フリーランス

【フリーランス必見!】クレジットカードの審査に通ることはできる!?

【フリーランス必見!】クレジットカードの審査に通ることはできる!?

フリーランスは収入が不安定なので、会社員と比べるとクレジットカードの審査に通ることが難しいとされています。

では、フリーランスでもクレジットカードの審査に通ることは可能なのでしょうか。また、クレジットカードの審査とは、どのようなことを見られるのでしょうか。

フリーランスがクレジットカードに登録する際の疑問点なども含めて解説します。

フリーランスでもクレジットカードの審査に通ることは可能

フリーランスでもクレジットカードの審査に通ることはできます。結論からお伝えすると、フリーランスでもクレジットカードの審査に通ることはできます。つまり、フリーランスであっても、クレジットカードを所有することは可能なのです。

フリーランスというだけでクレジットカードの審査には通らないのではないかと思われがちですが、フリーランスであるということは、あくまでも審査におけるチェック項目のひとつでしかありません。

したがって、フリーランスだからクレジットカードの審査に通らないということはないのです。

これからフリーランスを目指す人は、こちらの記事を参考にどうぞ
【初心者必見】フリーランスのライターを目指すあなたへ!

クレジットカードの審査で重要視されるポイントとは?

フリーランスがクレジットカードの審査を受ける時に重要視されている3つのポイントがあります。クレジットカードの審査において重要視されることには、どのようなものがあるのでしょうか。主な3つをご紹介します。

1、収入の安定性

フリーランスは収入が毎年不安定であり、また、収入を証明することが難しいです。

ただ、信販会社にとっては、勤務形態がフリーランスであるかどうかということよりも、滞ることなく支払いをしてもらえるかどうかが重要です。

そのため、フリーランスとしての実績が3年以上あり、収入が横ばいまたは増加傾向にある場合は、審査に通る可能性が高くなります

とはいっても、前年の実績がないという状況の1年目フリーランスは収入証明書類(源泉徴収書や課税証明書など)を提出することができないため、審査は通りにくくなります。

まずは実績を積み、収入をある程度確保しておくとともに、可能であれば会社員として働いている間にカードの審査を受けておくといいでしょう。

2、事故情報がないかどうか

よく言われる「ブラックリスト」に載っていないかどうかということです。

実際にはブラックリストというような名簿はありませんが、信用情報機関でデーターベース化されて個人の金銭に関わる契約などが把握されているのです。

データベースには、ローンの返済に遅れた、滞納金があるといった、いわゆる「事故情報」が把握されおり、この情報をもとに審査が行われます

過去にローンを契約していないし滞納金もないのに、クレジットカードの審査に通らなかったという人は、フリーランスであるかどうかという点よりも、携帯電話の支払状況を確認してください。

毎月、支払いが遅れてしまっているようでは、クレジットカードの審査にも影響がでてしまいます。

ちなみにこの信用情報機関の情報は5~7年間は残るといわれているので、気をつけましょう。

3、家族と同居しているかどうか

フリーランス自身が世帯主ではない時は、家族と同居しているかどうかも判断基準となります。

一般的に「学生や主婦でもOK」とされているカードというのは、世帯主の名前を記載する必要があり、万一、本人が支払いできない状況になったとしても同居している家族がいれば代理で返済をしてもらうことが可能だという考えのもとカードが発行されます。

そしてこれはフリーランスにも当てはまり、収入は不安定だけれど、代理で返済をしてくれる家族がいるのであればカード審査を通してもいいと判断してもらえるのです。

フリーランスのお金の問題については、こちらの記事を参考にどうぞ
フリーランスのお金の疑問を解消!お金に困らない3つのテクニック

フリーランスがカードを申し込む時に気をつけたいこと

カード審査を受けるフリーランスだからこそ気をつけたいことがあります。フリーランスがクレジットカードの審査を通りやすくするためにできることをご紹介します。

複数のカードに同時に申し込みをしない

クレジットカードを所有したいという思いから、一度に何社ものクレジットカード会社に申し込みをする人がいます。ただ、このような事実でさえも信用情報機関には残ります

1社目のクレジットカード会社は何もわからなくても、2社目以降のクレジットカード会社は「こんなに1度にクレジットカードを申し込むなんて、お金に困っている可能性がある」とみなします。

そのため、審査結果の判断に時間がかかり、審査の結果がなかなか出ないことが起こりえます。

クレジットカードの審査は1社目の結果がわかるまで、2社目のクレジットカードには申込むことを控えておきましょう

クレジットカード会社からの電話にはすぐに出る

フリーランスであることだけが審査結果に影響を与えるわけではないことは、すでにお伝えした通りです。

ただし、フリーランスとして本当に仕事をしているのかどうかを確認するために、クレジットカード会社が電話をかけてくることがあります。

そして、フリーランスの場合、この電話にすぐに対応できるかどうかが非常に大切になります。

なぜなら、電話にすぐに出るフリーランスであれば、仕事も安定している可能性が高いと評価されるからです。

クレジットカードに申し込んでから審査結果が出るまでの間は、できるだけ電話にすぐに出ることができるようにしておきましょう。

また、もしも電話に出られなかったとしても、すぐに電話を折り返すようにすることが重要です。

フリーランスになる前にやっておくべきことについては、こちらの記事を参考にどうぞ
フリー ランスにおすすめ!独立前にやっておくべきことを徹底解説

まとめ

フリーランスでもクレジットカードを所有することは可能です。

ただ、収入が安定していること、事故情報がないこと、滞納をした際に代理で支払ってくれる家族がいることが重要となります。

また、複数のクレジットカードには一度に申し込まない、クレジットカード会社からの電話には素早く対応する、という点も注意しておきましょう。

ABOUT ME
pichi115.pichi115
pichi115.pichi115
銀行員、医療事務などを経験後、現在はフリーランスとして働いている主婦です。家で仕事をすることができるので、大好きな愛犬たちとずっと一緒にいられることが幸せです。フリーランスの経験を活かし、みなさんのお役に立てる体験談をもとにした記事を執筆していきたいと考えています。よろしくお願いします。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST