メルマガで強い反応を取るテクニックとは?重要ポイントを解説します!

コピーライティング
メルマガで強い反応を取るテクニックとは?重要ポイントを解説します!

メルマガといえば登録しているサイトなどから送られてくる情報のことですよね。

メルマガの書き方を間違えてしまうと、相手の心に残らなくなってしまいます。

そこで今回は、メルマガで強い反応を取るテクニックについてお話していきます。

メルマガで意識する事

メルマガで意識することは、誰に向けて書いているか?ということが重要になってきます。

ただなんとなくメルマガを書いていると焦点がどこにあり、何を伝えたいのか?がわかりにくくなるからです。

メルマガを書く際には、まずペルソナを決めてから書き始めると誰に?何を?を伝えやすくなります。

ペルソナとはなにかというと、商品やサービスを利用する顧客の中でもっとも重要な存在で理想の顧客像といえます。

特定のペルソナに向けたメルマガを書くことで、その他大勢のために書いた記事ではなく、まるで1対1で話をしているような記事になります。

結果として、そのペルソナに響いていくメルマガとなり、良い反応を取ることが可能になってきます。

逆に、多くの人になんとなくメルマガを送っていくと、ペルソナの目に留まることがなくすぐに削除されてしまうメルマガになっても仕方ありません。

ペルソナの設定方法については、こちらの記事を参考にしてください。

【最新版】ペルソナの設定方法2019!集客をしたいなら学ぶべし
【最新版】ペルソナ(ターゲット)の設定方法!集客したいなら必ず学ぶべし個人事業主や中小企業はもちろんのこと、大手企業も常に集客方法に頭を悩ませています。そこで今回は、集客がグンッと伸びるブログ集客の基礎をお伝えします。...

メルマガで意識すべきタイトルの書き方

メルマガで意識することは、メルマガタイトルを興味深いものにして、読んでもらいやすい内容を書くようにしていきます。

メルマガを読みたくするのに重要なのはタイトルに興味を持ってもらうことです。

タイトルによっては気になったり、興味を持ったり、関心を引き付けるようなタイトルであればついつい読もうかと思えるものです。

メルマガのタイトルをみてみると、興味深い内容のものには「無料」「重要」「警告」などのキーワードが入っていることが多くついつい眼に入ってきてしまいます。

その他に、「今まで見たことのないような!!」や「どうなっているのだろう?」などの疑問のタイトルがついたりするとより知りたくなり期待したりもします。

人間の心理を刺激するメルマガタイトルは開封率を上げることにつながります。

メルマガで強い反応を得るために

メルマガというと、大勢の人に向けたメッセージを送っているイメージが強いことから、「このメッセージは私に向けて送られているものではないのだろう」とスルーされることがあります。

実際、毎日100通近くのメールが届いても気に留めるのはほんの一握りの内容となりメールの開封率は実に10%未満といわれます。

どうしてそういうことになるかというとターゲットを明確にしていないからです。

メルマガで強い反応を得るためには、ターゲットを明確にすることはかなり重要なことです。

ターゲットを絞り込むことでメルマガの内容を充実させることができます。シンプルにすることで1対1となってより内容が伝わりやすくなります。

内容が伝わるようになるとメルマガを読むターゲットはより深い内容を知りたくなってきます。

ペルソナの興味が深くなっていくと、そのことにもっと興味を持ってその商品を購入しようと行動していくことにつながっていきます。

ペルソナの行動を刺激するメルマガはきっと強い反応を得ることができるはずです。

まとめ

メルマガを書くときに意識することは、誰に?何を?伝えるかを明確にすることです。

ペルソナを特定して1対1を意識してメルマガをその人に向けて送ることによりメルマガで強い反応を得ることができます。

そして、メルマガを読んでもらうために重要なのは興味深いタイトルを作っていくことです。「1番」などの数字や、「無料」「重要」「警告」などの言葉が目に入るとついこの記事を開封してみようかな?という気持ちになります。

あとは、あなたの為だけにこの情報を知ってもらいたい!という強い気持ちを相手に伝えて、相手を惹きつけていきましょう!

この記事を書いた人
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
このライターの記事を見る
TOP