ライフハック

フリーランスにはスキルが必要?効率的にスキルアップする手順を解説

交渉をするフリーランスの手

フリーランスとして活躍するためには絶対的なスキルが必要とされていますが、実はそうではありません。

結論からお伝えすると、スキルがなくても収益をあげることは可能です。

この記事では、フリーランスにスキルが求められる理由と、効率的にスキルアップする手順を解説していきます。

スキルはフリーランスの武器の1つ

パソコンにコードを打ち込むフリーランス

圧倒的なスキルが求められそうなフリーランスですが、実は10万円ほどの収入をあげることは決して難しくありません。

Webライターの場合であれば、1日3〜4時間ほどの時間で3,000字の作品を2本納品すれば、10万円ほどのの報酬を得ることができます。

ただし、フリーランスの収入を拡大していきたい、自分らしい働き方をしたい気持ちがある方にとっては、需要のあるスキルが武器になることは間違いありません。

まずは月数万円のお小遣いがあれば良いのか、独立することを考えているのかを明確にすることで、理想を実現するまでの期間をグッと短縮できるはずです。

フリーランスへ効率的にスキルアップする5つの手順

計画を立てる女性フリーランス

ここからは理想的な働き方を実現するために、効率的にスキルアップする5つの手順を解説していきます。

どんなスキルを身につけるべきかを自分1人で考えるよりも、エージェントなどを利用しながら客観的な意見をもらうことが重要です。

1、フリーランスという働き方になにを求めるかを明確にする

スキルをつけはじめる前に行っておきたいのが、フリーランスという働き方になにを求めるかを明確にすることです。

先ほども触れたようにフリーランスという働き方であれば、毎月の生活を楽にするために数万円のお小遣いを得ることも、将来的に独立することもできます。

なんとなくフリーランスとしての活動を始めてしまう方もいますが、理想が不明確なままでは必要以上にスキルの獲得を目指してしまい、なかなか収益に繋がらない状態に陥ってしまいがちです。

2、関心のある業界へ転職する

少し勇気のいることですが、フリーランスへと着実にステップアップする2つ目の手順が関心のある業界へ転職することです。

最近では、プログラマーやコーダーなどの職種がアウトソーシングされやすくなっているため、IT系の業界は特におすすめです。

そして、転職するのであればベンチャー企業をおすすめします。ベンチャー企業は将来的に独立するつもりの人材が多いため、転職するだけで将来的に役立つコネクションを構築できるというメリットも見込めます。

3、フリーランスエージェントに定期的に相談する

フリーランスエージェントに定期的に相談することが、効率的にスキルアップするための3つ目の手順です。

昨今のフリーランスはIT系の技術者が不足しているという背景があるため、高い単価での取引が行なわれています。

そして、フリーランスエージェントには働く場を紹介してくれるだけなく、需要のあるスキルとそうでないスキルに関するアドバイスをくれるという価値もあります。

さらに優秀なフリーランスエージェントに出会うことができれば、適性を見極めた上で身につけるべきスキルを明確にできるため、モチベーションを失わずに能力を高めていけるでしょう。

4、副業的に仕事を受注してみる

会社員として働きながら副業的に仕事を受注することで、自分がもっているスキルの相場を把握できます。

会社で経験していることを活かしつつ、エージェントからのアドバイスをうまく活用できれば、単価の高い仕事を効率的に受注でき、スムーズに実績を積み上げていくことができるはずです。

5、自分のペースで目標の収益を達成できたら独立

効率的にスキルアップするための最後の手順が、自分のペースで目標の収益を達成できたら独立するというものです。

会社員とは違い、フリーランスは自分のペースで仕事ができるというメリットがありますが、無理をしようと思えばいくらでもできるというデメリットもあります。

決して無理をせず、クライアントと良好な関係を構築できる余裕が生まれたタイミングが、独立する時期と言えます。

1つだけ?フリーランスに必要なスキルとは?

パソコンや新聞が置かれたフリーランスのデスク

最後にフリーランスに必要なスキルを1つだけ紹介します。

仕事を受注するために、コーディングに必要な言語や基本的なパソコンスキルが求められることはもちろんですが、それ以上に自分の得意を活かすことが重要です。

IT系の仕事が数多くアウトソーシングされ、単価が高かったとしても、そもそもの関心がなければ面白みがなく、モチベーションが長続きしません。

反対にプロジェクトの単価が高いとは言えないライターでも、自分の発信したい情報をアウトプットできる案件に出会えれば、得意なことで稼げるサイクルを作り出すことができます。

難しいことを繰り返しているというイメージがありますが、実は得意なことをクライアントに提供しているだけという感覚のフリーランスも少なくありません。

マーケティングに関心のある方はこちらをチェック!

初心者でもわかるマーケティング理論「マーケティングミックス」とは?

まとめ

パソコンが置かれたフリーランスのデスク

フリーランスは理想的な働き方も、身につけるべきスキルも自由に決めることができます。

ただし、自分で決めることができない限り、なかなか収益に繋がらないのがフリーランスの難しいポイントでもあります。

高い単価を維持しながら、安定的な収益をあげるためには、時代にあったスキルをもつことがもっとも効率的な手段です。

今回紹介した5つの手順を活用することで、理想的な働き方を短期間で獲得できるでしょう。

フリーランスになるための具体的なスキルを知りたい方はこちら

フリーランスになるためのスキルとは!?

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST