【Google公表】記事を分割するより、大きい記事を作ることが大切!

SEO対策

記事を作成する際に、小さい記事を多く入れるのが良いのか、大きい記事を入れた方が良いのか迷ったことはありませんか?

結論から述べると、グーグルで推奨されているのは記事を分けるより大きい記事を入れることです。

それでは、グーグルからのメッセージをご紹介します。

今回ご紹介する内容は、以下の記事を参考に意見を示しています。
https://www.seroundtable.com/google-stronger-page-smaller-pages-25579.html

グーグルは大記事の作成を推奨している

基本的にグーグルのスタンスとしては、小さい記事を多く入れるよりも、まとまった大きい記事を入れることを推奨しています。

理由は、大きい記事をいくつかの記事に分割してしまうと、グーグルが記事のターゲットや意義を正確に理解できなくなってしまうからです。

また、1つの記事をいくつかに分割した場合では、ユーザーは何回も別の記事を見なければなりません。

こういった、ユーザーに手間や時間をかけさせる記事は、グーグルの求めるものではありません。

一方、大きな記事で内容をまとめておけば、必然的に記事の内容も厚みが増して、あらゆるユーザーのニーズに応えられる可能性が高くなります。

また、記事の目次も増えるので必要な情報だけをパッと見ることもできます。

そのため、グーグルとしてはいくつかに分割されている記事よりも、大きな記事を評価しているのです。

この記事を書いた人
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
このライターの記事を見る
TOP