アクセス分析

【アクセス解析】Googleアナリティクスのトラッキングコード設置方法を解説

【アクセス解析】Googleアナリティクスのトラッキングコード設置方法を解説

Googleアナリティクスでは、訪問者数や検索キーワードなど、Webマーケティングに必要なアクセスデータを解析することができます。

ただし、アクセス解析をするためにはGoogleアナリティクスより発行されるトラッキングコードをサイトに設置する必要があります。

そこで今回の記事では、以下の方法についてご紹介していきます。

  • Googleアナリティクスとサイトの一般的な連携について
  • WordPressサイトと簡単に連携する方法

Googleアナリティクスのトラッキングコードとは

Googleアナリティクスのトラッキングコードとは

トラッキングコードとは、Googleアナリティクスでデータを正確に計測するのに必要不可欠なものです。

ページに遷移してくるユーザー数やPV数などのアクセス解析をしたい場合は、それぞれのページにトラッキングコードを設置する必要があります。

このトラッキングコード中の計測データ設定・送信の部分に大きく関わってくるのが、トラッキングIDです。

トラッキングIDは主に「UA-123456XXX-1」のような文字列になっています。

基本的なトラッキングコードの設置方法

基本的なトラッキングコードの設置方法

ページのアクセス解析を行うためには、データの送受信に関わってくるトラッキングコードをサイトに設置する必要があります。

それではページのアクセス解析をしていくため、基本的なトラッキングコードを設置するための手順を紹介します。

実際の画面を見ながら説明していくので、一緒に操作しながら見ていくと分かりやすいですよ。

トラッキングコードを発行する方法

新たにアクセス解析をするサイトを追加する場合、トラッキングIDを発行する必要があります。

それでは、新しいサイトをGoogleアナリティクスへ登録してトラッキングコードを発行する方法について説明していきます。

①Googleアナリティクスの「管理」から「プロパティ作成」

Googleアナリティクス管理画面

Googleアナリティクス画面の左下にある「管理」画面から、「プロパティ作成」をクリックします。

②アクセス解析するサイトの情報を入力

まずは、「ウェブ」を選択します。

Googleアナリティクスのプロパティ作成1

次に、アクセス解析をしたいサイトの名前と、URLを登録します。
(サイトの名前とURLは後からでも変更できますので、決まっていない場合は仮の名前を登録しておきましょう。)

Googleアナリティクスのプロパティ作成2

情報を入力したら、「作成」をクリックします。

③トラッキングコードの発行

②が完了すると、トラッキングコードが発行されます。

トラッキングコードの確認

左上に表示されている「UA-123456XXX-1」のような文字列が、トラッキングIDとなります。

また下の赤枠で囲まれている文字列が、トラッキングコードとなります。

トラッキングIDとトラッキングコードが、アクセス解析するための設定に必要となってきます。

トラッキングコードを確認する方法

すでにGoogleアナリティクスにサイトを登録した人で、トラッキングコードをもう一度確認したい場合のトラッキングコードの確認方法について紹介していきます。

*該当しない方は読み飛ばして頂いて大丈夫です。

以下の方法で簡単にトラッキングコードを確認できます。

  1. Googleアナリティクスの管理画面を開く
  2. プロパティの下の「プロパティ設定」をクリック
  3. トラッキングコードを確認
トラッキングコードの確認

これで、選択したサイトのトラッキングコードを確認することができます。

トラッキングコードを設置する方法

ここまで、Googleアナリティクスに登録したサイトのトラッキングIDの取得方法について説明してきました。

アクセスを解析するためには、トラッキングコードを各ページに埋め込む必要があります。

ここからは、基本的なトラッキングコードの埋め込み方について説明していきます。

トラッキングコードの確認の仕方は、以下となります。

  1. Googleアナリティクスの管理画面を開く
  2. プロパティの下の「トラッキング情報」を選択
  3. 「トラッキングコード」をクリック

下記のようなトラッキングコードが表示されますので、こちらをコピーします。
(こちらはサンプルですので、ご自身のページのトラッキングコードをコピーしてください。)

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-123456XXX-1

window.dataLayer = window.dataLayer || [];
function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
gtag(‘js’, new Date());

gtag(‘config’, ‘UA-123456XXX-1’);

このトラッキングコードを、解析したいページのHTMLにある</head>の直前に追加することで、ページのアクセス解析がされるようになります。

WordPressでトラッキングIDを設置する場合

WordpressでトラッキングIDを設置する場合のイメージ画像

基本的なトラッキングコードの設置方法について説明しましたが、HTMLを編集するのは少し難しいという方も多いと思います。

WordPressでは、Googleアナリティクス初心者向けに、簡単にGoogleアナリティクスとサイト全体を紐付けられる方法があります。

ここでは、「ALL in One SEO」というプラグインを使ったGoogleアナリティクスとの紐付け方について説明していきます。

「ALL in One SEO」は、SEO関連の拡張機能が簡単に設定できるプラグインです。

ALL in One SEOをインストールする

インストールの手順は、以下の通りです。

WordPressの管理画面の左側にあるメニューから、

・「プラグイン」→「新規追加」をクリック
・右上の検索窓から「ALL in One SEO」を検索

all in one seoプラグイン

すると、色々なプラグインが表示されます。
名前が似ているけど、違うプラグインなものもあるので気をつけてくださいね。

  • 表示された「ALL in One SEO」の「今すぐインストール」をクリック
  • インストールが完了したら「有効化」をクリック

これでインストールは完了です!

トラッキングIDを登録する

次に、「ALL in One SEO」にサイトのトラッキングIDを登録していきます。

インストールが完了すると、Wordpress管理画面の左上に「ALL in One SEO」が表示されていると思います。

その中の一般設定(もしくは「General Setting」)をクリックします。

all in one seoの一般設定

すると、色々な設定ができる画面が出てくると思います。

下にスクロールしていくと、「Google設定」(もしくは「Google Settings」)というエリアがあります。

このエリア中に「GoogleアナリティクスID」がありますので、ここにサイトのトラッキングIDを入力します。

all in one seoのgoogle設定

入力が完了したら、必ず画面一番下にある「設定を更新」をクリックしてください。

以上で、Googleアナリティクスとの連携が完了しました!

これで、サイトのアクセスデータがGoogleアナリティクスで反映されるようになります。

まとめ

サイトのアクセス解析をしたい方向けに、以下についてご紹介してきました。

  • GoogleアナリティクスのトラッキングIDとトラッキングコードの取得の仕方
  • トラッキングコードの設置場所
  • WordPressにおけるトラッキングIDの設置方法

SEOを意識したWebサイト運用には、サイトのアクセス解析が必要不可欠です。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDは必ず必要となってくるので、覚えておいて損はないでしょう。

初心者でも分かる!SEOについての解説はこちら
SEO対策って一体何なの?初心者でもわかるように解説します!

SEO対策で効果が出るまでの期間についての解説はこちら
SEO対策の効果が出るまでの期間は?効果が出ない場合の対策も解説!

【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST