Facebook

Facebook広告の料金について解説!課金方式や広告予算の種類も紹介

facebook料金

Facebook広告は近年注目を集めている集客方法で、企業も多くの広告費用をFacebook広告に費やしています。

Facebook広告を始めようと考えた際に、最も気になるのはどれくらいの料金が必要なのかという点ですよね。

この記事ではFacebook広告を出稿する際に必要な費用について詳しくみていきます。Facebook広告には様々な課金方法もあり、課金方式次第で費用対効果が大きく変わることもあります。

これからFacebook広告を始めようと考えている人の参考になれば幸いです。

Facebook広告の金額を解説

facebook広告の予算に関しての詳細を解説Facebook広告のメリットは少ない料金で広告出稿を始められるという点です。

Facebook広告の最低出稿金額は100円です。

出稿の最低金額は100円ですが、仮に100円で広告出稿したとしても効果は見込めません。

広告を出稿し、目的に応じた効果を期待したいという場合はある程度のアクセスを見込んだ広告費用を投入する必要があります。

Facebook広告の予算として最適な料金は?

最適な広告費用については個人の予算や目的に応じて変化するため、金額を明確にすることはできません。

しかし、レスポンス率を計測したい場合、一般的には1日1万円くらいの広告費用で出稿するのが良いです。

10,000円であれば、1人にリーチするのに50円かかると想定すると1日で200人にアプローチ可能!

200人の人にサイトのページを見てもらえれば、webページの改善点もみえてきますよね!

アクセス分析をしている人であれば、ページへの滞在時間や広告のクリック率のデータも取得することもできるでしょう。

マーケティングの世界では広告のレスポンス率は10倍の広告費用をかけても変わらないとされています。

そのため、1万円で200人にリーチして得られたレスポンス率は10万円で2,000人にリーチする場合でも同様になります。

1万円の広告料金からFacebook広告の運用を始めることをおすすめします。

WEB集客について基礎から知りたい方はこちらから

WEB集客の方法とは!?初心者でも使える集客法3選

Facebook広告はテストも重要

また、いきなりレスポンスを求めた広告出稿をするのではなく、広告のクリエイティブや文章のテストを行い、費用対効果を最大にできる広告を探っていくことが重要となります。

広告のテストについてもFacebook広告は一度に複数のクリエイティブを試すことができますし、それぞれのクリエイティブに対して出稿金額を設定することができます。

Facebook広告のテストについて詳細を解説

Facebook広告の設定画面にはテストの設定を行う画面もあるので、こちらから自分がテストしたい項目を選べぶだけで簡単に設定を行うことが可能です。

予算に応じて広告出稿の方法を選択できるという点はFacebook広告の大きなメリットです。

SNS広告を利用することでSEOにも影響がある?詳しく知りたい人はこちらから

SNSの運用がSEOにプラスに働く本当の理由|いいね!はいらない

Facebook広告の課金方式について

facebook広告の課金方式を詳しく説明

Facebook広告の課金の種類には6種類あり、自分で課金方式を決定することができます。ここでは6種類の課金方式について詳しくみていきます。

①CPC(クリック課金)

Facebook広告のCPCに関する解説1つ目の課金方式はクリック課金方式です。広告がクリックされた時点で広告費用が発生します。Facebook広告の場合は1クリックあたり100円~200円の費用が発生すると言われています。

②CPM(インプレッション課金)

Facebook広告CPMについて解説2つ目は広告が表示された時点で料金が発生するインプレッション課金方法です。広告費用は1,000回の広告表示に対して金額が設定されています。注意としては誰も広告をクリックしない場合でも費用が発生してしまうという点です。

③&④動画の再生課金

Facebook広告動画再生課金の説明3つ目と4つ目は1つにまとめましたが、動画の再生時間に応じて課金されるというものです。動画再生課金方式には動画の10秒再生課金と動画の2秒以上の継続的再生課金の2種類があります。

⑤アプリインストール課金

Facebook広告アプリインストール課金の説明アプリインストール課金方法はFacebook広告経由でアプリがダウンロードされた際に課金されるという仕組みです。

しかし、アプリインストール課金方法を利用するためには特殊な設定が必要となり、手間に感じる人も多いかもしれません。

⑥ページへの「いいね!」課金

Facebook広告のいいね課金方式の説明Facebook広告に「いいね!」がついた際に課金される課金方式です。

上記の課金方式から目的に応じて費用対効果を最大にできるものを選択するようにしましょう。

WEB広告について基本から知りたい方はこちらから

初心者でもわかるWEBマーケティングとは?基本から解説!

Facebook広告の配信設定方法について

Facebook広告キャンペーンの説明Facebook広告のメリットは広告別に予算を設定できる点が挙げられます。ここでは具体的な4つの配信設定方法について解説していきます。

アカウント予算

この予算は自分が保有しているアカウント全体で利用できる予算となります。

イメージとしては個人がFacebook広告全体に使える予算です。

キャンペーン予算

Facebook広告を配信する場合はキャンペーンと呼ばれるグループを作成してから、広告配信を行います。

Facebook広告のキャンペーンの種類

例えば、美容関連のキャンペーンと健康食品関連のキャンペーンを同時に広告配信することも可能です。

このキャンペーンの中に複数の広告セットが紐づいている形式です。

Facebook広告ではキャンペーン毎に予算を設定し、その予算を超えない形で広告出稿をすることが可能です。

広告セット予算

広告セットは1つの広告に対して予算を振り分けることができるものです。

1つのクリエイティブに対していくらのお金をかけるかを決定することができ、細かいテストをしたい人におすすめです。

広告セットは1日毎に予算を振り分けるか、通算でいくらの予算を消費するのかを選択することが可能です。

入札単価

入札単価は1クリックいくらの上限で入札するのか、1,000インプレッションで上限いくらで入札するのかについて上限を設けることができます。

基本的にFacebook広告は自動で入札をする設定ですが、自分で上限を決めることもできます。

まとめ

Facebook広告の料金に関するまとめこの記事ではFacebook広告の出稿に必要な費用についてみてきました。

Facebook広告は100円から出稿することができ、自分の予算に応じて広告を出せるメリットがあります。

また、広告のキャンペーンが画面や広告セット、広告管理画面から細かいターゲッティング設定ができたり、予算を自由に決定でき、非常に利用しやすいサービスとなっています。

予算に応じてFacebook広告にあてる費用を計算してみることをおすすめします。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST