Googleアナリティクス分析方法の基本を解説!まずはここから始めよう

アクセス分析
Googleアナリティクスの分析方法とは?

「Googleアナリティクスを導入したのだけど、どうやって分析したら良いんだろう?」「Googleアナリティクスの分析方法を教えてほしい!」

今回はそういった疑問を抱えている方へ向けて、Googleアナリティクスの分析方法の基本を解説していきます。

この記事を読めば、Googleアナリティクスでの基本的な分析方法が分かり、サイト改善に活かすことができます

Googleアナリティクス分析方法の基本

Googleアナリティクスの画面

Googleアナリティクスではたくさんのデータをチェックすることができます。

ただ、データが膨大なので全て分析していたら終わりませんし、確認するだけではサイトを改善することはできません

ここでは、Googleアナリティクスの分析方法の基本的な考えをお伝えしておきます。

サイトの目的を明確にする

Googleアナリティクスのデータをサイト改善に活かすためには、サイトの目的を明確にしましょう

なぜなら、Googleアナリティクスで確認できるデータはあくまで数字であり、それだけではサイトの改善には繋がらないからです。

具体的なサイトの目的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 問い合わせ件数を増やす
  • メルマガの登録数を増やす
  • 商品購入の成約数を増やす

まずは、あなたがサイトを運営する目的を明確にし目標を定めましょう。

Googleアナリティクスでサイトの現状を把握する

Googleアナリティクスのデータ画面

Googleアナリティクスでサイトの改善をするには、現状を把握することが欠かせません

なぜなら、サイトの現状に対して適切な施策を打たなければ、十分な効果が得られないからです。

まずは、Googleアナリティクスで確認するべき基本的な指標をチェックしておきましょう。

ユーザー像をチェックする

あなたのサイトを訪れているユーザーがどんな特徴を持っているのかチェックしましょう。

ユーザー像を確認することで、サイト改善の具体的な施策を講じることができます。

チェックしておきたい基本的なユーザーのデータは、以下の通りです。

①スマホユーザーの割合

[オーディエンス]→[モバイル]→[概要]

Googleアナリティクスモバイルユーザーの確認

②流入の多いページ

[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]

Googleアナリティクス流入の多いページ

③流入の多いチャネル

[集客]→[概要]

Googleアナリティクス流入の多いチャネル

以上のデータから、モバイル向けの画面表示を意識すべきか、どのページを改善すべきかなどおおまかに把握しましょう。

コンバージョンの流れを意識する

お問い合わせや商品購入などのコンバージョンにいたる流れを意識しましょう。

Googleアナリティクスのゴールフロー

上記のように[コンバージョン]→[目標]→[ゴールフロー]で全体の流れを確認することができます。

どれだけアクセス数が多くても、サイトの目的であるコンバージョンに至らなければ意味がありません

サイトにアクセスするユーザーがコンバージョンにいたる流れは、以下の通りです。

  1. 検索結果、SNS、直接などの各チャネルからサイトに流入する
  2. ランディングページからサイト内を回遊する(あるいは離脱する)
  3. フォームをクリックしてコンバージョンに至る(あるいは離脱する)

これらの各フェーズのどこでつまずいているのかをチェックすることで、サイトを改善することができます。

Googleアナリティクスの基本的な使い方について知りたい方は、こちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスの見方を解説!データをサイト解析に活かそう!

Googleアナリティクス分析方法の具体例

Googleアナリティクスのイメージ

ここでは、Googleアナリティクスを用いた具体的な分析方法を紹介しておきます。

Googleアナリティクスでは様々なデータを確認することができるので、どの数値を見ればいいのか迷ってしまいますよね。

そんな方は、まずは以下で紹介する基本的な分析方法から始めてみるのが良いでしょう

ランディングページの直帰率

ランディングページとは、サイト内でユーザーがまず一番最初に訪れるページのことです。

つまり、ランディングページはサイトにユーザーを集めているページであるといえます。

そこで確認してほしい指標が「直帰率」です。

Googleアナリティクスの直帰率

直帰率:

1ページだけ見てサイトを離脱してしまったユーザーの割合

つまり、ランディングページとなっているにも関わらず直帰率が高いとユーザーを逃しているのでもったいないといえます。

ページを改善することによってサイト内を回遊させて、直帰率を下げることが必要です。

ユニークユーザーとコンバージョン

ユニークユーザーとは、特定の期間内にサイトを訪れたユーザー数のことを指します。

サイトの目的であるコンバージョンを高めるためには、このユニークユーザーと合わせた分析が必要です。

コンバージョン(CV)が多くユニークユーザー(UU)も多いページを目指すことで、サイトの目的達成に繋がります。

  • CV少×UU多:CVRを高める施策を打つ
  • CV多×UU少:流入を増やす施策を打つ

このユニークユーザーに対するコンバージョンの割合をCVR(コンバージョンレート)といい、[コンバージョン]→[目標]→[目標到達プロセス]で確認できます。

GoogleアナリティクスのCVR

このように現時点でのページの強みを活かして、目的達成のための改善策を打っていくことが大切です。

現状をしっかり把握して、サイトの改善に活かしましょう。

まとめ:Googleアナリティクスを利用して効果的な分析を

今回は、Googleアナリティクス分析方法の基本を解説していきます。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • Googleアナリティクスでは目的から逆算した分析方法が基本である
  • Googleアナリティクスサイトの現状を把握することで改善すべき点を見つける
  • Googleアナリティクスのデータを使って現状の強みを活かした改善策を打つ

この記事を参考にして、Googleアナリティクスでの基本的な分析方法を確認して、サイト改善に活かしてください。

Googleアナリティクスのさらに詳しい情報を知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事:GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外する方法!取得から確認まで

この記事を書いた人
今野直倫
今野直倫
フリーランスのWEBライター。出張バリスタ&WEBライターとして活動。コーヒー関連の記事を中心に、ブログや他社メディアでライティング。検索結果で上位表示を獲得した経験を生かして、SEO対策コラムを多数執筆中。
このライターの記事を見る
TOP