Googleアナリティクス「オーディエンス」の見方・解析方法を紹介!

アクセス分析
Googleアナリティクス「オーディエンス」の見方・解析方法を紹介!

Googleアナリティクスのオーディエンスのメニューってどうやって使うの?」「オーディエンスの見方や解析方法を知りたい」

今回はそういった方へ向けて、Googleアナリティクス「オーディエンス」メニューの見方や解析方法を紹介していきます。

この記事を読めば、Googleアナリティクスの「オーディエンス」メニューの見方がわかり、サイト改善に活かすことができます

Googleアナリティクス「オーディエンス」とは?

Googleアナリティクスの画面

Googleアナリティクスの「オーディエンス」とは、サイトにアクセスしてきたユーザーの情報が集約されているメニューです。

以前は「ユーザー」という項目でしたが、現在では「オーディエンス」と名称が変更になっています。

まずは、そんなGoogleアナリティクスの「オーディエンス」メニューの概要を掴んでから、具体的な見方に入っていきましょう。

「オーディエンス」でわかること

Googleアナリティクスの「オーディエンス」のメニューでは、ユーザーについての以下のようなデータを確認することができます。

  • サイトにアクセスしたユーザーの数
  • どんな特徴を持ったユーザーが多いのか

「オーディエンス」でわかるデータは大きく分ければ、以上の2つに分類することができます。

ただ、一言でユーザーの数といっても様々な切り口からのデータがあり、ユーザーの特徴も複数収集することができるのです。

「オーディエンス」で見られる情報については、見方と合わせて後ほど詳しく説明していきます。

「ユーザー(旧)」との違いとは?

Googleアナリティクスの「オーディエンス」メニューは、従来は「ユーザー」という名称で使われていたものです。

名称が変わったためによく分からなくなってしまったという方もいるかもしれませんが、基本的には同じ項目といって良いでしょう。

「ユーザー」から「オーディエンス」への変更で加わったデータは、以下の3つです。

  • ユーザーの性別
  • ユーザーの年代
  • ユーザーが興味のある分野

これらの情報を収集しサイトの分析に活かすことで、ユーザーのニーズを捉えたサイトやページへと改善することができます

見方や分析の方法の詳細は、以下で見ていきましょう。

Googleアナリティクス「オーディエンス」データの見方

Googleアナリティクスのデータ画面

ここではGoogleアナリティクスの「オーディエンス」のチェックしておくべきデータの見方を説明していきます。

上でも説明したように「オーディエンス」はサイトにアクセスしてきた「ユーザー」についての情報です。

つまり、どんなお客さんがあなたのサイトを訪れているか分かる項目なので、サイトを改善する上で非常に大切なデータであるといえます。

アクセス数の把握

「オーディエンス」メニューでは[オーディエンス]→[概要]と進むことで、サイトのアクセス数を把握することができます。

左上のプルダウンメニューから項目を選んで、ユーザーのアクセスに関するデータを様々な計測方法で見ていきましょう。

Googleアナリティクス「オーディエンス」のユーザー」

*ユーザー:サイトを訪れたユーザーの数

指定した期間内に何度同じユーザーがサイトにアクセスしても、1として計測されます。

ユーザーの数が右肩上がりで増えていれば、サイトが順調に成長していると考えて良いでしょう。

Googleアナリティクス「オーディエンス」のセッション

*セッション:ユーザーがサイトを訪れてから離れるまでの一連の流れ

上記のように、指定した期間内のサイトへの純粋なアクセス数を表すデータです。

セッション数がユーザー数に対して多くなっていれば、再訪問したユーザーが多いといえるのでサイトの利便性が高まっていると考えられます。

Googleアナリティクス「オーディエンス」のページビュー数

*ページビュー数:見られたページの数

純粋なページの表示回数を表し、同じユーザーが3ページ見てもデータは3として計測されることになります。

ページビュー数が伸びていれば新規の集客や、サイト内の導線が上手く作れており、ユーザーにサイト内を回遊させられているといえます。

Googleアナリティクスの「セッション」についてさらに詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスのセッションとは?確認方法も解説!

ユーザー属性の把握

Googleアナリティクス「オーディエンス」の年齢・性別

*年齢・性別:ユーザーの年齢と性別の割合

ユーザーの年齢・性別は、[オーディエンス]→[ユーザー属性]→[概要]でチェックすることができます。

年齢や性別のデータによっては、サイトの雰囲気やコンテンツの切り口を工夫する必要があるかもしれません。

Googleアナリティクス「オーディエンス」のデバイス

*デバイス:ユーザーが使っている端末の割合

ユーザーの使用しているデバイスは、[オーディエンス]→[モバイル]→[概要]でチェックすることができます。

モバイル端末からのアクセスが多いのであれば、モバイル表示を考えたサイト作りをするなどの改善が必要です。

Googleアナリティクスで見ておくべきデータについてさらに詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクスの見方を解説!データをサイト解析に活かそう!

まとめ:Googleアナリティクス「オーディエンス」をチェックしよう

今回は、Googleアナリティクス「オーディエンス」メニューの見方や解析方法を紹介してきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • Googleアナリティクス「オーディエンス」ではアクセスしてきたユーザーについての情報を確認することができる
  • 「オーディエンス」で収集できるデータは大まかにわけて「ユーザーのアクセス状況」と「ユーザーの特徴」である

この記事を参考にしてGoogleアナリティクスの「オーディエンス」メニューの見方を把握して、サイト改善に活かしましょう。

Googleアナリティクスの全体的な見方についての概要を知りたい方は、こちらもご覧ください。

関連記事:Googleアナリティクス分析方法の基本を解説!まずはここから始めよう

この記事を書いた人
今野直倫
今野直倫
フリーランスのWEBライター。出張バリスタ&WEBライターとして活動。コーヒー関連の記事を中心に、ブログや他社メディアでライティング。検索結果で上位表示を獲得した経験を生かして、SEO対策コラムを多数執筆中。
このライターの記事を見る
TOP