Facebook

Facebook広告の画像やテキストのレギュレーションまとめ!

Facebookのイメージ

年代性別を問わずほとんど人が利用しているSNS。Webキャンペーンを実施するなら、自然拡散も期待できるSNS広告はぜひ検討したいですよね。

しかし、多くのSNS広告では画像内に載せる文字量に制約があるなど、独特の入稿規定に戸惑うWebマーケ担当者もいらっしゃると思います。

そこで今回は、Facebook広告の画像サイズや文字数制限など、様々なレギュレーションをまとめました!

Facebook広告とは?

Facebookは、世界有数の巨大プラットフォーム企業・Facebook社が運営しています。国内の利用者は2800万人程度。

Facebook社はInstagramも運営しており、こちらも3300万人程度の国内利用者がいます。

Facebook広告の管理画面からは、FacebookとInstagramの両方へと広告を配信でき、各種レギュレーションも多くの部分で共通となっています。

Facebook広告の使い方を覚えることは一石二鳥と言えるでしょう。低予算から、個人でも簡単に広告出稿できる点も特徴です。

Instagram広告のターゲティングとは?仕組みや種類を解説Instagramで配信されている広告はどのようなユーザーへ向けることが可能なのか?広告配信の仕方やユーザーの情報設定などについて徹底解説しています。...

配信枠

Facebook広告の掲載枠は多岐にわたり、メインの「フィード」エリアのほか、右側広告枠InstagramストーリーズInstagramフィードMessanger受信箱など10種類以上から選べます。

Facebook広告の画像サイズ・文字数のレギュレーション

Facebook広告の主要な広告形式である、「画像」「動画」「カルーセル」のクリエイティブサイズやテキストのレギュレーションをご紹介します。

画像

画像形式

最も多く使われる、画像1枚を使用する広告形式です。

画像をクリックすると画像が大きく表示される「画像形式」と、リンク先に遷移する「リンク形式」があります。

多くの広告キャンペーンではリンク先への誘導が重要となるため、リンク形式の方が利用頻度は高いでしょう。

画像サイズの自由度が高く、画像アスペクト比(縦横比)のみが決められています。例えば、リンク形式では画像アスペクト比は1.91:1~1:1となっています。

入稿規定(フィード配信時)の詳細は下記の通りです。

画像サイズ等テキスト文字数
画像(画像形式)
  • ファイルタイプ: jpgまたはpng
  • 画像アスペクト比: 9:16~16:9
  • テキスト:125文字以内
画像(リンク形式)
  • 画像アスペクト比: 1.91:1~1:1
  • 推奨解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
  • テキスト:125文字以内
  • 見出し:25文字以内
  • リンクの説明: 30文字以内

動画

画像と同じように、動画も使用できます。

動画もアスペクト比や再生時間の自由度が高く、縦長動画や最長240分の動画、さらには360度動画も使用できます。

入稿規定(フィード配信時)の詳細は下記の通りです。

動画サイズ等テキスト文字数
動画
  • 動画アスペクト比: 9:16~16:9
  • 動画のファイルサイズ: 最大4GB
  • 動画の長さ(最短): 1秒
  • 動画の長さ(最長): 240分
  • テキスト: 125文字以内
  • 見出し:25文字以内
  • リンクの説明: 30文字以内

カルーセル

横方向にスワイプすると、複数の画像/動画が見られる広告形式のことをカルーセルと言います。

画像/動画の両方を2~10点使用でき、訴求したい要素が多いときなどに便利です。

入稿規定(フィード配信時)の詳細は下記の通りです。

画像/動画サイズ等テキスト文字数
画像(画像形式)
  • カード点数(最小): 2
    カード点数(最大): 10
  • 画像ファイルタイプ: jpgまたはpng
  • 動画のファイルタイプ: 対応しているファイル形式
  • 動画の最大ファイルサイズ: 4GB
  • 動画の長さ: 240分以内
  • 画像の最大ファイルサイズ: 30MB
  • 推奨解像度: 1,080 x 1,080ピクセル以上
  • 推奨アスペクト比: 1:1
  • テキスト: 125文字以内
  • 見出し: 40文字以内
  • リンクの説明: 20文字以内

Facebook広告のクリエイティブ制作の考え方

デザインのイメージ

Facebook広告用の画像やテキストを作成するにあたり、押さえておきたいポイントをご紹介します。

画像の20%ルールを厳守する

20%ルールという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

通常のディスプレイバナーと違い、Facebook広告では画像や動画サムネイル内に大きな文字を載せることができず、文字面積が画像面積の20%を超えてはいけないというレギュレーション(通称、20%ルール)が存在します。

20%を超えると、広告が配信されなかったり、リーチ数が減ることがあります。

このルールを設ける理由として、Facebook公式サイトでは「ターゲット層と広告主の両方にとっての利用体験を向上するため」と説明しています。広告色の強いクリエイティブはユーザー体験を阻害するとの判断が背景にあると見られています。

画像内の文字が20%を超えている場合、広告作成中にアラートが表示されます。また、事前に20%ルールに適合するかを調べるための、チェックツールも用意されていますので、ぜひ活用しましょう。

文字数はあくまでも目安

例えば画像広告では、文字数について下記が推奨されています。

テキスト:125文字以内
見出し:25文字以内
リンクの説明: 30文字以内

これら推奨の文字数を超えると、「もっと見る」などの表示が出てテキスト欄が折りたたまれたり、見出しやリンクの説明は表示されなくなる可能性が高くなります。

ただし、デバイスによって表示が切れる文字数は様々であり、完全に予測することは不可能です。推奨の文字数内であっても、デバイスによっては切れることもあります。

テキストの改行位置はコントロールできない

Facebook広告ではテキストの改行位置はデバイスによって変化するため、基本的にはコントロールできません。従って、意図せぬ「ぶら下がり」が発生することがあります。

テキストへのこだわりが強い場合、どうしても気になってしまいますが、Web広告の特徴として受け入れるのが賢明でしょう。

まとめ

Facebook広告の画像サイズや文字数など、レギュレーション全般についてご説明しました。

Facebook広告が入稿担当者を悩ませるのは、レギュレーションが日々アップデートしていく点です。

しかし、Facebook広告のポリシーに即したクリエイティブを用意することが、広告のパフォーマンス向上への近道。そうした変化もキャッチアップしていきましょう。

※本記事は2019年6月時点のFacebook広告の仕様に基づいています。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST