ライフハック

フリーランスなるには?収入をアップさせるために必要な3つのこと

フリーランスになるためのスキルが書かれたイラスト

この記事では、フリーランスとして着実に収入をアップさせるために必要なアクションを解説していきます。

フリーランスになるには、ほかの人にないスキルをもっている必要があることは事実です。しかし、すでにある程度の収入を得ている方々は仕事を受注しながらスキルを身に着けています。

今回は、フリーランスとして活躍するための知識や経験がなければならないと思い込んでいる方々に向けて、会社員勤めをしながら収入をあげる方法を解説していきます。

フリーランスになるには?収入をアップさせる3つのこと

タブレットでグラフをチェックするフリーランス

まずはフリーランスになり、着実に収入をあげるための3つの方法を解説します。

フリーランスは仕事をこなした分が収入になるという法則がありますが、実は持ち合わせているスキルや知識を評価してくれる存在をつくるだけで収入をあげられます。

知識を身につけるための時間を設けながら、有益なアドバイスをくれる味方も探しておきましょう。

フリーランスエージェントを活用する

フリーランスの準備をする段階から利用しておきたいのがエージェントです。

フリーランスエージェントの主な仕事は、フリーランスのために活躍の場を用意することですが、クライアンから評価されやすいスキルや知識に関するアドバイスも行っています。

未経験からフリーランスになることを思い描いている方は、仕事を獲得するための有益な情報を与えてくれるでしょう。

コネクションを作る

仕事を依頼してくれるだけでなく、必要なアドバイスをくれる、モチベーションを保つ、疑問を解消するといったメリットをもたらすのが、自分で構築するコネクションです。

会社員とフリーランスの働き方を比較してみると、組織に所属しているかどうかという点に一番の違いがあります。

会社員であれば、上司や先輩にわからないことを聞きながら、チームとして活動するためモチベーションも維持できますが、フリーランスは自分で環境を用意しなければなりません。

また、事業主から直接仕事を請け負えば、仲介業者に支払う手数料がなく、収益をアップさせることができます。

クラウドソーシングサービスを利用する

会社員勤めをしつつ、月数万円の収入アップを目指す方におすすめなのがクラウドソーシングサービスを利用することです。

クラウドソーシングサービスには仕事によって違いがありますが、1案件数千円〜数万円ほどの仕事が数多く掲載されています。

そして、副業フリーランスにとって、クライアントを探す手間を削減できるというメリットがあります。

フリーランスになるには思い込みを取り払うことも重要

メモを取るフリーランス

ここからは、フリーランスになる際に思い込んでしまいがちな2つのことを解説していきます。

自分で仕事をこなす必要があるフリーランスですが、仕事は1つしかできない、1人ですべての仕事をこなさなければならないというわけではありません。

思い込みを取り払うことでハードルをグッと下げられるはずです。

仕事は1つしかできない

フリーランスを目指す方が陥ってしまいがちなのが、仕事は1つしかできないという思い込みです。

会社員務めをしているため、仕事は1つしかできないという感覚が残ってしまうのにも無理はありませんが、フリーランスは空いている時間があれば、別のプロジェクトを並行して進めることができます。

また、案件の獲得方法についても、直接の知り合いからの依頼やクラウドソーシングサービスのクライアントから依頼など、チャネルを拡大すればその分可能性を広げられます。

1人ですべての仕事をこなさなければならない

2つ目のよくある思い込みが、1人ですべての仕事をこなさなければならないというものです。

フリーランスには自分で用意しなければ、会社員の上司や同僚のように気軽に聞ける存在がいないという難点があります。

しかし、先ほど触れたような事業主やフリーランス仲間がいれば、わからないことを調べるための時間と費用を短縮できます。

また、複雑な税金関係の処理も知り合いがいれば、書類の作成にかける時間も税務署に足を運ぶ時間も削減できます。

フリーランスの業務委託契約について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

フリーランスの業務委託契約における問題点とは!?

フリーランスなるにはどんなスキルが必要?

ネクタイを締めるフリーランス

フリーランスになるには、仕事を受注するための専門的なスキルが必要です。

しかし、それ以上に受注した仕事に充てられる時間を管理する能力が求められ、着実に収入をアップしているフリーランスには頼れるコネクションやツールがあります。

特に会社員として働いている副業フリーランスの段階では、受注した仕事をこなすことに手一杯になってしまいがちですが、エージェントやコネクションの構築を進めておくことで将来的なメリットを手にできます。

フリーランスになるための具体的なスキルを知りたい方はこちらをチェック!

フリーランスになるためのスキルとは!?

まとめ

オフィスで仕事を進める2人のフリーランス

フリーランスになるにはすべてを自分でやるのではなく、信頼できるエージェントやコネクションの準備を進めておくことが重要です。

特に収入に直結するスキルや時間は、まわりの助けをうまく得られれば、うまくコントロールすることができます。

これから具体的なスキルを身に着けていこうと考えている方は、エージェントに相談し、将来的に必要なスキルを具体化することで、収入を得るまでの時間を大きく短縮できるはずです。

ABOUT ME
シン(webmarks編集長・ディレクター)
シン(webmarks編集長・ディレクター)
フリーランスのWebマーケッター。同志社大学を卒業後、合成繊維の設備メーカーで海外営業を4年半経験。独立後、スマホアプリ開発や、旅行・美容・SEOジャンルのWebメディアを制作。Google、Yahooの検索ワードで1~3位を量産した実績を生かし、大手企業3社のWebチームのディレクターとして活動中。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST