Googleアナリティクス入門:初心者が知っておきたい考え方と見るべき数字

アクセス分析
Googleアナリティクス入門編

「Googleアナリティクスを初めて触るけど、どこから手を付ければ良いの?」「Googleアナリティクスでサイト解析をする上での基本的な使い方を知りたい」

今回はそういった方へ、Googleアナリティクス入門編として、Googleアナリティクスでサイト分析を始める上での基本を分かりやすく説明していきます。

この記事を読めば、Googleアナリティクスで分析をする上での考え方や、まず見ておくべき数値などが分かるようになります。

Googleアナリティクスで分析を始めよう

Googleアナリティクスの画面

Googleアナリティクスを導入したらさっそくあなたのサイトを分析、といきたいところですが、少し立ち止まってみてください。

まずはそもそもGoogleアナリティクスとは何なのか何のためにサイトの解析をするのか分かりますでしょうか?

ここでは、Googleアナリティクスでサイト解析を始める前の事前知識を学んでおきましょう。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、端的に言えばGoogleが提供する無料のサイト解析ツールです。

Googleアナリティクスで分析できるサイトのデータには、以下のようなものがあります。

  • サイトへの訪問者はどれくらいいるのか
  • ユーザーはどんなデバイスを使っているのか
  • どういう経路でサイトにたどり着いたのか

このようなサイトを訪問したユーザーの特徴や行動などを、具体的な数値で確認することができるのです。

サイト運営をする上で必須のツールですし、ほとんどのサイト運営者が導入していますので、まだ利用していない方は導入しておきましょう。

Googleアナリティクスをサイトに導入する方法については、こちらをご覧ください。

関連記事:GoogleアナリティクスをWordPressで導入する方法!設定手順を紹介!

サイト解析の目的とは?

Googleアナリティクスを使用してサイト解析をすることで、サイトを成長させるためのヒントを得ることができます。

なぜなら、Googleアナリティクスで計測されるデータはサイトのユーザーの生の反応が詰まったものだからです。

具体的にはサイトの評価されている部分や、反対にあまりユーザーの役に立っていない部分が浮き彫りになります。

もちろんGoogleアナリティクスを導入しているだけではサイトは良くならないので、使用する側がデータを正しく理解できるようにならなければなりません。

Googleアナリティクスで見るべき数字

Googleアナリティクスのデータ画面

ここではGoogleアナリティクスをサイト解析に利用する上で、必ず見ておくべき数字を説明していきます。

以下ではサイト分析において基本中の基本といえるデータを3つだけ押さえておきましょう。

これらの数値を正しく見ることができれば、あなたのサイトは少しづつ成長していきます

ページビュー(PV)

ページビュー(PV)は、その名の通りサイト内のページがユーザーに見られた回数を表す数値です。

ページビュー(PV)の数値を確認する方法には、主に以下の2通りがあります。

  • サイト全体のPV:[Googleアナリティクス ホーム]→「オーディエンス」→[概要]
Googleアナリティクスサイト全体のPV
  • ページごとのPV:[Googleアナリティクス ホーム]→[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]
GoogleアナリティクスページごとのPV

ページビュー(PV)数はサイトがどれだけ見られているかを端的に表す数値なので、伸ばしておきたい部分です。

ただし、本当の意味でサイトが見られているかどうかを測るには、以下の滞在時間直帰率を組み合わせてチェックする必要があります。

滞在時間

滞在時間とはユーザーがサイト内やページ内にどれだけの時間いたのか、つまりユーザーの熟読度を示す数値であるといえます。

Googleアナリティクスでユーザーの滞在時間をチェックする方法は、以下の通りです。

  • 平均ページ滞在時間:[Googleアナリティクス ホーム]→[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]
Googleアナリティクス滞在時間

ページのPV数がいくら多くても全く読まれていないとなれば意味がありません

ページの滞在時間もPV数と合わせてチェックするようにしましょう。

直帰率

直帰率とは最初に訪れたページだけを見てサイトを離れてしまったユーザーの割合を示す数値です。

Googleアナリティクスで直帰率を確認する方法には、以下の2通りがあります。

  • サイト全体の直帰率:[Googleアナリティクス ホーム]→[ユーザー]→[概要]→[サマリー]
Googleアナリティクスの全体の直帰率
  • ページごとの直帰率:[Googleアナリティクス ホーム]→[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]
Googleアナリティクスのページごとの直帰率

直帰率が高いページはユーザーの関心を捉えていないページといえ、せっかく訪れたユーザーを逃がしてしまっています

直帰率の数値を抑えられるようにサイトのコンテンツを見直してみましょう。

直帰率についてさらに詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスの直帰率とは?目安や離脱率との違いを解説!

まとめ:考え方と見るべき数字を確認して解析を始めよう

今回はGoogleアナリティクス入門編として、Googleアナリティクスでサイト分析を始める上での基本を分かりやすく説明しました。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • Googleアナリティクスでユーザーの行動を分析することでサイト改善に役立てることができる
  • サイト解析をする上で「ページビュー(PV)」だけではなく「滞在時間」や「直帰率」も合わせてチェックすることが大切

この記事を参考にして、Googleアナリティクスで分析をする上での考え方や、まず見ておくべき数値などを理解しておきましょう。

Googleアナリティクスでサイト解析を始める、もしくは始めたばかりという方はこちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスの見方を解説!データをサイト解析に活かそう!

この記事を書いた人
今野直倫
今野直倫
フリーランスのWEBライター。出張バリスタ&WEBライターとして活動。コーヒー関連の記事を中心に、ブログや他社メディアでライティング。検索結果で上位表示を獲得した経験を生かして、SEO対策コラムを多数執筆中。
このライターの記事を見る
TOP