Googleアナリティクス「行動」の使い方!「行動フロー」の見方も解説

アクセス分析
Googleアナリティクス「行動」メニューの見方

「Googleアナリティクスの『行動』って何?」「『行動』で分かるデータってどうやって見て、どうサイト改善に活かせば良いの?

今回はそういった方へ向けて、Googleアナリティクスの「行動」の使い方、及び「行動フロー」の見方を詳しく解説していきます。

この記事を読めば、基本的なGoogleアナリティクス「行動」メニューの使い方がわかり、サイト改善に活かすことができます

Googleアナリティクス「行動」とは?

Googleアナリティクスの画面

Googleアナリティクスの「行動」とは、ユーザーがあなたのウェブサイト内でどういう行動を取ったかが分かるメニューです。

ユーザーのウェブサイト内で取った行動を把握することは、サイト改善の大きなヒントとなるので、非常に重要なデータといえます。

以下では、そんな「行動」メニューを見てわかることをより具体的に紹介していくので、まずは「行動」メニューの概要を掴みましょう。

Googleアナリティクス「行動」でわかること

Googleアナリティクス「行動」メニューでわかることは、主に以下のようなデータです。

  • ユーザーはどのページをよく見ているのか
  • サイト内で効果的な働きをしているのはどんなページか

以上のように「行動」メニューでは、サイトのお客さんであるユーザーとページの関係を把握することができます。

コンバージョンに繋げるためにはどのページをどのように改善すれば良いかのヒントになるので、必ず使い方は把握しておきたいですね。

Googleアナリティクス「行動」の使い方

Googleアナリティクスのデータ画面

ここではGoogleアナリティクスの「行動」メニューの具体的な使い方を実際の画面を見ながら説明していきます。

行動メニューには様々なデータが集積されていますが、必ず押さえておきたいポイントはたったの2つです。

以下の2つのポイントを適切に見ることができるようになれば、サイト改善にかなりの効果が期待できるので必ず把握しておきましょう。

「ランディングページ」

「ランディングページ」とは、ユーザーがサイト内で一番最初に訪れたページのことを指します。

つまり、サイトの入り口となっているページのことです。

「ランディングページ」のデータをチェックすることで、サイトの入り口となっているページが効果的に機能しているかどうかが分かります。

[行動]→[サイトコンテンツ]→[ランディングページ]

Googleアナリティクスのランディングページ
  • セッション:セッション数の多いページはサイトの入り口となることが多いページです。この数値の大きいページから改善していきましょう。
  • 直帰率:ユーザーが1ページだけ見て帰ってしまった割合を示します。この数値の高いページは導線を見直してユーザーに行動を促す必要があります。

サイトの入り口となっているページを見てそのまま帰っているユーザーが多い場合、そのページは入り口として機能していません

ユーザーのニーズに合っているのか、関連ページへのリンクは適切かなどを確認して改善していきましょう。

「すべてのページ」

「すべてのページ」の項目では、サイト内のページがユーザーにどのように見られているかを把握することができます。

「すべてのページ」の中で特に注意して見ておくべきデータは、「平均ページ滞在時間」と「離脱率」の数値です。

[行動]→[サイトコンテンツ]→[すべてのページ]

Googleアナリティクス平均ページ滞在時間・離脱率
  • 平均ページ滞在時間:ページ内にユーザーが留まった時間の平均です。そのページの熟読されている度合いを表します。
  • 離脱率:そのページを見てサイトを離脱したユーザーの割合です。離脱率の高いページはユーザーのニーズを捉えていない可能性があります。

上記のデータを見るとユーザーとページの関連性が把握でき、改善すべきページが見えてきます

Googleアナリティクスのデータの見方をさらに詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスの見方を解説!データをサイト解析に活かそう!

Googleアナリティクス「行動フロー」の見方

Googleアナリティクスの行動フロー

Googleアナリティクスの「行動フロー」では、ユーザがサイト内でどういったページ遷移をしたかをビジュアルで把握することができます。

[行動]→[行動フロー]と進むことで、上の「行動フロー」の画面が開きます。

それぞれのノード(経由したページ)にカーソルを合わせると、離脱率を確認することができるので、ページ改善に活かすことができます。

またどのページからどのページに移ったのかということが具体的にわかるので、ユーザーのニーズも一緒に把握することが可能です

まとめ:Googleアナリティクス「行動」フローを活用して改善に役立てよう

今回は、Googleアナリティクスの「行動」の使い方、及び「行動フロー」の見方を詳しく解説していきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • Googleアナリティクスの「行動」では、ユーザーがあなたのウェブサイト内でどういう行動を取ったかが分かる
  • Googleアナリティクスの「行動」メニューで見ておくべきは、「ランディングページ」と「すべてのページ」の2つ
  • 「行動フロー」ではユーザーのサイト内での動きをより視覚的に把握することができる

この記事を参考にして、基本的なGoogleアナリティクス「行動」メニューの使い方を把握し、サイト改善に活かしてみてください。

Googleアナリティクスの「行動」以外のメニューについても知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクス「オーディエンス」の見方・解析方法を紹介!

この記事を書いた人
今野直倫
今野直倫
フリーランスのWEBライター。出張バリスタ&WEBライターとして活動。コーヒー関連の記事を中心に、ブログや他社メディアでライティング。検索結果で上位表示を獲得した経験を生かして、SEO対策コラムを多数執筆中。
このライターの記事を見る
TOP