Facebook

初心者がFacebook広告で効果を出す方法と効果が出ない際の改善点

Facebook広告効果のアイキャッチ画像 

「Facebook広告で効果を出す方法がわからない」「Facebook広告で効果が出ない場合はどのように対応すればいいのか知りたい」このような疑問を持っている方は多いですよね。

Facebook広告は費用対効果の高い広告手段として近年注目を浴びています。

この記事では、Facebook広告で効果を出すための方法や、Facebook広告を運用しているが成果が出ないという場合の対処方法に関して解説します。

Facebook広告で効果を出す方法について知りたい方の参考になれば幸いです。

Facebook広告は効果が出る?

Facebook広告は効果が出るという説明画像Facebook広告は効果が出やすい媒体として有名であり、Facebook広告の機能を理解することで高い費用対効果を出すことが可能です。

ここでは、Facebook広告の効果が出やすい理由を解説します。

ターゲティングの精度が高い

Facebook広告の最大の強みはターゲティングの精度が高いことです。

上記の理由としては、Facebook広告の登録は実名であり、住所や年齢、学歴など様々な情報が正確に登録されています。

Twitterやその他のSNSであれば、偽名が利用できたり、登録情報が正確でないといったことがあります。

このような状態では、セグメントを絞り込み、ターゲティングを行ったとしてもあなたが求めるユーザーにリーチできているか分かりませんよね。

実名登録で、正確なターゲティングが可能なFacebook広告は、あなたがリーチしたい人に正確にアプローチできるのです。

Facebook広告はクリック単価が低い

Facebook広告は費用対効果が合いやすい広告手段であり、その最大の理由は広告のクリック単価の低さにあります。

狙うキーワード:リスティング広告

①リスティング広告を利用した場合

クリック単価:800円前後(上位表示させたい場合は1,000円以上)

②Facebook広告

クリック単価:80円

上記の比較を見て頂ければ分かる通り、Facebook広告のクリック単価はリスティング広告と比較すると1/10以下に抑えられます。

クリック単価が低くなれば、1人の顧客を獲得する単価も下がるため、費用対効果は必然的に高くなります。

現在リスティング広告で赤字が続いているという方は、一度Facebook広告を試してみることをおすすめします。

Facebook広告と併せて知りたいリスティング広告の記事はコチラから!

【初心者向け】リスティング広告とは?基本知識〜メリット・デメリットを解説!

Facebook広告で効果を出す具体的な方法

Facebook広告を効果を出すの説明画像Facebook広告は、ターゲティング精度の高さとクリック単価の低さから効果が出やすい広告であることを説明しました。

ここでは、具体的にどうすればFacebook広告で効果が出せるのか解説します。

ターゲットを絞りこみ興味のある人のみに広告配信する

Facebook広告で効果を出すために最初に行うことはターゲットを明確にすることです。

Facebook広告のセグメントに関する説明画像Facebook広告は年齢・地域・性別・言語などのカテゴリーでセグメントが可能です。あなたが店舗集客としてFacebook広告を利用する際には、特に有効なセグメント方法となります。

また、Facebook広告はユーザーの興味に合わせたセグメントも可能という強みがあります。

<趣味・関心・アクティビティ・「いいね!」したページ>

【項目】

スポーツ・テクノロジー・ビジネス・フィットネス・レジャー施設・家族と交際関係・買い物・趣味

ユーザーの興味に応じたセグメントが可能という点で、無駄な広告出稿が減ります。

Facebook広告を出稿する前のペルソナ設定を細かく行い、ターゲットに効率的にリーチするようにしましょう。

複数種類の広告をテストする

Facebook広告で効果を出すために注意する2つ目のポイントは広告の種類をテストすることです。

画像広告

Facebook広告の画像の説明画像引用:Facebook広告ヘルプセンター https://www.facebook.com/business/help/980593475366490?id=1240182842783684

利用する方が非常に多い広告となります。1枚の画像にテキストという形式であり、この場合は画像やテキストのテストも繰り返し行い、最適な広告を作成することが重要です。

カルーセル広告

Facebook広告カールセル広告の説明画像引用:Facebook広告ヘルプセンター https://www.facebook.com/business/help/980593475366490?id=1240182842783684

複数の画像や動画のリンクを設定できるフォーマットです。ユーザーが横にスライドすることで、より多くの情報を伝えることが可能となります。

動画広告

近年最も増えている広告の種類となります。ユーザーがスクロールした際に動画であれば手が止まり、広告がクリックされる可能性が高まります。

Facebook広告には複数の広告の種類があり、最も効果的な広告を選択する必要があります。

広告のクリエイティブを工夫する

広告の種類をテストすることはもちろんですが、広告文や広告画像のテストも非常に重要となります。

というのも、広告文や広告画像を変更するだけで、コンバージョン率が数倍になることもあるからです。

Facebook広告における、クリエイティブ作成の際に注意したいのは下記の点です。

  • ユーザーが共感できる内容にする(あるある話・悩み・みんなが知っている)
  • おもしろい内容を盛り込む
  • 続きが気になる広告の作りにする

広告文やクリエイティブをテストする際には、一度に複数のものを同時にテストして、最も効果が高いものを選択することが重要です。

Facebook広告の画像の規定に関する記事はコチラから!

Facebook広告の画像やテキストのレギュレーションまとめ!

Facebook広告で効果が出ない場合の改善方法

Facebook広告で効果が出ない際の画像Facebook広告を運用していても効果が出ない。そんな時はキャンペーンの設定やターゲティングの設定を誤っている可能性があります。

ここでは、Facebook広告の効果が出ない際の改善方法を解説します。

キャンペーンの目的を間違っていないか確かめる

Facebook広告で効果が出ない際の見直しポイントの1つ目は、キャンペーンの目的が誤っていないか確かめることです。

  • ブランド認知アップ
  • リーチ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • リード獲得
  • メッセージ
  • コンバージョン
  • カタログ販売
  • 来店数の増加

Facebook広告は上記のように複数の項目からキャンペーンを選定することが可能です。

キャンペーンの目的を適切に選択することで、その目的に応じて最も費用対効果が高くなる手段で広告を出稿してくれます。

あなたの広告出稿の目的が誤っていないかを確認することは非常に重要です。

ターゲットの選定を間違っていないか確かめる

ターゲットが誤っていればあなたの目的を達成することは難しくなります。

Facebook広告を運用していて結果が出ない場合は、ターゲットの選定が誤っていないかも確認し、成約に繋がり得る方に対してターゲティングするようにしましょう。

まとめ

Facebook広告効果のまとめ画像この記事では、Facebook広告は本当に効果が出るのか、効果を出すための方法について解説してきました。

Facebook広告で効果を出すためには、下記の項目を意識することが重要となります。

  • ターゲットを絞り込み、興味のある人のみに広告配信を行う
  • 複数種類の広告をテストする
  • 広告のクリエイティブを工夫する

また、効果が出ない際にはキャンペーンの目的やターゲティングが誤っていないか確認することをおすすめします。

この記事がFacebook広告で効果を出したいと考えている方の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST