Facebook広告の効果的なクリエイティブの作り方とは?

Facebook
Facebook広告クリエイティブアイキャッチ画像

「Facebook広告で効果のあるクリエイティブの作り方を知りたい。」

「Facebook広告のクリエイティブを作成する際に押さえるべきポイントが気になる。」

今回は、Facebook広告のクリエイティブを作成する際のポイントについて詳しく解説します。

この記事を読めば、Facebook広告のクリエイティブを作成する際の知識が身に付くでしょう。

Facebook広告のクリエイティブの種類

Facebook広告クリエイティブ種類効果的なFacebook広告のクリエイティブ作成について説明する前に、まずはFacebook広告のクリエイティブの種類を理解することが重要です。

代表的な画像広告と動画広告、その他の広告の種類について説明します。

画像広告

Facebook広告の種類の1つ目は画像広告です。

1枚の画像とメインテキスト・見出し・説明文の4つの要素で成り立っています。

Facebook広告画像の説明画像

目にする機会の多い画像広告ですが、画像のテキスト量に関しては注意が必要となります。

以前は画像に含まれるテキスト量が20%以下でなければ広告が表示されないというルールがありました。

現在はこのルールが緩和され、テキスト量が少ないほど良い広告とみなされるようになっています。

しかし、テキスト量が多いとFacebookから警告が届くこともあります。

画像に占めるテキストの割合はなるべく少なくするよう心がけましょう。

動画広告

Facebook広告の2つ目の種類は動画広告です。

タイムラインに流れてきた際に、画像広告よりもユーザーの注目を集めるということで利用する方も年々増加しています。

動画の時間に関しては、1分を超えるような動画ではなく、15秒程度の短い動画にすることで最後まで視聴される可能性が高まります。

動画広告を用意する際には動画の長さにも注意しましょう。

その他の広告の種類

画像広告と動画広告以外にもFacebook広告には様々な種類があります。

  • カルーセル広告
  • スライドショー広告
  • キャンバス広告
  • コレクション広告
  • ダイナミック広告
  • リード獲得広告
  • クーポン広告
  • イベント広告

用途に応じて適切な広告の種類を選ぶようにしましょう。

Facebook広告の種類について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告の種類を詳しく解説!

Facebook広告のクリエイティブを作成する際のポイント

Facebook広告クリエイティブ作成のポイントFacebook広告のクリエイティブを作成する際の重要なポイントは、以下の3つです。

それぞれについて紹介していきます。

クリエイティブは複数用意する

Facebook広告はクリエイティブが異なれば、反応率に大きく差が出ることがあります。

そのため、広告のクリエイティブは5種類程度用意してテストするのがおすすめです。

テストをしていく中で、クリック単価が安いものやコンバージョン率が高いクリエイティブが出てきた場合は他のクリエイティブを停止し、反応の良いクリエイティブを残すようにしましょう。

広告とLPの内容に一貫性を持たせる

広告と遷移先のLPの内容を一致させることもコンバージョンを増やすためには重要です。

ユーザーは広告のクリエイティブを見て関心があれば広告をクリックします。

そこで用意されていたLPの内容が広告とかけ離れていれば、文章を読まずに離脱するユーザーは増加します。

広告の見出しとLPのタイトルを同じにするなど工夫を施すのがおすすめです。

コールトゥーアクションの文言を追加する

コールトゥーアクションの文言とはユーザーに広告をクリックするよう促す文言のことです。

この文言を追加することで、最終的なコンバージョン率が変わることもあり、クリエイティブにおいて重要な要素となっています。

代表的な表現は以下の通りです。

  • 無料でお試し
  • 期間限定販売
  • こちらからダウンロード
  • 詳細を確認

「無料でお試し」などの文言は特にユーザーの関心を引くため、広告で販売する商品によってはクリエイティブに追加してみることをおすすめします。

Facebook広告テキストの訴求の種類を解説

Facebook広告のアカウント停止理由の画像Facebook広告は画像での訴求は重要ですが、テキストでの訴求も重要です。

Facebook広告のテキストの訴求方法を2種類紹介します。

感情訴求

行動を起こす際には、人の感情が重要となります。

Facebook広告のクリエイティブも感情に訴求する文章はユーザーの反応率を高めるために効果的です。

感情訴求のポイントは相手が共感する文章にすること。

そのため、見ている人の気持ちを考えることが重要となってきます。

広告作成の前にターゲットを明確にし、どんな言葉に反応するのか十分なリサーチをしておきましょう。

理論訴求

理論訴求はロジックを重んじる方に訴求する際に利用する訴求方法です。

特に高額な商品や競合の多い商品は、なぜこの商品が優れているのか、他社と比較して何が優れているのかを明確にする必要があります。

商品の性質を考慮し、感情訴求と理論訴求を上手に使い分けることができるようにしましょう。

Facebook広告運用のポイントについて、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告を運用する際のポイントを詳しく解説!

Facebook広告クリエイティブ作成のポイントまとめ

Facebook広告のコンバージョン説明画像この記事ではFacebook広告のクリエイティブを作成する際のポイントについて説明しました。

今回紹介した重要なポイントを押さえるのはもちろん、広告の反応を確認しながらこまめにクリエイティブを変更するよう心がけましょう。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービスはこちらを参照

Facebook広告の広告規定について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】Facebook広告の広告規定について詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP