Analytics(GA分析)

Googleアナリティクスのイベントトラッキングの方法を解説!

イベント発生のイメージ

基本的にGoogleアナリティクスは「ベージ遷移のデータ」を解析するツールです。

しかし、いくつかの設定を行うことで「イベント」と呼ばれるページ遷移以外の、PDFダウンロードや電話番号クリック、メディアの再生といった行動のデータを取得できるようになります。

イベントトラッキングをマスターすれば、Googleアナリティクスの使用の幅が大きく広がります。

今回はGoogleアナリティクスでのイベントトラッキングの設定方法を解説します。

イベントトラッキングとは?何ができる?

解析のイメージ

Googleアナリティクスでいう「イベント」とは、ページビューを除く、コンテンツに対するユーザーの行動のことです。イベントには例えば次のようなものがあります。

  • PDFダウンロード
  • 電話ボタンのタップ
  • 外部サイトのリンククリック
  • 動画の再生

Googleアナリティクスの標準設定では、計測できるのはサイト内へのページ遷移のみで、このイベントは計測できません。

しかし、イベント計測用のタグをサイトに埋め込むことで、Googleアナリティクスでイベントを計測できるようになります。

電話での問い合わせ数やPDFでの資料ダウンロードは、Webサイトによってはコンバージョン(目標の達成)とするほど重要度の高いものです。イベントトラッキングにより、施策の効果を簡単に検証できるようになります。

また、ページ上部と下部で同じリンクが2つある場合、イベントタグを分けることで、どちらのリンクの方がクリック数が多いか比較できます。なお、同じ比較がutmパラメータを使っても可能です。

Googleアナリティクスでパラメータを使用する方法はこちら

関連記事:Googleアナリティクスのパラメータ設定方法やルールを解説!

セッションあたりの計測可能イベント数には上限があります。

Googleのヘルプページによると、「セッションあたり最大 500 件のヒットが処理されます」とあり、イベントは1セッションあたり最大で500回までしかカウントされません。ヒットとは、イベントトラッキングやページトラッキングなどで、Googleアナリティクスにデータが送信されることを指します。

リンククリックのイベントタグではそう簡単には500回に到達しませんが、ページのスクロール時に発生するイベントや、動画再生1秒ごとに発生するイベントを設定していると、上限の500回に到達してしまうことがあります。

イベントトラッキングの設定方法

コーディングのイメージ

イベントトラッキングを行うにはHTMLコード内にタグを埋め込む必要があります。

例えば、外部サイトへの遷移というイベントをトラッキングしたい場合は、Aタグに次のような記述(赤字部分)を加えます。

<a href=”外部サイトURL” onClick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘link’, ‘click’, ‘外部サイトURL’, ‘1’);”>関連記事はこちら</a>

Aタグに追加する記述を詳しく見ていきましょう。

ga(‘send’, ‘event’, [イベントカテゴリ], [イベントアクション], [イベントラベル], [値]);

[ga(‘send’, ‘event’,]まではイベントタグでは固定となります。それ以降の[イベントカテゴリ], [イベントアクション], [イベントラベル], [値]にはGoogleアナリティクスでの集計時にわかりやすいよう、任意の文字や値を入れます。

意味
イベントカテゴリ必須クリックする対象pc, sp, pdf, video
イベントアクション必須ユーザーの取る行動download, click, tel, play
イベントラベル省略可イベント分類のための名前お問い合わせ, 2019資料ダウンロード, リンク先ページのURL
省略可イベントに割り当てる値1(1クリックの意味), 1500(1500円の価値があるという意味)

[イベントカテゴリ], [イベントアクション], [イベントラベル]に指定する文字について、特にルールはなく、自身が管理しやすいように指定しましょう。

例えば、「スマホサイトから電話番号をタップする」場合のイベントトラッキングタグは次のようになります。

<a href=”tel:電話番号” onClick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘sp’, ‘tel’, ‘お問い合わせ’);”>電話番号</a>

イベントの発生を確認する方法

イベントトラッキングを設置できたら、次はタグの発火をGoogleアナリティクス上で確認しましょう。

Googleアナリティクス左メニューより、[行動]>[イベント]>[概要]を選択します。下の画面が表示されるため、赤枠の箇所から、想定通りのカテゴリやアクション。ラベルが表示されているか確認しましょう。

イベントの確認方法

補足:イベントをGoogleアナリティクスの目標に設定する

イベントを設定することで、そのイベントを目標として設定できるようになります。イベントを目標として設定すれば、Googleアナリティクス上でより詳しいデータを確認できるようになります。

必要に応じてイベントを目標に設定しましょう。

やり方は、新しい目標を作る画面から下記の通り入力すれば設定できます。

目標設定:カスタムを選択
目標の説明:イベントを選択
目標の詳細:Aタグ内に記載したイベントカテゴリやイベントアクションと同じものを入力

目標設定方法

目標の設定方法を詳しく知りたい方はこちら

関連記事:Googleアナリティクスでコンバージョンを計測する方法とは?

まとめ

イベントトラッキングについて、理解していただけたでしょうか?

イベントを使って、「知りたくても知れなかったあのクリック数」のデータを取得してみましょう。

今回はクリックに関するイベントを中心にご紹介しましたが、Googleタグマネージャーを使えば読了率やスクロール率といったイベントも計測できるようになります。

Googleタグマネージャーについて詳しく知りたい方はこちら

関連記事:【初心者必見】Googleアナリティクスとタグマネージャーの違いを解説

ABOUT ME
Hayasaki(webmarksライター)
Hayasaki(webmarksライター)
広告プロダクションにて、大手企業のSNS運用代行やオウンドメディでの記事制作、さらにはアクセス解析やWeb広告の運用まで幅広く経験。2019年7月からはフリーランスとして活動中。ランニングが趣味でマラソン自己ベストは3時間54分。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST