ライフハック

デメリットが多い?フリーランスと会社員の大きな違いと解消法を解説

副業のWebライティングに取り組む男性

自由な働き方を実現できるフリーランスですが、会社員と比べるとデメリットが多いのも事実です。

この記事では、フリーランスならではのデメリットと、デメリットを解消する手段を紹介していきます。

フリーランスとしての活動を始める際は、デメリットをしっかりと理解しておくことも重要です。しっかりと会社員との違いを把握していきましょう。

会社員よりもフリーランスのほうがデメリットが多い?

パソコンの前で頭を抱えるフリーランス

会社員とフリーランスの働き方を比較してみると、フリーランスのほうがデメリットが多いのは事実です。

時間とお金、人間関係という資源のすべてを自由に扱わなければならず、独立する場合には間違いなく会社員以上の能力が求められます。

フリーランスとしての活動を開始する前に、デメリットが存在することを把握していきましょう。

時間とお金を上手に扱わなければならない

フリーランスには時間とお金を扱わなければならないというデメリットがあります。

会社員であれば、9時までに出社しなければ仕事がなくなってしまうかもしれない、という恐怖感を覚えますが、フリーランスはいつ仕事をしても構いません。

ただし、安定した収益をあげるためには、効率の良い時間の使い方をしなければなりません。お金の扱い方についても同じです。

体調が悪い、モチベーションが上がらない、娯楽を楽しみたいといった理由で仕事をしなくても問題になることはありませんが、そのまま結果として跳ね返るわけです。

体調管理が難しい

フリーランスの2つ目のデメリットが、体調管理が思いの外難しいというものです。

先ほども触れたように会社員と違い、時間とお金の使い方を上手に扱わなければならないフリーランスですが、実は稼ごうと思えばいくらでも働くことができます。

残業時間という概念がないため、夜遅くまで仕事をしても、1日10時間以上仕事をしても良いのです。

無理ができてしまう分、フリーランスとしての活動を開始したばかりのころは、稼ぐことを意識するあまり、体調を崩してしまうことも珍しくありません。

社会的信用がない

独立してフリーランスという働き方を選ぶ際には、社会的信用を利用できなくなると考えておきましょう。

会社員よりも安定した収入をあげていても、クレジットカードや住宅ローンの審査が厳しくなる傾向にあります。

さらに、大手企業に所属していることで得られる、福利厚生や世間体があるといったメリットがなくなるという点にも注意が必要です。

フリーランスの税金対策を知りたい方はこちらをチェック!

フリーランス(個人事業主)の確定申告対策!白色と青色どちらがお得?

フリーランスのデメリットを解消するたった2つの方法

メモを取りながら仕事をするフリーランス

会社員よりもデメリットが多いフリーランスですが、たった2つのことを行動に移すだけで簡単に解消することができます。

フリーランスはデメリットへの対処をしっかりと行っていれば、自分らしい時間やお金の使い方を実現できる働き方です。

ここからは、すぐに行動に移せる解消方法を紹介していきます。

2年〜3年の準備期間を設ける

フリーランスのデメリットを解消する1つ目の方法が、2年〜3年の準備期間を設けることです。

スキルを身につけるのに時間がかかることはもちろんですが、税金関係の手続きといったお金の使い方を体験するためにも、2年〜3年の準備期間が必要になります。

会社員として働きながら、仕事を進めてみるという経験をすることで、自分のモチベーションの変化や仕事を進めやすい時間の使い方などを把握できます。

クラウドソーシングサービスやSNSを上手に活用する

専門的なスキルと同じくらい大切なのが、自分でコネクションを構築することです。そして、クラウドソーシングサービスやSNSは、必要な人間関係を効果的に築けるツールです。

クラウドソーシングサービスを利用すれば、時間がない中でもしっかりと案件を探すことができます。

さらにSNSを利用し、フリーランス仲間や自営業の先輩といった人間関係を築いておけば、モチベーションを維持するための良い刺激をもらうこともできるようになります。

具体的なスキルアップの方法を知りたい方はこちらをチェック!

マーケティングは本から学ぼう!初心者でも絶対に理解できる本5選

対策できないデメリットは社会的信用の低さだけ

デメリットに顔を歪めるフリーランス

具体的な対策法があるデメリットですが、社会的信用の信用の低さだけは解消できないという点には注意が必要です。

フリーランスとして安定した収益を獲得していても、金融機関は会社員としての安定性を求めているため、なかなか信用を獲得できないという側面もあります。

デメリットを確認しながら、一戸建てや車などの大きな買い物をするためには、会社員のほうが適しているケースがあることも理解しておきましょう。

まとめ

パソコンで仕事を進めるフリーランス

会社員と比較した際に、時間やお金といった資源を上手に使わなければならないのがフリーランスのデメリットであり、難しさです。

自由な働き方ができるフリーランスですが、独立するまでには2〜3年の準備期間を設けることをおすすめします。

2〜3年の準備期間の中で仕事を獲得し、必要な人間関係を構築することで、社会的信用がないこと以外のデメリットを解消できます。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST