

ahrefsを使っていればSEOツールは他にはいらないと言えるほど、機能が豊富に揃っています。

1.まず、ahrefsにアクセスをし、有料アカウントを登録します。

2.登録したアカウント情報を入力し、「Sign in」をクリックしてログインします。

3.左の赤枠に、サイトのドメイン(URL)を入力し、検索をかけます。

4.結果は以下のように表示されます。「DR」の数値がドメインパワーです。

※100が最高評価で、1が最低評価となります。

数値の目安は、Mozと同様のイメージです。

パワーランクチェックツール【無料】

パワーランクチェックツールは、株式会社アクセスジャパンが提供するSEOツールです。

無料で利用できますが1日1回しか使えないため、頻繁にドメインパワーを確認したい人はMOZのほうが使い勝手が良いです。

数値は「19.9」など、細かく測定することが可能なので、一度は使ってみることをオススメします。

 

1.まず、パワーランクチェックツールにアクセスします。

2.サイトのドメイン(URL)を入力し、「チェック」を押します。

3.結果は以下のように表示されます。

ドメインパワーを上げても上位表示が保証されるわけではない

ドメインパワーを上げても上位表示が保証されるわけではない

ドメインパワーの数値は参考程度にしておき、数値を過信しないように注意するべきです。

ドメインパワーが上がったからといって、必ず検索上位に表示されるというわけではありません。

逆に、ドメインパワーの低い記事でも、上位表示されていることは普通に起こり得ます。

もちろんドメインパワーが高いほど検索上位に表示されやすくなることは事実です。

まずは、「Googleが掲げる10の事実」の1つ目の

「Focus on the user and all else will follow.(ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。)」

この言葉を第一に意識し、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作ることが最も重要です。

ドメインパワーが高いからといって、手を抜いたコンテンツを作って上位表示させても、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。

この結果、そのサイトはGoogleから低評価され、検索順位が下がることも起こり得ます。

まずは、「ユーザーファースト」を優先的に考え、コンテンツを作成していきましょう。

まとめ:基本的なSEO対策がドメインパワーを上げる1番の近道

まとめ:基本的なSEO対策がドメインパワーを上げる1番の近道

ドメインパワーを上げるためには、日々の地道な作業が必要となります。

比較的に時間もかかりますが、継続してSEO対策を行うことで、ドメインパワーを上げていくことができます。

最近では「指名検索」もGoogleが重要視してきているため、「指名検索」の数値も意識することをオススメします。

 

「内部施策」「外部施策」「Webライティング」この3つを徹底的に行うことがドメインパワーを上げる1番の近道になります。

Focus on the user and all else will follow.

この言葉の通り、「ユーザーに焦点を絞れば他のものはみな後からついてくる」と考えつつ、コンテンツ(記事)を追加していきましょう。

実際にドメインパワーを上げようとしても、

「なかなか効果がでない」

「自社でやるのは難しい」

とお悩みの方には、SEOに強い記事制作も可能なWEBMARKSがおすすめです。

≫WEBMARKSに無料相談する

この記事を書いた人
Hikasa Rintaro
Hikasa Rintaro
学生時代に海外留学、プログラミング、ブログ、サーフィンなど様々なことに挑戦。これらの経験を基にブログに挑戦し、Webマーケティングに興味を抱く。現在は個人メディア(https://www.rinchanblog.com/)を運用&WEBMARKS『オンラインWebマーケター育成プログラム』第1期生としてWebマーケターを目指し活動中。
このライターの記事を見る
TOP