Facebook

Facebook広告の審査を解説!審査の注意点と落ちた場合の対策とは

Facebook広告審査のアイキャッチ画像

「Facebook広告の審査に落ちないために注意する点」「Facebook広告の審査に落ちた際の対応策」

Facebookに広告出稿したいと考えている方は多いと思いますが、Facebookに広告を掲載する際には審査があります。

この審査を通過しなければFacebookに広告を掲載させることができないため、審査の基準などを事前に理解することは重要です。

Facebook広告の審査について気になる方の参考になれば幸いです。

Facebook広告の審査のプロセスを解説

Facebook広告の審査プロセスの画像Facebook広告の審査基準に関して知る前に、どのようなプロセスで審査が行われるのか知っておく必要があります。

ここでは、Facebook広告の審査プロセスについて解説します。

Facebook広告とは?

Facebook広告とはFacebookのニュースフィードに広告を表示させるものです。

Facebook広告の画像の説明画像Facebook広告には以下の特徴があります。

  • リスティング広告などと比較するとクリック単価が低い
  • 費用対効果が合いやすい
  • Facebookは実名登録のため、ターゲティングの精度が高い
  • Facebookの利用者の多さ

SNS広告の中で最も有名な広告となっており、集客の手段として導入している企業も数多くあります。

Facebook広告の審査方法を解説

Facebook広告の審査のプロセスについては、広告を掲載する手続きを完了させてから24時間以内で審査が完了することになります。

ここで注意点はFacebook広告の掲載をすぐにしたいと思っても、審査に時間がかかる可能性があるという点です。

公式ページには、

「広告は24時間以内で審査されますが、場合によってはさらに時間がかかります。」

との記載があります。

審査は問題がなければ数分で完了する場合も多いです。

しかし、広告の内容に問題がある可能性が高い際には審査の時間が長時間に及ぶ可能性もあるので、あなたの広告がFacebook広告の規定に反していないか事前に確認しましょう。

Facebook広告のターゲティングに関する記事はこちらを確認

Facebook広告のターゲティングの種類・やり方を詳しく解説!

Facebook広告で審査落ちする広告の特徴について解説

Facebook広告審査に落ちる画像Facebook広告はルールが明確となっており、ルールに抵触すると広告の審査に通らない可能性が高まります。

ここでは、広告を出稿する際に気を付けなければならない点をまとめました。

画像内にテキストが多すぎる

Facebook広告の画像のテキスト量は20%が目安です。テキスト量が20%を超えてしまうと広告の審査に落ちてしまう可能性が高まります。

Facebook広告のテキスト量画像を挿入する際にはテキスト量に十分注意するようにしましょう。

また、文字に関しては、企業のロゴなどもテキストとしてカウントされます。動画広告やスライドショーでも文字の規定は同様です。

文字の割合で気を付けなければならないことは審査に通らないという点だけではありません。文字の割合によっては広告の配信数自体が減ってしまう可能性もあります。

画像の文字数の割合を確認するツールとしてFacebookはグリッドツールというサービスを提供しています。

画像内の文字の割合が気になる方はこちらを利用するようにしましょう。

個人を特定できるような内容を避ける

Facebook広告はターゲットを特定できるような内容を投稿することは禁止となっています。判断の基準は難しいですが、下記の内容はNGとなります。

■20~25歳の方限定

■あなたは重罪判決を受けたことがありますか?

個人を特定するような表現は避けるようにしましょう。

また、「〇〇するだけで100万円もらえる」という表現も禁止となっています。

肌の露出・タバコ・酒・武器の画像を避ける

Facebook広告は成人向けコンテンツに対する規定も厳しいことで有名です。

タバコや酒、武器の画像に関してはその画像がメインでなく、画像内に写っていたとしても審査に通らない可能性が高くなっています。

また、肌の露出に関してはアダルトコンテンツでなく、筋トレのサプリなどの販売の際に筋肉を見せる画像などもあります。

その場合は腹筋など一部の筋肉を見せる画像ではなく、全体像またはズームされていない画像であれば、広告審査に通る可能性が高くなります。

肌の露出のある画像を使用する際には十分に注意するのはもちろん、成人向けコンテンツは広告に含めないようにしましょう。

Facebook広告の画像に関連する記事はこちらを確認

Facebook広告の画像の種類を解説!画像選びのポイントや注意点も紹介

Facebookについて言及しているもの

Facebook広告はFacebookに関して言及する際には注意が必要です。Facebookについて言及する場合は下記のように厳格なルールが規定されています。

  • FacebookのFは大文字でなければならない
  • Facebookを複数形や動詞にしてはいけない
  • 正しいロゴを使用しなければならない

Facebookの文字を広告に入れたい場合は注意しましょう。

Facebook広告で審査落ちした際の対応策は?

Facebook広告に落ちた際の対策画像Facebook広告は審査の際に注意しなければならないことは多いですが、注意をしていていも広告審査に落ちてしまうこともあります。

ここではFacebook広告の審査に落ちた場合の対応策について解説します。

広告の再編集

Facebook広告のポリシーに反してしまい、広告が審査落ちした場合は、広告を再編集することで、再審査してもらうことが可能となります。

審査落ちした広告は二度と掲載されないということではないので、その点は安心ですよね。

Facebook広告の審査に落ちた場合に関しては、なぜ落ちたのかという理由がお知らせされるようになっています。

審査に落ちた場合は、広告ポリシーを確認した上で再審査を依頼するようにしましょう。

Facebook広告のポリシーに関しては下記のリンクから確認

Facebook広告のポリシーはこちらから

異議申し立て

Facebook広告の審査に落ちて、ポリシーなどを確認してもあなたの広告に違反がないと判断した場合は異議申し立てを行うことが可能です。

可能性としては低いですが、システムの不具合の可能性もあります。

異議の申し立てについては、申請をしたとしてもペナルティーなどはありませんし、審査に落ちた理由を知るためにも有効な手段です。

まとめ

Facebook広告の審査まとめ画像この記事ではFacebook広告の審査について解説してきました。

Facebook広告の審査に関しては、時間がかかる可能性があり、守らなければならないルールもあります。

  • 画像内にテキストが多くなりすぎないようにする
  • 個人を特定できる内容は避ける
  • 肌の露出を連想させるもの・タバコ・酒・武器の画像は避ける
  • Facebookについて言及しているものは避ける
  • ダイエット商品には気を付ける

また、広告の審査に落ちたからといって、あわてる必要はありません。広告を再編集したり、異議申し立てをするなどの対応をするようにしましょう。

この記事がFacebook広告の審査に関して、気になっていたという方の参考になれば幸いです。

Facebook広告の関連記事はこちらの記事を確認

Facebook広告とは?特徴やメリットを詳しく解説!

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST