アクセス分析

【Googleアナリティクス】アクセス元の企業名がネットワークドメインから分かる!

Googleアナリティクスのドメインのイメージ図

自社サイトにどの企業の社員がアクセスしているかを特定できれば、特にBtoB企業では営業活動に役立てることができます。

「そんなプライベートな情報をGoogleアナリティクスで見るのは不可能だろう」と感じる方も多いと思いますが、2019年8月現在、Googleアナリティクスでは企業別のサイト訪問のデータを一部取得することができます。

正確には、企業のネットワークドメインからのサイト訪問を確認でき、そこから企業を推測することができます。

今回は、気になる企業別のサイト訪問の調べ方をご紹介していきます。

企業別のアクセスを調べる方法

Googleアナリティクスで企業のアクセス状況を調べる手順は次の通りです。

1.「集客>すべてのトラフィック>チャネル」を選択する。

Googleアナリティクスのドメイン手順1

「Organic Search」「Referral」など、集客経路別の数値が見れる画面が表示されます。

2.プライマリディメンションの「その他」から「ネットワークドメイン」を選択する。

Googleアナリティクスのドメイン手順2

プライマリディメンションから「その他」を選択し、検索窓に「ネットワーク」などと打ち込むことで「ネットワークドメイン」が選択できるようになります。

これで、サイトに訪問したネットワークドメインの一覧を見ることができます。ただし、上位表示されているであろうspmode.ne.jpやocn.ne.jpなどは、インターネット接続サービスの名前であり、そこから訪問した企業名は特定できません。

インターネット接続サービスの例としては、次のようなものがあります。

  • spmode.ne.jp(docomo)
  • au-net.ne.jp(au)
  • ocn.ne.jp(OCN)
  • bbtec.net(SoftBank 光、Yahoo! BB 光など)
  • asahi-net.or.jp(ASAHIネット)
  • plala.or.jp(ぷらら)

3.アドバンスフィルタを使い、「co.jp」で絞り込む。

Googleアナリティクスのドメイン手順4

この操作により、インターネット接続サービスのドメインは除外され、いよいよ企業名を含むネットワークドメインがたくさん表示されるはずです。

例えば、

  • honda.co.jp → 自動車メーカーのHonda
  • tbs.co.jp → テレビ局のTBS
  • asics.co.jp → スポーツ用品メーカーのアシックス

であることが推測できるのです。

サービスや商品によっては、見込み客は必ずしも企業ではなく、政府機関や自治体、教育機関の場合もあるでしょう。企業以外のネットワークドメインを調べたいときは、次の文字列も試してみてくださいね。

  • ac.jp → 教育機関
  • go.jp → 政府機関
  • or.jp → 財団法人、社団法人など

ネットワークに企業名が含まれている場合しか、企業名は特定できません。つまり、自社ドメインを導入している大企業は確認できますが、導入していないほとんどの企業では確認できません。

サイト内での企業の行動をもっと詳しく!

Googleアナリティクスでは、実は「企業がどのページに訪問したか」等のより詳しい情報も確認することができます。手順は次の通りです。

1.アドバンスフィルタを使って、特定の企業のドメインで絞り込む。

Googleアナリティクスのドメイン手順5今回は「honda.co.jp」で絞り込みました。

2.セカンダリディメンションで「ページタイトル」を選択する。

Googleアナリティクスのドメイン手順6

企業が閲覧したページのタイトルを確認したい場合は、「ページタイトル」を選択しましょう。これで、「ネットワークドメイン」と「ページタイトル」の組み合わせで数値を確認できるようになります。

つまり、企業(今回はHonda)のネットワークから閲覧されたページがわかるようになります。

Googleアナリティクスのドメイン手順7それほどアクセス数の多くないサイトであっても、企業からのアクセスは来ているものです。もしデータが少ないときは、対象期間を広げましょう。

また、セカンダリディメンションの項目を変更すれば「ページタイトル」以外にも、「デバイスカテゴリ」「参照元」「訪問時のページ数」など様々なデータを確認でき、企業のサイト内での行動を詳しく見ることができます。

その他、資料ダウンロード、動画再生などの「イベント」や商品購入や会員登録などの「コンバージョン」も確認可能ですが、そのためには追加の設定をする必要があります。

イベントの計測方法を知りたい方はこちら

関連記事:Googleアナリティクスのイベントトラッキングの方法を解説!

コンバージョンの計測方法はこちら

関連記事:Googleアナリティクスでコンバージョンを計測する方法とは?

まとめ

BtoB企業であれば、企業のサイト訪問履歴はニーズの存在を示す貴重なデータとなり、新規顧客への営業活動にも活用できます。

それ以外にも、つながりの深い既存顧客の閲覧履歴を見ることで、既存顧客への提案の精度を高めることもあるかもしれません。

逆に競合他社がどのページを閲覧しているか、資料をダウンロードしたかなどから、競合の注力分野が何か垣間見えることもあるでしょう。

企業のサイト訪問のデータは、どうしても好奇心を満たして終わることがほとんどですが、その貴重なデータから何を読み取り、活かしていくことが重要です。

もしGoogleアナリティクスの導入がまだという方は、今すぐにでも導入しましょう。

関連記事:アクセス解析ソフト「Google Analytics」導入〜設置方法

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST