WEB制作(WordPress)

エックスサーバーのWAF設定後、ブログ更新で501エラーが起きたら?

エックスサーバーでWAF設定をした後に、ブログ更新をすると501エラーが出てしまうことがあります。

エラー画面には、「このエラーは、実装されていないメソッドでのアクセスがあったことを意味します。対応していないメソッド(MOVE/COPY)を使用した。」とあります。

こうなってしまうと更新ができません。これから原因の見つけ方と対処法をご説明します。

501エラーの原因と特定方法は?

まずは原因を探りましょう。

試しに他のページを更新してみて、エラーが出ないのであれば今回更新しようとしている「文章」に原因があるかもしれません。

ブログ記事のどの文字に原因があるか調べるために、分割して更新してみる方法があります。

例えば、2分割して最初の半分だけで更新、問題がなければもう半分を更新してみます。その後、エラーが発生した方をどんどん分割して更新すると問題箇所を探し出すことができます。

よくあるエラー例として、アルファベットのような特定の文字列が原因のことがあります。

結論を述べますが、私の場合は半角大文字の「CD」という文字が原因となり501エラーが発生していました。

この「CD」という文字のおかげで、更新や保存ができなくなりました。

そして、書いていた記事が1万文字もあったので、原因を突き止めるために半日近く掛かってしまいました・・。

501エラーの対処法

WAF設定(セキュリティ設定)をオンにしたことで、誤認識されてしまっている恐れがあります。

エックスサーバーの「サーバーパネル」でセキュリティ欄のWAF設定を開きます。

 

設定項目が6つあります。アルファベット等が原因の場合、コマンド対策のセキュリティにひっかかっている可能性があります。

単語単独でひっかかることもありますし、前後の文字との関連で誤認識されている場合もあります。

 

上の画像では全ての状態がオンになっています。このうち、コマンド対策の状態をオフにしてみてください。

設定を変更しても反映されるまでに1時間程度かかるので、少し待って設定が変更されてから、再度ブログを更新しましょう。

セキュリティ設定なので、出来るだけOFFにはしたくないですよね。

私の場合は、原因となっている「CD」という文字を変更して対処しました。

半角大文字にあたりをつけて該当の文字を修正する方が、WAFをOFFするより得策かもしれません。

まとめ

エックスサーバーの501エラーの原因と対処法をご紹介しました。

WAF設定でアルファベットが誤認識されている場合は、必要に応じてコマンド対策をオフにしてみましょう。

ABOUT ME
webmarks編集部
webmarks編集部
企業や個人様のWEBマーケティング事業支援なら神奈川県・湘南茅ヶ崎のwebmarksにお任せください。SEOによる集客UP、GA解析によるCV増加などクライアントの希望を全力でサポートさせて頂きます。安心価格で丁寧なサポート、お客様の気持ちに寄り添った業務支援を心掛けています。
【おすすめ】個人事業主は加入必須の安心サービス!
フリーナンス

フリーナンスは、フリーランス・個人事業主のための「お金と保険のサービス」です。会員登録するだけで、業務遂行中の事故、仕事の結果の事故、受託物の事故などを最高5,000万円まで無料で保証。業務中の万が一の情報漏えい、著作権侵害、納品物の瑕疵、納期遅延に対しても守ってくれるため、個人事業主なら加入必須のサービスです。

評価(星5個中)
即日払い請求書をフリーナンスが買い取り(最高300万円まで)、その代金を即日払い。手数料は請求書額面の3.0%~
あんしん補償事故等の補償(最高5,000万円)、情報の漏洩や著作権侵害などによる事故の補償(最高500万円)
振込専用口座ご希望の口座名義で開設可能、口座維持費も振込手数料も無料

詳細ページ公式ページ

RELATED POST