ライフハック

30代からフリーランスになるには?職種とロードマップを徹底解説

オフィスでパソコンに向き合う30代のフリーランス

30代になってからフリーランスの働き方を知り、すでに出遅れているのではないかと考えている方も多いのではないでしょうか?

一般的な企業での転職は30代から選択肢が狭くなると言われているため、新しい挑戦をしても形にならないと諦めてしまうのも無理はありません。

しかし、フリーランスの良さはスキルをアピールできることであり、クライアンが求める品質を担保できれば、会社員ほど年齢に重きは置かれないという特徴があります。

今回は30代からフリーランスとして活躍するための、職種とロードマップを解説します。

まずは、若者にはない強みがあることに目を向けてみましょう。

30代だからこそ!フリーランスに活かせる強み

差し伸べられる30代男性の手

なんとなくフリーランスに関心がありながら、年齢を理由にもう遅いと感じている方は、30代だからこそ活かせるスキルがあることに着目しましょう。

身につけているスキルがそれぞれであることはもちろんですが、会社で培ってきた専門的なスキルやコミュニケーション能力といったソフトスキルは、20代の若者よりも30代のほうが優れているはずです。

そして、専門的なスキルやコミュニケーション能力は、フリーランスとしての活動にも十分に活用できます。

フリーランスとしての活動を開始してみると、圧倒的なスキルをもっていることよりも、わからないことがあったら調べる、クライアンに正直に相談できるという能力が重宝されることに気づくはずです。

フリーランスに必要なスキルを知りたい方はこちらをチェック!

フリーランスになるためのスキルとは!?

30代からフリーランスを目指す方におすすめの2つの職種

フリーランスの職場に置かれたノートパソコン

ここからは、30代からフリーランスを目指す方々におすすめの職種を2つ紹介していきます。

未経験から始めるとなると若者に勝てない部分もありますが、すでに持ち合わせている経験やスキルを活かす視点をもつことで、フリーランスとして収益をあげるまでの期間をグッと縮められるでしょう。

1、フリーランスライター

30代からフリーランスとしての活動を考えている方に、おすすめする職種がライターです。

文才が求められるイメージがあるライターですが、30代までのスキルや経験を活かせる範囲が広いという特徴があります。

最近では転職やビジネスマナー、資格に関する情報を掲載しているメディアも多いため、案件を正しく選択できれば専門的な知識だけでなく、社会人として培ったスキルと経験を報酬に変えることができます。

2、フリーランスエンジニア

一度身につけたスキルを、さまざまな働き方に反映できるのがフリーランスエンジニアの魅力です。

フリーランスエンジニアと言っても、コーディングを行なう、基幹システムなどの設計を行なうなど幅広い仕事が、多くの企業からアウトソーシングされています。

初心者からフリーランスエンジニアを目指すとなると、すでにIT業界で活躍しているような人たちと戦いながら実績を積み上げていくという工程が必須となります。

ただし、扱える言語の数やクライアンが満足する設計など、そのコツを掴むことさえできれば、完全在宅や週3日の出勤など、いくつかの働き方を選べるのがフリーランスエンジニアの魅力です。

30代からフリーランスになるためのロードマップ

電球と黒板で表現されたマインドマップ

最後に30代からフリーランスに挑戦する方々が、着実に仕事を獲得できるようになるまでのロードマップを紹介します。

フリーランスと聞くと、専門的な知識を身につけてから挑戦しようと考えてしまいがちですが、仕事を受注しながら知識を備えていくというイメージをもつことが大切です。

フリーランスや自営業者とのコネクションをもつ

フリーランスを目指す30代が真っ先に行なうべきなのが、フリーランスや自営業者とのコネクションをもつことです。

30代ともなると、人にわからないことを聞く行動自体に恥ずかしさを感じてしまいがちですが、すでに活躍している人からアドバイスをもらえば、フリーランスとして報酬を得るため道のりを短縮できます。

また、コネクションをもつことには、モチベーションを維持するという効果もあります。

セミナーや紹介などのさまざまな方法で、フリーランスや自営業者として活躍している人とのコネクションを作ってみましょう。

フリーランスエージェントを利用する

コネクションを設けたあとに起こすべきアクションが、フリーランスエージェントを利用することです。

フリーランスエージェントとは会社員向けの派遣会社のようなもので、フリーランスを対象に働く場の提供を行っています。

そして、フリーランスエージェントを利用する1番の目的は、自分にあった職種やフリーランスとして活用できるスキルを客観的に見出してもらうことです。

今回取り上げたライターやエンジニアだけでなく、今やパソコンで完結できるほとんどの仕事がフリーランスにアウトソーシングされています。

非常に幅広い仕事を選択できる環境の中では、自分の適性に合った職種を見つけ出すことが最も難しく、報酬を得るまでの期間に大きく関係しています。

副業フリーランスとしてクラウドソーシングを利用してみる

ロードマップの最後におすすめするアクションが、副業フリーランスとしてラウドソーシングを利用してみることです。

多くの30代の方が後回しにしてしまいがちですが、会社員として働いている状態で、副業的に仕事を受注するという経験は非常に重要です。

基本的にはライターの場合は1文字1円、エンジニアの場合は1案件30万円など、スキルに応じた報酬の相場がありますが、はじめは報酬よりもクライアンとの相性に重きをおくことをおすすめします。

そして、クライアンとのコミュニケーションに重きを置くためには、経済的に困っていない状態で仕事を探せる、副業フリーランスという状態がベストと言えるわけです。

フリーランスに転向するときの収入が気になる方はこちらをチェック!

収入を落とさずフリーランスに転向する!フリーランスの節税対策とは?

まとめ

階段を上がるフリーランス

30代からフリーランスを目指す方は、自分で仕事を獲得するという経験を少しでも早く体験することをおすすめします。

20代よりも学習に当てられる時間が短いという現実がありますが、コネクションを作り、エージェントからのアドバイスどおりに行動すれば、比較的早い段階で仕事を受注することができるはずです。

また、仕事を受注しながら必要なスキルを身につけていく、という考え方も重要です。

フリーランスや自営業者、エージェントとの交流や実際に仕事を受注するという経験をすることで、自分の持ち合わせているスキルや経験の活かし方を見つけられるでしょう。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST