コピーライティングのコツとは?ライターの価値を上げる3つの方法

コピーライティング
セールスライティングの本

ライターとして執筆をしていながら、「なにを伝えたいんだろう?」と考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では次のステップに進みたいライターへ、コピーライティングのコツを紹介していきます。

文章を寄稿しているライターは、一見文字数に対する対価を受け取っているように見えますが、実は作成したコンテンツの質がライターの価値です。

自分でWebコンテンツを運営している方はもちろん、寄稿している方もコピーライティングのコツを知っているだけで、ライターとしての価値を上げられるでしょう。

コピーライティングのコツを理解しているだけで、ライターとしての価値をグッと高められる

コピーライティングを理解することが先決!

コピーライティングを理解することが先決!

この記事ではライターの価値を高めるための方法を紹介していきますが、まずはコピーライティングの定義から確認していきましょう。

そもそもコピーライティングという文章に期待される役割は、ユーザーが文章を読むことで、なにかしらの行動を開始することです。

コピーライティングと聞くと、キャッチコピーのような短いメッセージを思い浮かべますが、実は昨今のWebライティングの多くがコピーライティングに該当しています。

というのも、一昔前にTVが行っていた役割をWebコンテンツが代行するようになり、Webを見た流れで、具体的な行動を伴うユーザーが増えてきた時代背景が関係しています。

商品そのものの魅力を伝え、購入するきっかけを与えることはもちろんですが、筋トレや節約術などを実践させ、コンテンツに再訪してもらうこともコピーライティングの役割と言えます。

コピーライティングにはコツがある!ライターの価値を上げる3つの方法を紹介

コピーライティングのコツ

ライターによって表現が異なるコピーライティングですが、優秀なライターにはコツを理解しているという共通点があります。

コピーライティングの働きを理解しながら、これから紹介する3つの方法を実践するだけで、クライアントとライター自身が納得できる文章が執筆できるでしょう。

方法1、ライター自身が価値を感じた文章をモチーフにする

コピーライティングのコツを実践するための、1つ目の方法がライター自身が価値を感じた文章をモチーフにすることです。

実は文字数は書けるものの、文字単価がなかなか上がらないライターは、すべてをオリジナルにしなければならないという固定概念をもっていることが少なくありません。

健康やお金に関する記事を執筆する際にも、まずはライター自身がなるほどと感じるコンテンツに出会うことが重要です。

もちろん、盛り込まれている情報をそのまま引用することはできませんが、「なぜ自分が納得したのか?」を分析するだけで、質の高いコピーライティングを行えるはずです。

方法2、情報を集めて箇条書きにする

執筆前に情報を集めて箇条書きにすることも、コピーライティングのコツです。

特にライター初心者の方々は、いきなり文章を書き始めるのではなく、伝えるべき情報をピックアップする時間をつくることから始めることをおすすめします。

すぐに文章を書き始めたほうが、執筆にかける時間を短縮できるように感じますが、伝えたいことがぶれてしまう、何を伝えたいのかわからなくなるといった状態に陥ってしまいがちです。

執筆に取りかかる前に、冷静な頭で「ユーザーに届けるべき情報はなにか?」を精査していきましょう。

方法3、ユーザーが読みやすいように執筆していく

コピーライティングのコツを意識し、ライターとしての価値を上げる3つ目の方法がユーザーが読みやすいように執筆していくことです。

魅力は違いますが、人気のWebコンテンツのすべてが、ユーザーが読みやすい文章で構成されています。

伝えるべき情報を盛り込みながら、見出しをまとめる、結論から書くといった意識をもつだけで、自然に読みやすい文章に仕上げられます。

コピーライティングのコツは執筆前の準備にあり!

コピーライティングのコツ

ライターの価値を高める方法を解説してきましたが、実はコピーライティングのコツは執筆前の準備に隠されています。

もちろん執筆を開始してから推敲を繰り返すことも重要ですが、「モチーフにするコンテンツ探し」や「盛り込むべき情報の収集」といった作業は、執筆前にしておくべき準備です。

締め切りが迫ると準備にかける時間も短くなりがちですが、ユーザーに読まれるための分析をする時間を作ることがコピーライティングの最大のコツです。

まとめ

コピーライティングのコツ

コピーライティングのコツを意識するだけで、ライターの価値はグッと高まります。

また、ライター初心者の方々は、しっかりとコピーライティングの定義から確認しておくことをおすすめします。

ライターは文章を書くことで対価を得ているように見えますが、本当の仕事はユーザーにコンテンツの価値を伝えることです。

「どうすればユーザーが行動を開始するか」を分析する時間を作ることが、コピーライティングの最大のコツと言えるでしょう。

さらにWebライティングの勉強したい方はこちらもチェック!

Webライティングにおすすめの本とは?結果に直結する5冊を厳選

この記事を書いた人
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
このライターの記事を見る
TOP