ライフハック

フリー ランスにおすすめ!独立前にやっておくべきことを徹底解説

マウスを握る男性の手

フリーランスは独立前に必要な経験を積んでおくことが、スムーズに事業を展開する一番の秘訣です。

自分らしい仕事をするために必要な知識を蓄えている方もいますが、スキルを積み上げるよりも優先的にやっておくべきことがあります。

今回は独立した後に困らないため、独立までの期間を短縮するために優先的にやっておくべきことを分かりやすく解説していきます。

フリーランスにおすすめ!独立前にやっておくべき3つのこと

パソコンの前に置かれたビジネスペーパー

まずは、知識を習得するよりも優先してやっておくべきことを3つ取り上げます。

日本人ならではの特徴でもありますが、フリーランスとして独立するために日々勉強をし、知識に困らないように準備しているという方が数多くいます。

しかし、会社員とフリーランスの違いを考えてみると、仕事を得るという経験はフリーランスとしての活動を開始しないとできないことが分かるでしょう。

もちろん、行動に移すタイミングは人それぞれですが、まずは今から紹介する3つの行動から優先的に行ってみることをおすすめします。

クライアントから仕事を受注すること

フリーランスとして独立することを考えている方におすすめする、1つ目の行動がクライアントから仕事を受注することです。

仕事を受注するという行動は、独立してからでなければできないと考えてしまいがちですが、実は副業フリーランスであれば本業の傍らで行動に移せます。

そして、実際に仕事を受注してみると、コーディングや経済的な知識と同じくらいユーザーの要望を考えることコミュニケーションスキルが重要であることに気づくことができます。

継続的な付き合いができるコネクションを準備すること

2つ目の独立する前にやっておくべきことが、継続的な付き合いができるコネクションを準備することです。

将来的に仕事を依頼してくれそうな事業主はもちろん、同じようなビジョンをもっている仲間を見つけておくことも大切なことです。

特に副業フリーランスの段階では、本業が忙しく自分の仕事を疎かにしてしまいがちです。

しかし、同じようなビジョンをもっている仲間の働いている姿を目の当たりにすることで、モチベーションをキープするというメリットを手にできます。

クレジットカードや融資の手続きをすること

独立後の資金に困らないために、クレジットカードや融資の手続きを進めておくこともおすすめです。

資金に困らない準備をしてからの独立であれば、お金に困ることはありませんが、フリーランスの生活はなにが起こるか分かりません。

独立してからの数年間は会社の給料を下回ると考え、収入が安定するまでの期間の生活に困らないように、クレジットカードや融資の手続きも済ませておきましょう。

独立前に着手!副業フリーランスにおすすめの仕事

パソコンから派生したアプリ

ここからは、独立を目指している方におすすめする3つの仕事を紹介していきます。

フリーランスに数多くの仕事をアウトプットする企業が増えていますが、将来的に身につけておくべきスキルを考えて、独立の準備を進めておくことがなにより重要です。

プログラマー・ライター・アフィリエイトの3つの仕事であれば、パソコン1つで始められる上に、会社員を続けながら将来的に生きるスキルを身につけていくことができます。

プログラマー

フリーランスにおすすめする1つ目の仕事がプログラマーです。

Webエンジニアにはクライアントやユーザーの要望を理解するために、会社員としての経験が求められますが、コーディングを行なうだけのプログラマーであれば、数種類の言語を理解できれば仕事を獲得できます。

会社員の仕事を続けつつ、クライアントの仕事を進められるというバランスの良さがプログラマーの魅力です。

ライター

独立前のフリーランスにおすすめする2つ目の仕事がライターです。

ライターと聞くと、文才が求められそうなイメージがありますが、読みやすい文章を求めているユーザーやクライアントがほとんどです。

また、自分の得意なジャンルの知識を、ユーザーに自分の言葉で届けられるのがライターならではの魅力と言えます。

ライターを目指している方はこちらをチェック!

SEOの効果を高めるキーワードの入れ方は?こだわるべき理由を解説

アフィリエイト

クライアントから仕事を得るのではなく、自分がオーナーになる仕事がしたいという方にはアフィリエイトがおすすめです。

アフィリエイトはクリック数などの実績に応じた収入が得られる仕事であり、Instagramを使う、自分でWebページを立ち上げるといった手段は自由です。

すでに事業として着手している方が多く、競争率が高いという側面もありますが、ユーザーに支持されれば、仕事を探すという手間を省くことができます。

フリー ランスにおすすめの仕事の見つけ方

パソコンの前で苦い顔をするレゴ

最後にフリーランスにおすすめする仕事の見つけ方を紹介していきます。

繰り返しとはなりますが、フリーランスとしての活動を始めてみなければ経験できないのが、仕事を見つける難しさです。

今回は副業フリーランスにおすすめのエージェントと、クラウドソーシングサービスを紹介します。

フリーランスのためのエージェントを利用する

すぐにフリーランスとしてのスキルを身につけたいという方におすすめなのが、エージェントを使って仕事を探すという方法です。

最近ではサラリーマンのための派遣会社のように、フリーランスを対象としたエージェントが数多くあり、在宅のフリーランスにはないキャリアやスキルを相談できるというメリットがあります。

エージェントが取り扱っている案件のほとんどが、企業に出勤するIT系の仕事ですが、週3日の勤務といったさまざまな契約形態から選択することができます。

IT系のスキルを身につけたいフリーランスにおすすめのエージェント2社

レバテックフリーランス  

フォスターフリーランス 

クラウドソーシングサービスを利用する

すでに存在が広く知られ、気軽にクライアントとコンタクトを取れるというメリットがあるのがクラウドソーシングサービスです。

エージェントを利用した仕事の探し方とは違い、完全在宅で行える仕事が数多く掲載されているのがクラウドソーシングサービスの特徴です。

クラウドソーシングサービスだけで生活に必要な収入を稼ぐのは難しいですが、会社をしながら経験を積みたいという方にはおすすめです。

フリーランスになるための具体的なスキルを知りたい方はこちら

フリーランスになるためのスキルとは!?

まとめ

手を差し伸べる男性

将来的に、フリーランスとして自分らしい仕事をしたいという方は、すぐにでも今回紹介した行動を開始してみることをおすすめします。

自分で仕事を獲得するためには、それ相応のスキルが必要であることも事実ですが、行動を始めてみなければ分からないこともたくさんあります。

特に仕事の探し方や受注するコツは、実際の行動を始めなければ分からないことの代表例です。

エージェントを利用する・クラウドソーシングサービスを利用するといった手段で、少しの時間でも仕事を探す、実際に受注してみるという体験をすることをおすすめします。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST