アクセス分析

Googleアナリティクスの利用規約を確認!サイトに記載するべきこと

Googleアナリティクスの利用規約をどう記載すればいいのか?

「Googleアナリティクスの利用規約って何が書いてあるの?」「サイトを運営している人がやらなければいけないことって何だろう」

今回は、こういった疑問を持っている方へ、Googleアナリティクスの利用規約の内容と、サイトやブログを運営する上でするべきことをご紹介していきます。

Googleアナリティクスの利用規約に書かれていることを守っているメディアは、実はあまり多くないのが現実です。

この記事を読んだあなたは、Googleアナリティクスの利用規約を守り、正しくGoogleアナリティクスを利用するようにしましょう。

そもそもGoogleアナリティクスをどうやって導入すればいいのか、詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:【アクセス解析】Googleアナリティクスのトラッキングコード設置方法を解説

Googleアナリティクスの利用規約を確認

Googleアナリティクスの画面

Googleアナリティクスの利用規約の内容のうち、サイトの運営者が必ず確認しておくべきポイントがあります。

それは、Googleアナリティクスのサービス利用規約の「7.プライバシー」の項目に書かれています。

7. プライバシー
お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、ユーザーからの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで Cookie の使用、モバイル デバイスの識別情報(Android の広告識別子、iOS の広告識別子など)、またはデータの収集に使われる類似の技術について必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても開示する必要があります。こうした情報を開示するには、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ(www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/ または Google が随時提供するその他の URL)へのリンクを⽬立つように表示します。お客様は、本サービスに関連してユーザーのデバイス上で Cookie やその他の情報を保存、アクセスする行為が発生し、かかる行為に関する情報の提供とユーザーからの同意が必要であると法律で定められている場合には、ユーザーに明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るための商業上合理的な努力を払うものとします。

参考:Googleアナリティクス利用規約

上記の内容から要点を抜粋すると、サイト運営者は以下のポイントを守らなければならないということがわかります。

  • Googleアナリティクスを使用していることを記載する
  • どのようにデータを収集し処理しているかを記載する
  • データを収集するためにcookieを使用していることを記載する
  • cookieを使用することをユーザーに承諾を得る

サイトのユーザーは、自分のデータがどのように扱われているのかわからないので、そこを明示しておくことが大切です。

あなたのサイトをユーザーが安心して利用できるように、Googleアナリティクスの利用規約は必ず確認しておきましょう。

利用規約に従ったプライバシーポリシーの記載方法

Googleアナリティクスの利用規約

Googleアナリティクスを使用して、サイト上でユーザーの行動情報を集めている場合、必ずプライバシーポリシーを記載しなければなりません。

実は、多くのサイト運営者が記載していなかったり、正しく記載できていなかったりするので、一度記載方法を確認しておきましょう。

では、実際に具体例を見ながら記載しなければいけない項目をチェックしていきます。

*Google Analyticsについて
当社のいくつかのページでは、お客様の本サイトの訪問状況を把握するためにGoogle 社のサービスであるGoogle Analyticsを利用しています。当社のサイトでGoogle Analyticsを利用しますと、当社が発行するクッキーをもとにして、Google 社がお客様の本サイトの訪問履歴を収集、記録、分析します。当社は、Google 社からその分析結果を受け取り、お客様の本サイトの訪問状況を把握します。Google Analyticsにより収集、記録、分析されたお客様の情報には、特定の個人を識別する情報は一切含まれません。また、それらの情報は、Google社により同社のプライバシーポリシーに基づいて管理されます。

お客様は、ブラウザのアドオン設定でGoogle Analyticsを無効にすることにより、当社のGoogle Analytics利用によるお客様の情報の収集を停止することも可能です。Google Analyticsの無効設定は、Google社によるオプトアウトアドオンのダウンロードページで 「Google Analyticsオプトアウトアドオン」をダウンロードおよびインストールし、ブラウザのアドオン設定を変更することで実施することができます。なお、お客様がGoogle Analyticsを無効設定した場合、お客様が訪問する本サイト以外のウェブサイトでもGoogle Analyticsは無効になりますが、お客様がブラウザのアドオンを再設定することにより、再度Google Analyticsを有効にすることも可能です。

Google Analyticsの利用規約に関する説明についてはGoogle Analyticsのサイトを、Google社のプライバシーポリシーに関する説明については同社のサイトをご覧下さい。

Google Analyticsの利用規約:
http://www.google.com/analytics/terms/jp.html
Googleのプライバシーポリシー:
http://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/
Google Analyticsオプトアウトアドオン:
https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=ja

参考:プライバシーポリシー : 富士通システムズウェブテクノロジー – Fujitsu

こちらは、「富士通システムズウェブテクノロジー – Fujitsu」がWEBサイトに掲載しているプライバシーポリシーです。

上で説明した記載しなければいけないポイントを、しっかり押さえています。

  • Google 社のサービスであるGoogle Analyticsを利用しています

→Googleアナリティクスを使用していることを記載する

  • 当社が発行するクッキーをもとにして、Google 社がお客様の本サイトの訪問履歴を収集、記録、分析します

→データを収集するためにcookieを使用していることを記載する

  • 分析結果を受け取り、お客様の本サイトの訪問状況を把握します

→どのようにデータを収集し処理しているかを記載する

  • ブラウザのアドオン設定でGoogle Analyticsを無効にすることにより、当社のGoogle Analytics利用によるお客様の情報の収集を停止することも可能です

→cookieを使用することをユーザーに承諾を得る

Googleアナリティクスの利用規約の記載方法がよく分からない方は、このような具体例を参考にしてプライバシーポリシーを設置しましょう。

Googleアナリティクスのプライバシーポリシーについて、詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:【あなたのサイトは大丈夫?】Googleアナリティクスのプライバシーポリシーを解説!

ユーザーへのcookieの使用許諾の取り方

Googleアナリティクスのcookieの使用許諾

Googleアナリティクスの利用規約の記載方法で、特に迷うところがcookieの使用許諾ではないでしょうか?

多くのWEBサイトで使われている使用許諾の取り方は以下の通りです。

ユーザーは、本サイトを利用することでcookieの使用に許可を与えたものとみなします。

基本的には、この記載で問題ありませんが、一方でcookieの許可を取るためのポップアップを表示するWEBサイトもあります。

どちらでも問題ないので、cookieの使用許諾についても必ず取るようにして、利用規約を厳守しましょう。

まとめ:Googleアナリティクスの利用規約を守ってサイトを運営しよう

今回は、Googleアナリティクスの利用規約の内容と、サイトやブログを運営する上でするべきことをご紹介しました。

本記事のまとめは以下の通りです。

  • Googleアナリティクスの利用規約を確認しよう
  • Googleアナリティクスの利用規約を基にしてWEBサイトにプライバシーポリシーを設置しよう
  • cookieの使用許諾は必ず取ろう

Googleアナリティクスの利用規約に書かれていることを守っているメディアは、実はあまり多くありません。

この記事を読んだあなたが、Googleアナリティクスの利用規約を守り、正しくGoogleアナリティクスを利用できれば幸いです。

Googleアナリティクスの運用方法について、さらに詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:自分のアクセスデータを除外!Googleアナリティクスオプトアウトアドオンを解説

関連記事:Googleアナリティクスでコンバージョンを計測する方法とは?

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST