Facebook広告の仕組みについて詳しく解説

Facebook
Facebook広告の仕組み

「Facebook広告がどのように表示されるのか仕組みを知りたい。」

「Facebook広告のターゲティングやオークションはどのように行われているのか気になる。」

この記事ではFacebook広告のキャンペーンやターゲティング、オークションの仕組みについて紹介します。

この記事を読めば、Facebook広告がどのような仕組みで表示されているのかに関する知識が身に付きます。

Facebook広告のキャンペーンの仕組み

Facebook広告キャンペーンの仕組みFacebook広告の仕組みを理解するためにはまず広告キャンペーンに関して理解する必要があります。

ここではFacebook広告キャンペーンと目的について解説します。

Facebook広告のキャンペーンについて解説

Facebook広告を作成する際には「キャンペーン」⇒「広告グループ」⇒「広告」の順で設定を行います。

それぞれの項目で設定する内容は以下の通りです。

  • キャンペーン・・・広告目的の設定、総予算設定
  • 広告グループ・・・予算と掲載期間、ターゲット
  • 広告セット・・・広告設定、クリエイティブ、トラッキング

キャンペーンはどんな目的でユーザーにリーチし、どれだけの予算を使うか決定するFacebook広告の設定で最も重要な項目であることが分かりますよね。

キャンペーンの目的の種類は何種類?

Facebook広告のキャンペーン設定で最も重要なのが目的の設定です。

ここで選択した目的に応じて、Facebookが結果を最大化するように顧客へリーチすることになります。

目的の種類は以下の通りです。

  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • リード獲得
  • 投稿のエンゲージメント
  • ページへの「いいね!」
  • イベントへの参加を増やす
  • メッセージ
  • コンバージョン
  • カタログ販売
  • 来店数の増加

ここでポイントとなるのが、選択した目的に応じて選択可能な広告の課金形式が異なるという点です。

Facebook広告にはクリック課金とインプレッション課金の2つがあります。

クリック課金は広告がクリックされて初めて課金され、インプレッション課金については広告が表示されると課金される形式です。

クリック課金を選択できる広告キャンペーンの目的は、「トラフィック」、「エンゲージメント」、「アプリのインストール」の3つのみとなっており、その他の目的はインプレッション課金しか選択できません。

上記内容を理解した上でキャンペーンの目的は選択するようにしましょう。

Facebook広告の規定について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告の規定を詳しく解説!

Facebook広告のターゲティングの仕組み

Facebook広告のターゲティングの仕組みキャンペーンの仕組みの次に理解したいのは、ターゲティングの仕組みです。

Facebook広告には様々なターゲティングの方法があるためそれぞれ解説していきます。

Facebook広告のターゲティング精度について解説

Facebook広告は全プラットフォームの中でもトップクラスのターゲティングの精度を誇ります。

なぜなら、Facebookは基本的に実名登録であり、性別・出身地・年齢などの基本情報も登録する際に必要だからです

TwitterやLINEは上記の情報を保有していませんし、GoogleやYahoo!の検索エンジンも個人情報をベースにしたリーチという点ではFacebookには及びません。

特定の条件を持つ個人にリーチする手段としてFacebookは最適のプラットフォームとなっています。

興味関心でターゲティングも可能

Facebook広告のターゲティングは、個人の基本情報を元に行うだけではありません。

Facebook広告ではユーザーの興味・関心でターゲティングして、ユーザーへリーチすることも可能となっています。

興味・関心の種類は以下の通りです。Facebook広告興味関心ターゲティング

例えば、子供向けの商品を販売したいという場合は「家族と交際関係」の項目から「子育て」を選択すれば、子供のいる方に簡単にリーチすることができます。

この興味・関心に基づいたターゲティングを行うことでターゲット以外のユーザーにリーチする無駄を省くことが可能という点では便利な機能と言えるでしょう。

Facebook広告のオークションと料金の仕組み

Facebook広告オークションの仕組み最後にFacebook広告のオークション形式や課金方式に関して紹介します。

Facebook広告のオークション形式は他のプラットフォームと大きな違いはありません。

Facebook広告のオークション形式を解説

Facebook広告が表示されるオークションは以下の3つの要素で決定します。

広告主の入札金額×推定アクション率×広告の品質

推定アクション率とは、ターゲット層に含まれるユーザーが、最適化の対象になっているアクションを起こす見込みのこと。

広告の品質は、ターゲットのエンゲージメントやいいね!の数などによって決まります。

Facebook広告のオークションはお金だけで決まるわけではないということを理解しておきましょう。

広告料金の請求はどのタイミングで行われる?

Facebook広告の請求に関しては、自動決済と手動決済から選択することができます。

自動決済とは一定の金額を消化したときに自動的に決済される仕組みであり、手動決済は事前にアカウントに資金を追加しておく方法です。

これに関しては好みの方法を選択することができるため、あなたに合った支払い方法を選択するようにしましょう。

Facebook広告の審査について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告の審査について詳しく解説!

Facebook広告の仕組みのまとめ

Facebook広告の仕組みに関する画像この記事ではFacebook広告の仕組みについて説明しました。

キャンペーン設定、ターゲティング設定、オークション設定の3点において、それぞれのポイントを押さえておくようにしましょう。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービスはこちらを参照

Facebook広告の効果について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告で効果を出す際のポイントを詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP