Googleアナリティクスの「Direct」とは?分析方法や特定の仕方を説明

アクセス分析
Googleアナリティクスのdirectって?

GoogleアナリティクスにDirectっていう項目があるけど一体何?」「GoogleアナリティクスのDirectを特定するにはどうしたらいいの?

今回は、そういった疑問を持っている方へ、GoogleアナリティクスのDirectとはいったい何なのか、どうやったら特定できるのかをご説明します。

この記事を読めば、Googleアナリティクスの「Direct」についての理解が深まり、Directの正体を特定することができるようになります。

Googleアナリティクスの「Direct」とは?

Googleアナリティクスのイメージ

Googleアナリティクスのデータにある「Direct」とは、流入元のページがなかったり、不明だったりするアクセスのことを指します。

Googleアナリティクスでは、普通「google/organic」「youtube.com/referral」といったように流入元が明らかにされます。

しかし、流入元のページがなかったり不明だったりすると、それらのアクセスは全て「Direct」としてまとめられてしまうのです。

「Direct」トラフィックの具体例

流入元のページがない、もしくは流入元のページが明らかでない「Direct」には以下のようなアクセスが含まれます。

「Direct」トラフィックの例

  • お気に入りやブックマークからのアクセス
  • アドレスバーへURLを直接入力してのアクセス
  • Eメールに記載されたリンクからのアクセス
  • QRコードを読み取ってのアクセス など

「Direct」の何が問題なのか

「Direct」トラフィックの項目に上記のアクセスが全てまとめられてしまうと、アクセスを正確に分析できないという問題が起こります。

なぜなら、「Direct」のアクセスが急激に増えたとしても、どこからのアクセスか明確でなければ効果的な施策が何なのか分からないからです。

広告を売ったり、QRコードをチラシに乗せていたり、メルマガなどにサイトのURLを乗せたとしても、どの施策が有効だったのか判断できません

サイトを運営していてアクセスを伸ばしたいのであれば、後ほど紹介する「Direct」トラフィックの特定方法を把握しておきましょう

Googleアナリティクスの「Direct」確認方法

Googleアナリティクスのデータ画面

「Direct」トラフィックの正体を特定する前に、基本的なGoogleアナリティクスでの「Direct」の解析方法を確認しておきましょう。

ここでは、サイト全体の「Direct」の確認方法、より詳細にページごとの「Direct」の確認方法を紹介します。

サイト全体の「Direct」トラフィックを調べる

Googleアナリティクスdirect確認

Googleアナリティクスでサイト全体の「Direct」トラフィックを確認する手順は以下の通りです。

[集客]→[すべてのトラフィック]→[チャネル]

このように進むとチャネル(サイトへのアクセスの種類)ごとのアクセスを比較することができます。

つまり、自分の運営しているサイトへのアクセスは「Organic Search」が多いのか、あるいは「Social」からが多いのかがわかるということです。

ただし、これだけでは十分な分析ができるとはいえないので、より詳細な「Direct」トラフィックについてのデータを確認しましょう。

「Direct」トラフィックの詳細な情報を調べる

Googleアナリティクスdirectの詳細

「Direct」トラフィックを多く集めているページを確認することで、どのようなページがユーザーにとって需要があるのかの指標とすることができます。

なぜなら、「Direct」トラフィックを集めているページは、ユーザーにお気に入りやブックマークをされている可能性が考えられるからです。

ページごとの「Direct」トラフィックは、以下のような手順で調べることができます。

[チャネル]の「Direct」の項目をクリック→「Direct」トラフィックで流入のあるページ一覧が表示される

Googleアナリティクスでサイトを訪問したユーザーの検索キーワードを調べる方法については、こちらを参考にしてください。

関連記事:Googleアナリティクスでサイト訪問者の検索キーワードを調べる方法

Googleアナリティクスの「Direct」を特定する方法

Googleアナリティクスでより詳細なアクセス解析をするのであれば、やはり「Direct」の正体を特定する必要があります

なぜなら、「Direct」トラフィックには上で説明したような様々なアクセスが含まれているからです。

Googleアナリティクスの「Direct」トラフィックを特定するには、キャンペーンパラメータを設定します。

キャンペーンパラメータ:

URLの末尾に設定する文字列で、URLのページに関する情報を計測するための目印のようなもの。

キャンペーンパラメータ付きURLの作り方は、通常のURLに「?(クエスチョンマーク)」から始まるパラメータを付けるだけです。

例)

http://sample.jp/page?utm_source=facebook

(Facebookのリンクからのアクセス)

このようなパラメータを設定したURLへFacebookからリンクをあてると、Googleアナリティクスの方で自動的にFacebookからのアクセスとして反映されます

キャンペーンパラメータを設定して、サイトのアクセス解析をより詳細に行うことで、サイトの改善に役立てましょう。

Googleアナリティクスのパラメータの設定方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

関連記事:Googleアナリティクスのパラメータ設定方法やルールを解説!

まとめ:Googleアナリティクスの「Direct」を特定してサイトの解析に役立てよう

今回は、Googleアナリティクスの「Direct」とはいったい何なのか、どうやったら特定できるのかをご説明しました。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • Googleアナリティクスの「Direct」とは?
  • Googleアナリティクスの「Direct」確認方法
  • Googleアナリティクスの「Direct」を特定する方法

この記事を参考にして、Googleアナリティクスの「Direct」についての理解し、Directを特定してサイトの解析に役立てましょう。

Googleアナリティクスでのサイト解析について、さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事:【アクセス10倍?】Googleアナリティクス解析でできること!

この記事を書いた人
今野直倫
今野直倫
フリーランスのWEBライター。出張バリスタ&WEBライターとして活動。コーヒー関連の記事を中心に、ブログや他社メディアでライティング。検索結果で上位表示を獲得した経験を生かして、SEO対策コラムを多数執筆中。
このライターの記事を見る
TOP