アクセス分析

Googleアナリティクスでユーザーの地域属性を確認するには?

Googleアナリティクスの地域

「サイトユーザーの地域属性を確認する方法は?」「地域データの正確性はどの程度?」

今回は、そうしたGoogleアナリティクスの地域データにまつわる疑問に詳しくお答えしていきます。

地域データをビジネスに活用したくても、確認方法や活用方法がよくわらないと感じている方は必見です。

Googleアナリティクスの地域データの活用法

Googleアナリティクスの地域データの活用方法

そもそも、地域データはどのように活用できるのでしょうか。

まず、世界や日本全国をターゲットとする商品・サービス等を展開している場合、国別・都市別のデータを見ることは、その地域と自社商品・サービス等との親和性を測る材料となり重要です。

もしECサイトで特定の地域からのサイトアクセスや購入が多い場合、その地域をターゲットとしたWeb広告施策を打つと効果が高い、という仮説が立てられます。

個人経営の飲食店や美容室といった地域密着のビジネスの場合でも、対象地域からのサイトアクセスが来ているかを確かめる手段となります。

想定よりも対象地域からのアクセスが少ない場合は、こちらもリスティングやSNS広告の実施・強化・ターゲットの見直しを行うきっかけとなります。

ただし、Googleアナリティクスの地域データは最小単位が「市区町村」のため、あまりに狭い地域をターゲットとしている場合は活用が難しいでしょう。

Googleアナリティクスで地域属性を確認する方法

サイトユーザーの地域属性の確認方法をご紹介していきます。

左メニューから「オーディエンス>地域>地域」を選択します。そうすると、ファーストビューでは国別のアクセス数を示す世界地図の画面となります。

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法1

そして画面の下部へとスクロールしていくと、国別のセッション数が一覧表示されています。

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法2

国別以外のデータを見るには

もちろん、国別以外のデータも確認できます。

ビジネスの対象地域に合わせて、プライマリディメンジョンの「国」「市区町村」「大陸」「亜大陸」を切り替えましょう。

ちなみに、「亜大陸」という分類は聞き慣れないかもしれませんが、アジア、アメリカ、ヨーロッパなどの「大陸」より1段階下のレイヤーで、アジアでいうと「東アジア」「東南アジア」「南アジア」などが該当します。

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法7

お気付きかもしれませんが、プライマリディメンションからは「市区町村」は選べても、「都道府県」を選ぶことができません。では、どのように都道府県別のデータを見ればよいのでしょうか。

方法は簡単で、国別のデータ一覧で国名をクリックしてドリルダウンすると、Japanであれば都道府県別のデータが一覧表示されます。

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法3

地域データはリアルタイムのメニューからも確認できます。リアルタイムを使うコツはこちら。

関連記事:Googleアナリティクスのリアルタイムはどう活用したらいい?

セグメントを使って「地方別」で分析する方法

分析する際に、関東地方や九州地方など、地方ごとにデータを確認したいこともあるでしょう。その際に使うのがGoogleアナリティクスの「セグメント」機能です。

セグメントの使い方を詳しく知りたい方はこちら。

関連記事:強力ツール!Googleアナリティクスのセグメントを作成する方法

ここからは、「東北地方」を例にセグメントの設定方法をご説明していきます。

1.「セグメントを追加」を選択

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法4

2.「新しいセグメント」を選択

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法5

3.「東北地方」セグメントの設定項目を入力する

Googleアナリティクスの地域情報の確認方法6

次の通りに設定していきます。

  1. セグメント名:「東北地方」など任意の名前を入力
  2. 地域種別:プルダウンの「大陸」「亜大陸」「国」「地域」「市区町村」の中から「地域」を選択
  3. 一致条件:プルダウンから「正規表現に一致」を選択
  4. 都道府県の入力:東北地方の都道府県名を入力します。都道府県名は英語表記にし、間には「または」の意味で「|」を挿入するようにしましょう。今回は東北セグメントのため、「aomori|akita|iwate|yamagata|miyagi|fukushima」と入力しています。

正確に追加できているか不安な場合は、都道府県名を一つずつ増やしていき、「概要」に書かれた「ユーザーのXX%」の数字が増えているかを確認していきましょう。

保存ボタンを押せば、セグメント登録は完了です。これで必要なときは「セグメントを追加」から「東北地方」のセグメントを選ぶことができます。

Googleアナリティクスの地域データの正確性

Googleアナリティクスの地域情報の正確性
  • 地域データはどうやって取得しているの?
  • 本当に正確なの?

と疑問を持つ方は多いと思います。

Googleアナリティクスは、ユーザーのIPアドレスから地域を判別しています。ただし、公式ヘルプページでは「IP から導き出した地域情報は必ずしも正確ではない」と明記されています。なぜ完全に正確にはならないのでしょうか?

IPアドレスは基本的に、国際管理団体から各国の管理団体へと分配され、各国の管理団体が地域ごとにIPアドレスを割り振っています。

しかしながら、IPアドレスの地域ごとの割り振りがどの程度の精度なのかはブラックボックスとなっており、必ずしも正確とは言えないのです。

実際の所在地とずれていた例もネット上には散見されます。

そのため、Googleアナリティクスの地域データはあくまでも参考情報であり、傾向を掴むためのものと位置付けるべきでしょう。

まとめ

Googleアナリティクスの地域データをあなたのビジネスでどう活用するか、イメージが湧きましたか?

地域に愛されるお店になるために、あるいはビジネスを広範囲へ拡大させるために、ぜひ活用方法を検討してみてくださいね。

Googleアナリティクスの基礎知識として、指標の意味を知りたい方はこちら。

関連記事:Googleアナリティクスの指標を理解しよう!基本の7つを解説!

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST