PPC広告とリスティング広告の違いは?PPC広告の種類やメリットも解説

リスティング
PPC広告の場所を解説している画像

「PPC広告という言葉を聞いたことがあるけど、リスティング広告との違いが分からない。」

「PPC広告の種類やメリットを知りたい。」

この記事ではPPC広告の意味やPPC広告の種類やメリットを解説します。

この記事を読めば、PPC広告に関する知識を身に着け、広告運用に活かして下さい。

PPC広告の意味やリスティング広告との違いを説明

PPC広告のイメージ画像ここではPPC広告の意味とPPC広告とリスティング広告の違いについて解説します。

まずは基本的な内容を理解しましょう。

PPC広告の意味を解説

PPC広告とはクリック課金型の広告全般を指す言葉となっており、広告の課金方式の1つです。

PPC広告の特徴は広告が表示された時点では費用が発生せず、クリックされた時点で課金されるという点。

Web広告の課金方式はPPC広告以外にも、様々な種類があります。

代表的なものは広告が一定回数以上表示されると課金されるCPM広告や、動画が一定時間以上再生されると課金される動画広告が有名です。

PPC広告は広告の課金方式の1つという点を理解しておきましょう。

PPC広告とリスティング広告の違いは?

PPC広告とリスティング広告は混同してしまいがちですが、PPC広告=リスティング広告ではありません。

PPC広告とは広告の課金方式の1つであり、リスティング広告はあくまでもPPC広告の中の1つ。

PPC広告にはリスティング広告以外にも様々な種類の広告があります。

  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • ディスプレイ広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告

PPC広告=リスティング広告ではないという点も理解しておきましょう。

リスティング広告が出稿される仕組みについて、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告が表示される仕組みについて詳しく解説!

PPC広告の種類を解説

PPC広告の種類PPC広告とはクリック課金型の広告のことですが、その中にもいくつか種類があります。

PPC広告の代表的な種類について確認していきましょう。

検索連動型広告

PPC広告の1種類目は検索連動型広告です。

これはリスティング広告のことであり、特定のキーワードをユーザーが検索した際に、検索結果の画面に表示される広告を指します。

Googleにおけるリスティング広告の文字数の説明画像

 

検索連動型広告の利点は広告出稿したいキーワードを指定できるため、あなたが出稿する広告に興味・関心のあるユーザーにリーチができるという点。

例えば「英語 話せるようになりたい」と検索したユーザーに対して、英会話教室の広告を出稿すれば成約する可能性は高くなりますよね。

検索連動型広告は誰でも出稿できるため、導入している会社も多くなっています。

コンテンツ連動型広告

PPC広告の2種類目はコンテンツ連動型広告です。

これは、GoogleやYahoo!のサービス(ニュースやメールなど)や特定の提携サイトに表示される広告のこと。

ユーザーが見ているコンテンツに連動して広告が表示され、購買意欲は強くないけれど、興味関心を持っているという見込み客にリーチできる広告として人気を集めています。

GoogleとYahoo!の提携サイトは以下の通りです。

<Google>

  • Gmail
  • YouTube
  • 教えて!goo
  • BIGLOBEなど

<Yahoo!>

  • Yahoo!ニュース
  • 毎日新聞
  • Mapion
  • Yahoo!知恵袋など

御社がリーチしたいターゲットに応じて検索連動型広告とコンテンツ連動型広告を上手に使い分けるようにしましょう。

PPC広告のメリットを紹介

PPC広告を設定している際の画像ここではPPC広告のメリットを紹介します。

PPC広告には大きく2つのメリットがあるため、ポイントを押さえていきましょう。

目的に応じて広告出稿をすることができる

PPC広告のメリットの1つ目は目的に応じた広告出稿ができるという点です。

検索連動型広告であれば、すでにニーズが明確で、商品の購買意欲の高い人にリーチできます。

また、コンテンツ連動型広告ではより多くの人の目に止まり、見込み客を獲得することが可能など様々な目的で広告出稿が可能です。

クリックされて始めて費用が発生するということで、広告の無駄が少ないという点も安心ですよね。

SEOよりも即効性がある

PPC広告の2つ目のメリットはSEOよりも即効性があるという点。

特定のキーワードで御社のページを上位表示させようとすれば、より莫大な時間がかかる上に労力も必要です。

一般的には記事を作成してから最低でも3カ月は時間が必要と言われてます。

一方でPPC広告であれば、費用を支払えば、即日で広告を表示させることも可能です。

すぐに商品を販売したいという場合など、PPC広告は非常に便利ですよね。

SEOよりも即効性があるという点はPPC広告の大きなメリットです。

リスティング広告の効果的な出稿について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告の効果的な出稿方法について詳しく解説!

PPC広告を活用し、効果的に広告出稿をしよう

PPC広告を出稿する際に使用しているパソコンこの記事ではPPC広告のキーワードの意味や種類、メリットについて説明しました。

PPC広告は広告がクリックされた際に課金される広告の仕組みのこと。

検索連動型広告やコンテンツ連動型広告など様々な種類があり、目的に応じて広告出稿ができる点や即効性があるといったメリットがあります。

WEBMARKSではお客様に広告の運用代行を行っております。WEB広告でお悩みの方はお気軽に問い合わせ下さい。

WEBMARKS(ウェブマークス)のサービスはこちらを参照

【必見!】リスティング広告の出稿方法について、より詳しく知りたい方はこちらを参照

【必見】リスティング広告の出稿方法について詳しく解説!

この記事を書いた人
kiyohitotanaka4311@
kiyohitotanaka4311@
元アフィリエイター、現ライターの活動をしております田中と申します!フリーランスとしてノマド生活をしており、日本はもちろん、世界各国を放浪しています。ライターをしながら、ディレクターとしての仕事とマーケティングの仕事にも力を入れています。趣味はモンストとサッカー観戦。
このライターの記事を見る
TOP