リスティング

【まとめ】Googleでリスティング広告を行う際に知っておきたいこと!

Google広告に関する記事のアイキャッチ画像

リスティング広告を出稿したいと考えた際に利用できるサービスはGoogleとYahoo!の2社が考えられます。

どちらのサービスも高い広告効果が見込めますが、利用者が増えているのはGoogleのリスティング広告です。

この記事では、Googleでリスティング広告を出稿する前に知っておきたいことやGoogleのリスティング広告のメリット、広告を運用する際の具体的な手順について解説していきます。

この記事がこれからGoogleでリスティング広告を出稿しようと考えている方の参考になれば幸いです。

Googleで広告出稿をする前に知っておきたいこと

リスティング広告をGoogleで準備する際のポイントを解説Googleでリスティング広告をしようと考えた際に知っておかなければならない点があります。

まずは、Google広告の種類や広告の掲載場所、GoogleとYahoo!のリスティング広告の掲載場所の違いを説明します。

Google広告の種類に関して

Googleの広告ネットワークの種類は大きく分けると2つあります。

1つ目は検索連動型広告です。これはGoogleでの検索結果であったり、検索パートナーサイトへ掲載される広告のことです。

リスティング広告の検索連動型広告の解説画像

多くの方がリスティング広告と聞いて思い浮かぶものであり、指定したキーワードに対して広告を表示させることができます。

Google広告の2種類目はGoogleディスプレイネットワーク広告です。

これはGoogleが提供している関連ネットワークのことで、パートナーサイトやYouTube、関連サイトで表示される広告のことを指します。

Googleで広告出稿する際には、この2種類のネットワーク上に広告を表示させることができます。

リスティング広告の掲載場所の種類は?

リスティング広告のネットワークは大きく分けると2つですが、掲載場所は3つあります。

1つ目はキーワードターゲットです。これは上記で記述した通り、指定したキーワードに対して広告が表示されるもので、検索連動型広告と呼ばれます。

2つ目は設定したキーワードに基づき、広告に関連するウェブページやニュースレターなどに表示される広告になります。

リスティング広告のディスプレイ広告の説明画像広告が掲載される関連サイトについてはGoogleが判断して広告表示される形になります。

3つ目はプレースメントターゲットと呼ばれる種類の広告です。これは、Googleディスプレイネットワークの中から自分が広告を掲載したいサイトを個別に選択することができます。

Google広告内にはプレースメントツールがあり、キーワードから連想されるプレースメント候補の表示が可能となります。

GoogleとYahoo!でリスティング広告を掲載する際の違い

リスティング広告を取り扱っている最も有名なサービスはGoogleとYahoo!ですが、この2つのサービスには違いがあります。

各プラットフォームを利用している年齢層の違いや広告表示される際の文字数の違いはありますが、最も大きな違いは広告が表示される提携サイトの違いです。

検索連動型の広告はそれぞれの検索エンジンの上位に表示されるという違いのみですが、コンテンツ連動型の広告は掲載される場所の内容が大きく異なります。

<Google>

YouTube、食べログ、アドセンス広告がついているサイト

<Yahoo!>

大手新聞社のウェブサイト、プロバイダ系のポータルサイト

そのほか、Googleであれば、アクセス分析のサービスであるGoogle AnalyticsやGoogle Tag Managerなどが利用できるというメリットがあります。

広告を掲載させたいサービスを十分に比較し、どちらのサービスを利用するのか判断することが重要となります。

リスティング広告の入札の仕組みの解説記事はこちらから

リスティング広告の入札の仕組みを解説!入札単価と戦略の決め方も

Googleでリスティング広告を掲載するメリットは?

リスティング広告をGoogleで行うメリットの解説画像Googleのリスティング広告は柔軟に広告出稿をすることができ、利用者には様々なメリットがあります。

ここでは予算やターゲッティングを中心に最も大きなメリットを3つ紹介していきます。

低予算でも広告出稿を行うことが可能

Googleのリスティング広告は低予算で広告出稿を行うことが可能な点が大きなメリットです。

あなたが設定した金額に到達すると自動で広告の出稿が止まるため、低予算で広告のテストを実施することも可能です。

また、広告の課金方法についてはクリック課金方式となっています。

クリック課金に関する説明画像

そのため、広告が表示された段階では金額は一切発生せず、クリックされて初めて金額を支払う必要があります。

また、キーワードプランナーを利用すれば事前にクリック単価が把握でき、広告出稿前に広告費をシミュレートしてくれるので安心してリスティング広告を利用することができます。

ターゲットの絞り込みが可能であり、ターゲットユーザーだけにリーチ可能

Googleでリスティング広告をする際のメリットの2つ目は、ターゲットの絞り込みを細かく行うことが可能である点です。

広告出稿の際にはキーワードを細かく選定することができますし、提携ウェブサイトの内容を指定することができます。

大阪 レストラン

大阪 レストラン デート

上記のキーワードを比較すると検索者の意図が全く異なることが分かります。

カップルがターゲットのレストランからすると「デート」のキーワードを入れて検索することでよりターゲットに近い人物にアプローチが可能となります。

細かいターゲティングが可能という点はGoogleでリスティング広告をする際の大きなメリットになります。

ターゲッティングを行う基本のペルソナ設定に関する記事は下記から

【最新版】ペルソナ(ターゲット)の設定方法!集客したいなら必ず学ぶべし

地域や時間帯を決めて広告出稿が可能

Googleでリスティング広告をする際のメリット3つ目は、地域や時間帯を決めて広告出稿が可能となる点です。

地域の指定が可能ということから、店舗を構えているお店も利用しやすいサービスになっており、特定の地域周辺の人だけに広告を表示させることができます。

また、時間指定で広告配信が可能という点もメリットです。

例えば、サラリーマンに対してリーチしたい商品がある際には、通勤時間である朝7時~10時までの間と18時~20時の間だけ広告出稿をするということも可能です。

地域指定と時間指定が可能という点はリスティング広告のメリットとなります。

Googleリスティング広告実践編

リスティング広告におけるGoogle広告のトップ画面の画像Googleでリスティング広告をする際のメリットについてみてきましたが、ここでは具体的なキャンペーンの作成から広告の作成までの具体的な方法を解説していきます。

また、実際にリスティング広告を始める際にどれだけの予算を確保すると効果が分かるのかについてもあわせて説明します。

リスティング広告のキャンペーン作成の方法まとめ

Googleでリスティング広告を実施する場合にはまず、キャンペーンの作成を行う必要があります。

リスティング広告googleキャンペーンの作成画面の画像新しいキャンペーンの作成というボタンを押すと広告設定の画面に移動し、どのタイプの広告を出稿するのかを選択します。

その後、広告グループの設定画面に移動することができます。

広告の種類を選択した後は具体的な広告の設定に移ります。まずはキャンペーンの設定を行い、ターゲットの絞り込みや、予算はどれだけ確保するのかについて設定していきます。

Googleリスティング広告のキャンペーン作成の解説画像

キャンペーンの作成が完了したら、次は広告グループの作成です。広告グループの作成の際に行うのは出稿するキーワードの選定です。

広告グループ毎にキーワードを設定することができ、キーワードの候補なども表示されます。

Googleリスティング広告のキーワード登録画面の画像広告グループでキーワードの設定が終わると最後に広告の文章やクリック先のURLの設定を行います。

広告の文章は複数作成することができるためクリック率のテストも実施できます。

Googleのリスティング広告における広告文の作成画像広告の作成まで完了すれば、後は広告が表示されるのを待つのみです。

広告が表示されるようになってからは広告のクリック率や商品の成約率など数字を分析して、都度広告設定を変更するようにしましょう。

Googleのリスティング広告を利用する際の予算に関して

リスティング広告を初めて利用するという場合はテストの意味も含めて少ない予算から広告運用してみることをおすすめします。

具体的な金額に関しては5~10万円が良いです。

この金額であれば実際にインプレッション数に対して、どれだけクリックされるのか計測するには十分です。

いきなり大きな予算を割くのではなく、少ない予算から広告運用をすることができる点はGoogleでリスティング広告を行う際の大きなメリットとなっています。

まとめ

Googleでリスティング広告をする際のまとめ

この記事ではGoogleでリスティング広告をする前に知っておいた方が良いことや、Googleでリスティング広告を実施するメリット、実際に広告出稿するまでの手順についてみてきました。

Google広告には検索連動型広告とディスプレイ広告があり、どちらもGoogleの広告システムである「Google広告」から広告出稿が可能です。

また、広告の作成も簡単であり、予算が少なくても広告掲載が可能という点やターゲットを細かく設定できるというメリットがあります。

これからリスティング広告を運用しようと考えている方は、Googleのリスティング広告運用を検討してみることをおすすめします。

広告予算に関するマーケティングの基本の関連記事は下記リンクから

トリプルメディアとは!?WEBマーケティングの基本を解説!

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST