Webライティング

WEBライティングには書き方のルールがある?最短で上達する鉄則3選

ライティング技術を学ぶ若者

ライターとして執筆業務を請け負いながら、「なかなか文章が書けない」という方も多いのではないでしょうか?

そんな方々は第一に、ライティングのルールを抑えてしまうことをおすすめします。

良い文章と、初心者が書いてしまいがちな文章の違いを明確にするだけで、スラスラとライティングを進められるようになるはずです。

この記事では、執筆がなかなか進まないライターに向けて、最短で上達する3つの書き方の鉄則を紹介します。

なかなか執筆が進まないライターは、真っ先に書き方の鉄則を抑えるだけでスラスラ書けるようになる

WEBライティングの書き方にはルールがある?

ライティングの正しい書き方を実践するライター

なかなか執筆が進まないという方は、第一にライティングにはルールがあることから理解していきましょう。

ライターとしての活動をはじめたばかりのころは、ついつい「自分の表現をしよう」「自分だけの文章を書こう」と考えてしまいがちです。

しかし、残念ながらおよそ100本くらいの文章を執筆してみない限り、自分らしくわかりやすいライティングを行うのは困難です。

まずは自分の頭で考えるのではなく、これから紹介するライティングにおける書き方の鉄則を把握し、忠実に再現することをおすすめします。

WEBライティングにおける書き方の鉄則を3つ厳選して解説

ここからはWEBライティングにおける書き方の鉄則を、3つ厳選して解説していきます。

ほかのコンテンツにはない情報を網羅することももちろん重要ですが、書き方の鉄則を網羅するだけで、文章のわかりやすさが格段にアップします。

ライティングにはターゲットとするユーザーを明確にしながら、助長な文章になってしまわないような気遣いを意識することが重要です。

書き方の鉄則1、どんなユーザーに向けた文章なのかを明確にする

ライティングにおける1つ目の鉄則が、どんなユーザーに向けた文章なのかを明確にすることです。

特に1つのコンテンツを2,000〜3,000文字で仕上げることの多いWEBライティングでは、導入部分でユーザーが「自分の疑問を解消してくれる」と期待することが重要です。

そして、どんなユーザーが読むべき文章なのかを明確にしていれば、ユーザーが導入部分で読むのをやめてしまう離脱を防ぐことができます。

例)執筆が思うように進まないライターは必見です!

わかりやすい文章の書き方を知りたい方へ、3つのコツを紹介します。

書き方の鉄則2、です・ますは3回以上連続させない

ついつい1つのコンテンツに情報をたくさん盛り込んでしまいがちですが、です・ますを3回以上連続させないことも重要なポイントです。

基本的にライティングでは「です・ます調」で執筆をおこないますが、3回に1回は語尾を変える工夫をするだけで、読みやすいと感じるリズムを作り出せます。

「〜〜です」「〜〜ます」だけでは単調に感じてしまうライティングも、語尾に気を配るだけで理解のしやすさが格段にアップします。

ライターとしての活動をはじめたばかりのころは、ついつい「自分の表現をしよう」「自分だけの文章を書こう」と考えてしまいがちです。

しかし、残念ながらおよそ100本くらいの文章を執筆してみない限り、自分らしくわかりやすいライティングを行うのは困難です。

まずは自分の頭で考えるのではなく、書き方の鉄則を把握することが重要です。

書き方の鉄則3、1文は100文字以内に留める

クライアントによってもルールはさまざまですが、1文を100文字以内に留めることもわかりやすい文章を作成する鉄則です。

特に「〜〜なので」「〜〜ですが」といった接続詞を多用してしまうと、文章が繋がってしまい、ダラダラとわかりにくくなってしまいます。

「〜〜なので」「〜〜ですが」といった接続詞を使わず、「そのため」「しかし」といった接頭語に置き換えれば、1つの文章を100文字以内に留めることができます。

ライターとしての活動をはじめたばかりのころは、ついつい「自分の表現をしよう」「自分だけの文章を書こう」と考えてしまいがちが、残念ながらおよそ100本くらいの文章を執筆してみない限り、自分らしくわかりやすいライティングを行うのは困難です。

さらに文章の書き方を知りたい方はこちらもチェック!

SEO対策に効果的な文章の書き方とは?6つのポイントをご紹介

キーワードの選定方法を知りたい方はこちらもチェック!

【キーワード選定方法】ヒントは日常の生活や体験に隠れています!

WEBライティングにおける書き方は書籍から学ぶのがおすすめ

ライティングの書き方を調べるライター

最後に、ライティングにおける書き方を学ぶ方法を紹介していきます。

最近はWebコンテンツで簡単にライティングのテクニックをチェックできるようになりましたが、もっともおすすめの方法は書籍から学ぶというものです。

書籍にはお金をかけなければいけない、著者の顔が見えるというWebコンテンツとの違いがあり、「しっかり学ぼう」という意識のあるライターしかチェックしません。

誰でも確認できるWebコンテンツではなく、書籍から必要な情報をチェックすることでなかなか手にできない確かなノウハウを獲得できるでしょう。

おすすめの書籍1、頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書(秀和システム出版・吉見夏実著)

おすすめの書籍1、頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書(秀和システム出版・吉見夏実著)

おすすめの書籍2、新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング(インプレス出版・唐木元著)

おすすめの書籍2、新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング(インプレス出版・唐木元著)

まとめ

正しいライティングの書き方を実践するライター

「なかなか執筆が進まない」というライターは、第一にライティングの鉄則を理解することをおすすめします。

あまり執筆経験のない初心者ライターほど、1から自分の文章を作成しようとしてしまいがちですが、わかりやすい文章には共通点があります。

今回紹介したターゲットを明確にする、です・ますを繰り返さない、1文を100文字以下にするという3つの鉄則を守るだけで、わかりやすい文章を書けるようになるはずです。

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST