育成プログラム

【必見】エンジニアからWebマーケティング業界にキャリア転向する方法

最近はエンジニアと同様、Webマーケターという職種も注目されてきました。

以前までは、IT業界と言えばエンジニアのような風潮がありましたが、Webマーケターを目指そうと活動している人も増えてきています。

この記事を読んでいる人の中で、エンジニアになったのは良いものの「あまり仕事にやりがいを感じない」と感じてる人もいるのではないでしょうか。

今回はエンジニアからWebマーケターへ転向を考えてる人向けに、

「エンジニアからWebマーケターへキャリア転向する場合の手順」

「エンジニアとWebマーケターの似ている部分・違い」

など、それぞれ解説していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

1 Webマーケティングの仕事内容

PC作業をするWebマーケター

実際にエンジニアからWebマーケティング業界への転職を試みる前に、「Webマーケティングの仕事内容」を知っておく必要があります。

Webマーケティングとは、Web上で行われるマーケティングのことで、WebサイトやWebサービスを用いて行われるマーケティング施策です。

※マーケティングとは、販売(売り込み)をせずとも物が売れる状態を作ること。すなわち「物が売れる流れを作る活動」です。

代表的なWebマーケティングの領域は以下で、それぞれ特徴が全く異なります。

  • SEO
  • SNS運用
  • YouTube
  • Web広告運用
  • メールマーケティング
  • Lステップ

Webマーケティングでは、従来のマスマーケティングと異なり下記2点などを分析することが可能です。

  • どれだけの人が見たか
  • なにをきっかけに見たか

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

エンジニアとWebマーケターの違い

PCとメガネ

結論からいうと、エンジニアとWebマーケターは全く違う職種です。

同じIT・Web業界ではありますが、多くの異なる点があります。

実際にエンジニアからWebマーケターへ転職しようと考えてる人は、2つの職種の違いをまず知っておきましょう。

①Webマーケターはより上流

そもそも会社の経営活動には、マーケティングが不可欠であり、最近ではWebマーケティングが重要視されています。

時代の流れもあり、Webマーケターは企業にとっても重大な責任を負い、より上流のポジションになってきています。

Webマーケターは経営と直接的な関係があるため、自然と上流の仕事になります。

②正解がない

プログラミングと違い、Webマーケティングには正解がありません。

プログラミングであれば、「正しいコードの書き方」や「プログラミング言語の文法」など正解がありますが、Webマーケティングは全く異なります。

  1. 自分で問題点を見つけ出す
  2. 施策を考える
  3. 施策を実行し、試す
  4. 結果を確認する
  5. また改めて施策を考える

Webマーケティングの仕事は、自分でいかに「正解を探り出すか」が重要になります。

③一生使えるスキルが身につく

Webマーケティングのスキルは、一度身につけてしまえば一生の財産となります。

例えば、商品やサービスを提供する場合、昨今ではWebメディアの存在は欠かせません。

Webマーケティングのスキル・知識を使えば、Webメディアを使って購買までつなげることが可能です。

一方でプログラミングのスキルしかない状態だと、メディアを作ったあとのマーケティングやセールスフェーズの対応が難しいでしょう。

④スキルが身につくまでの期間

エンジニアに比べて、Webマーケターの方が短期間で基礎を学習できます。

基礎を学習したあとは、実際にアウトプットしながらWebマーケティングのスキルを身に付けていくことが理想です。

流れとしては以下のようなイメージです。

  1. 短期間でスキル・知識を身に付ける
  2. 仕事を獲得する
  3. 実務経験を積みながらさらにスキルが身につく

また、フリーランスで案件を取得する場合も、Webマーケターはエンジニアに比べて多くの実務経験は求められない傾向にあります。

上記の点もエンジニアとWebマーケターの大きな違いといえるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

エンジニアとWebマーケターの共通点

ルービックキューブ

エンジニアとWebマーケターは似ている部分もあります。

例えば、双方パソコンを使って仕事をするため、「リモートワーク」がしやすいなどです。

仕事内容としては大きく異なりますが、いくつか共通する点はあるといえます。

①リモートワークがしやすい

大きな共通点としては、エンジニア、Webマーケター、双方ともリモートワークがしやすいことです。

Webマーケティングは、パソコン一台で海外や地方でも働くことが可能です。

なので、既にエンジニアとしてリモートワークをしている人などは、Webマーケティング業界に転職しても生活スタイルに大きな変化がなく、転職しやすいでしょう。

②市場価値が高い

最近の企業の求人を見ても確認が取れますが、エンジニアやWebマーケターを募集する企業はかなり増えています。

各個人のキャリア次第ですが、双方とも年収1000万円は目指せるほど市場価値は高いといえます。

また最近では、日本の多くの企業がエンジニアやWebマーケターを求めており、その影響でプログラミングスクールやWebマーケティングスクールも急激に増えています。

③独立しやすい

「独立・フリーランス」を目指しやすいという点も、エンジニアとWebマーケターの共通点でしょう。

一人前のスキルさえ身に付けることができれば、誰でも独立することが可能です。

アプリ開発などのエンジニアの場合、独立するには2〜3年の実務経験が必要です。

画像出典:【週2以上/業務委託】SEOのプロ人材募集!!自社ECサイトを展開しているSP企業>>|ビジネス界にもプロ契約を【キャリーミー】

一方、Webマーケターは実務経験を2〜3年求められるケースは多くないため、Webマーケターの方がエンジニアより独立しやすいといえます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

エンジニアからWebマーケティング業界に転職する手順

PC作業をするWebマーケター
  • 完全初心者からエンジニア
  • 完全初心者からWebマーケター

上記どちらも、転職するときの手順は似ています。

Webマーケターへ転職する際は、エンジニアと同様で、以下3点の手順となります。

  1. まずはスキルを身に付ける
  2. 最低限の実績を作る
  3. 転職活動を始める

似ている部分が多いため、一度エンジニアとして就職・転職を成し遂げた人は、イメージが湧きやすいのではないでしょうか?

手順①スキルを身に付ける

エンジニアからWebマーケティング業界にキャリア転向するとなった際、まず大事ことは「スキルを身に付けること」です。

スキルがないと、仕事で成果を出すことが難しいため、エンジニア業界と同様でWebマーケティング業界でもスキルは必須です。

  1. SEOマーケター→SEOのスキル・知見
  2. SNSマーケター→SNSのスキル・知見
  3. YouTubeマーケター→YouTubeのスキル・知見

自分の分野のスキルを身に付けること、最低限の経験を積んでおくことが重要になってきます。

 手順②実績を作る

スキル・知見を身に付けた後は、実績作りです。

Webマーケティングの場合、自分自身で実績を作ることが可能です。

SEOマーケターになるのであれば、自分でブログを始めたり、SNSマーケターであれば自分でSNSを運用しフォロワーを伸ばすことから実績を作りましょう。

  • SEO→上位表示の実績10つ程度
  • SNS→フォロワー1000人
  • YouTube→チャンネル登録者数1000人

明確な基準はありませんが、Webマーケティング業界に転職する際は、上記の数値を目安に実績を作るべきでしょう。

手順③転職活動

スキルを身に付け、実績も作ることができたら、ついに転職活動です。

Webマーケティング業界に転職する際は、エージェントを使うことをおすすめします。

Webマーケティング業界は新しい業界であり、エージェントを使うことでそれぞれの企業がどんな人材を求めているのかが分かるからです。

弊社の運営しているWebマーケティングスクールでも、就職・転職コースではエージェントを通して活動を行っております。

「今はエンジニアとして働いてるが、いずれWebマーケティング業界に転職したい!」という人は、まずはお気軽にお問い合わせください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:エンジニアからWebマーケターに転職してキャリア構築

エンジニアとWebマーケターは、就職・転職するまでの手順が似ています。

一度エンジニアへの転職を成し遂げた人であれば、遠回りずにWebマーケターへキャリアチェンジできるでしょう。

  1. まずはスキルを身に付ける
  2. 最低限の実績を作る
  3. 転職活動を始める

「独学力に自信がある人」は独学でもWebマーケターは目指せますが、スクールに通う方が確実性があるといえます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/